違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

融資・借金・ローン 違い

その他の違い

融資と借金とローンの違いをわかりやすく解説!正しくお金を借りる方法をチェック

投稿日:

何かを購入するときや、会社経営を行うとき、

『お金を借りる』

ことは、よくある話でしょう。

 

金額の違いはあれど、お金を借りるには、

『融資・借金・ローン』

などの言葉を使うことが多くなります。

ですが、これらの言葉は、

『それぞれどういった意味があるのか』

について、あまり知られていないことが多いものです。

 

とは言え、お金を貸し借りする以上、

『言葉の意味を正確に把握していないことは、後で困ることになる』

ため、出来れば知っておいたほうが良いでしょう。

 

そこで、今回は、

『融資・借金・ローンの違い』

について解説します。

今後の人生でも必要になるため、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

融資・借金・ローンの違いとは何か?

人は、多かれ少なかれ、

『お金の貸し借り』

を行っています。

 

これは、例えば、

『銀行にお金を預ける』

ことも含まれており、この場合、

『銀行にお金を貸している』

と解釈できるのです。

ですが、お金の貸し借りには、冒頭でも述べたように、

『融資・借金・ローン』

という使い分けがされています。

融資は『大きなお金を貸すときに使われやすい言葉』

まず、融資について解説します。

融資とは、簡単に言うと、

『個人や企業に、比較的大きなお金を貸すときに使う言葉』

となっています。

 

とは言っても、

『必ず大きな金額を貸すわけではない』

ため、あくまで、こういった言葉があるというだけになります。

よく、融資という言葉を使うのは、

『銀行』

になります。

 

銀行は、

『個人が起業する、又はすでにある企業が、新たな事業設立のために資金を得たい』

などの場合、利子付きでお金を貸しています。

そして、この利子分が、

『銀行の利益』

となるのです。

 

つまり、

『将来、返済してもらうことを前提にお金を融資している』

ことになります。

 

ですが、結局のところ、

『銀行以外でも、お金を貸せば融資したことになる』

ため、融資という言葉の使われ方は、かなり多岐に渡ると言って良いでしょう。

 

最も簡単に覚えるなら、融資は、

『お金を貸す行為、だがその金額や取引先の規模は大きいことがほとんど』

と覚えておきましょう。

借金は『お金を借りる側に使う言葉』

次に、借金について解説します。

借金とは、簡単に言うと、

『お金を借りる時に使う言葉』

となります。

 

これは、特に使われやすい言葉であり、お金を借りる一切の行為が、

『借金する』

と解釈できます。

そのため、

『金額や取引先の規模は、関係ない』

ということです。

 

先程解説した融資、この後に解説するローンに関しても、

『お金を実際に借りたなら、それは借金』

となります。

 

計画的に借金をする人もいれば、

『自分の支払い能力を、大きく超える額を借金している』

なんて人もいます。

特に、返済できないくらいの借金は、

『人を追い詰め続ける』

ものとなっているため、常に計画性が求められるのです。

 

もし、借金をするなら、

『綿密な計画を立て、どれくらいで返済するのか』

を考えてから行うようにしましょう。

自己破産など、借金を回避する方法もありますが、

『それなりのリスクを背負わなければならない』

ため、それは最終手段として考えておいてください。

ローンは『小さなお金を貸すときに使われやすい言葉』

次に、ローンについて解説します。

ローンとは、簡単に言うと、

『小さなお金を貸すときに使われている言葉』

となります。

 

実際のところ、ローンという言葉は、

『融資』

とされることもあり、一定の定義があるものではありません。

ですが、銀行やその他企業では、

『個人向けに少額のお金を貸す場合』

に、ローンという言葉を使っているのです。

 

良く使われる例としては、

『車のローン』

となります。

 

個人で車を所有している人は多くいますよね。

それで大抵の人は、

『ローンを組んで、車を購入している』

ことがほとんどです。

ローンを組む際、金額としては、

『200万円』

程度が一般的になっています。

なので、決して高い金額ではないことを覚えておきましょう。

 

明確な定義がないにしても、

『ローンはあくまで、個人向けの少ないお金

を対象としているため、覚えておきましょう。

 

お金を正しく借りたいなら、計画性を持つこと

融資・借金・ローン 計画性

融資・借金・ローンについて解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『お金を貸す側と借りる側、金額や取引先の規模などで呼び方が変わる』

ということが分かります。

 

これらの言葉は、

『人生でお金の貸し借りをするなら、避けて通れないもの』

となっています。

そして、どんな方法でお金を貸し借りするにしても、

『計画性を持つこと』

を忘れないようにしましょう。

融資・借金・ローンを受ける場合は、計画的な返済を行う

今回解説している、融資・借金・ローンは、

『信頼関係の元に成り立つことがほとんど』

となります。

 

つまり、貸す側としては、

『相手に一定の信頼を持っている』

のです。

ですが、その信頼を裏切り、

『返済を引き延ばす』

ことがあれば、即座に信頼関係が崩れてしまうでしょう。

 

お金の貸し借りにおける信頼とは、

『確実に返済すること』

に尽きます。

その為、融資・ローンは、

『相手の経済状況、実績などを確認する』

ことで、お金を貸すかどうかを決めているのです。

 

これは、俗に言う、

『審査』

です。

 

この審査を通過しなければ、

『融資やローンを受けることが出来ない』

のであり、これは当たり前の結果とも言えるでしょう。

 

そして、審査を通ってお金が入ってきた時点で、

『借金生活が始まる』

ということになります。

ですが、借金することが、

『そのままマイナスになるわけではない』

ことを、よく覚えておきましょう。

 

先程も解説したように、お金における信頼は、

『返済するかどうか』

です。

そのため、いくら大きな金額の借金をしても、

『計画的に返済すれば、全く問題ない』

のです。

 

よく、借金が積み重なって、

『全くどうしようもなくなる』

人がいますが、この場合、返済計画を立てていないことがほとんどです。

お金は、

『借りるより、返す方が大変』

だということは、誰もが分かることです。

 

ですが、実際にお金を借りられると知れば、人は、

『どれだけ無茶な金額でも、後先考えずに借りてしまう』

ことがあるのです。

 

これが、綿密な返済計画を立てた上での行動なら良いですが、

『目先にお金だけしか見ていない』

場合、必ず後悔するときが来るでしょう。

このような事態にならないために、

『返済計画は最初に立てる』

ようにして、正しくお金を借りてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『融資・借金・ローンは、状況に応じてお金の貸し借りを表す言葉に過ぎない』

ということが言えます。

 

解説した言葉は、

『お金を貸し借りする際、状況によって使い分けられる言葉』

ですが、何か決まった使い方があるわけではありません。

ただ、取引上、

『意味や状況を分かりやすくするために使われている』

言葉に過ぎないのです。

 

ですが、これらの言葉が、

『どんな場面で使われているかを知っておく』

ことで、自分がお金の貸し借りをするときに、有効となります。

しっかりと使い分けて、これからの生活に活かしてみてください。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.