違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

投資・融資・出資 違い

その他の違い

投資と融資と出資の違いをわかりやすく解説!お金を使う方法をチェック

投稿日:

人生において、お金を使うことは、

『誰もが通らなければならないもの』

です。

 

とくに、現在のお金は、

『現物だけでなく、電子マネーや仮想通貨まで登場している』

ため、多様化がかなり進んでいます。

その分、

『資産運用の幅が広がり、お金を稼ぐチャンスが増えている』

ので、稼げる人は、どんどん稼いでいるようです。

 

そんな中、頻繁に聞く言葉として、

  • 投資
  • 融資
  • 出資

というものがあります。

それぞれお金に関することですが、違いを正しく知っている人は少ないとも言えます。

 

そこで、今回は、

『投資・融資・出資の違い』

について解説します。

意味を正しく理解して、上手くお金を使っていきましょう。

スポンサーリンク

投資・融資・出資の違いとは?

投資・融資・出資は、

『お金を運用する上で、欠かせないもの』

となります。

 

ですが、初めて資産運用を行う人などは、

「それぞれの違いが分からない」

と感じている人も多いのです。

確かに、どれも似たような印象を受ける言葉ばかりですが、

『正しく理解することで、今後の資産運用が楽になる』

でしょう。

投資とは『将来の利益を見越してお金を出すこと』

まず、投資について解説します。

投資とは、簡単に言うと、

『将来の利益を見越して、お金を使うこと』

です。

 

『投げる資産』

と書いて、投資(とうし)と読みますが、まさに、

『成長が期待できる物事に、お金を投げ入れる』

ことだと言えるでしょう。

 

投資にも、様々なものがあり、

  • 人に対する投資
  • 企業に対する投資
  • 技術に対する投資

など、成長が期待できる、または成長を願っている物事に対して、投資は行われているのです。

ちなみに、投資は、

『自分自身にも行うことが出来る』

ものであり、これは、自己投資とも呼ばれています。

 

つまり、投資は、

『成長を期待している物事に対して行われやすい』

という特徴があるのです。

これにより、予想通り成長すると、

『投資した分だけ、見返りが大きくなる』

ため、多くの人が投資をするのです。

 

ですが、投資には、

『成長せずに、そのまま消えてしまう』

というリスクもあります。

 

こうしたことを踏まえて、投資をする際は、

『より成長する可能性があるもの』

を見極める眼力が必要になります。

融資とは『信頼を前提にしてお金を貸すこと』

次に、融資について解説します。

融資とは、簡単に言うと、

『相手の信頼を前提にして、お金を貸すこと』

となります。

 

ここで重要なことが、

『あくまで、お金を貸すだけ』

という点です。

 

融資は、別名、

『ローン』

とも呼ばれることもあり、

利子分で儲けを出すため

の仕組みとなります。

そのため、基本的に、

『信頼のない人には、融資しない』

ことが多くなっているのです。

 

お金の貸し借りにおける、重要なポイントは、

『借りたお金を、必ず返済すること』

であり、この前提に、信頼関係が含まれています。

特に、誰もが利用している銀行は、簡単に言えば、

『金貸し業』

のため、返済がなければ、運営ができなくなります。

 

そのために、融資やローンを受ける際、

『審査』

を行い、一定の基準に到達した人だけが、銀行などからお金を借りられるのです。

 

ちなみに、融資とローンは、基本的に同じものだと言えますが、

『より大きなお金が動く場合は、融資が使われやすい』

ということを、覚えておきましょう。

関連記事
融資・借金・ローン 違い
融資と借金とローンの違いをわかりやすく解説!正しくお金を借りる方法をチェック

何かを購入するときや、会社経営を行うとき、 『お金を借りる』 ことは、よくある話でしょう。   金額の違いはあれど、お金を借りるには、 『融資・借金・ローン』 などの言葉を使うことが多くなり ...

続きを見る

出資とは『株式等の権利とお金を交換すること』

次に、出資について解説します。

出資とは、簡単に言うと、

『株式等の権利を、お金で購入すること』

となります。

 

株を購入したことがある人は、それなりに多いと思いますが、これこそ、

『出資』

となります。

出資した人は、

『会社等の関係者と同じような立場』

となり、それぞれに権利が与えられます。

 

この場合の権利とは、

『株式等を購入する代わりに、利益の分配金が貰える』

ことになります。

また、これ以外にも、

『それぞれ違った株式優待を受けられる』

ため、一般の人と比べて、かなり待遇が良くなると言えるでしょう。

 

ですが、良い事ばかりでもなく、

『出資先を間違えると、損をしてしまう』

というリスクもあります。

 

出資する人は、多かれ少なかれ、

『自分に利益が入ることを期待している』

のです。

その一方で、業績不振などがあれば、購入した権利が無駄になる可能性もあるのです。

そのため、出資を考えている人は、

『どこに出資すれば良いのか』

を、しっかりと見極める必要があるでしょう。

 

それぞれの意味を知っていれば、お金を上手く使える

投資・融資・出資 意味を覚える 正しく使える

投資・融資・出資の違いについて解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『どれも、利益を得るための方法』

ということが分かります。

 

また、融資・出資については、

『投資の一部』

と言えるため、一緒に覚えておいてください。

これらは、

「今より収入を少しでも増やしたい」

と考えている人が、積極的に行っているものです。

 

ですが、そう簡単には行かず、成功させるには、

『計画を立てる』

必要があります。

計画的に行うことが重要

これは、今回の話に限ったことではないですが、

『計画性を持つ』

ことは、物事が成功する確率を高めてくれます。

 

中には、直感に頼って、

『物事が上手く運ぶ』

こともありますが、こうした動きは、どこかで綻びが出てくるものです。

こうした綻びは、放っておくと、

『取り返しのつかない事態を引き起こす』

可能性があるため、やはり、計画的に物事を進める必要があると言えるでしょう。

 

投資・融資・出資にしても、大きなお金を動かすことが多いものなので、

『何も考えずにお金を使えば、あっという間に無くなってしまう』

ことにもなりかねません。

 

『お金を稼ぎたい』という気持ちは理解できますが、まずは、

  • 自分の資産が、どれくらいあるのか
  • どこにお金を使うべきなのか
  • 本当に信頼できるのか
  • 周囲からの評判は、どれくらいあるのか
  • 時期は適切か

など、様々なことを考えつつ、計画を練らなければなりません。

 

社会人になれば、嫌でも知ることですが、

『お金を稼ぐことは、そう簡単なことではない』

のです。

これまでの歴史を見ても、お金を軽視して、

『手酷いしっぺ返し』

を受けている人は、枚挙に暇がありません。

 

たとえ、十分過ぎるほどの準備をしていても、

『予想外のことで、損失を被る』

こともあるくらいなので、人生何が起きるか分からないということです。

このことを肝に銘じて、何を置いても、

『計画を練りに練る』

ことを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『投資・融資・出資は、よくよく計画性を持って行うべきもの』

ということが言えます。

 

実際、これらの言葉は、

『何に対してお金を使うのか』

を、なるべく明確に区別するためのものに過ぎません。

本質は、

『お金を使って、利益を得ること』

であり、これを前提に考えるべきものなのです。

 

様々なお金の使い方がありますが、

『計画性を欠いた人は、ほぼ必ず損をする』

ため、肝に銘じておくことをおすすめします。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.