違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

オイル

その他の違い

アロマオイルとエッセンシャルオイルの違いと正しい使い方を解説!

投稿日:

『アロマオイル』

『エッセンシャルオイル』

どちらも、香りを楽しむためのアイテムです。

この二つは、雑貨屋さんでも同じコーナーに配置されていることが多く、

「どちらを選べば良いのか分からない!」

という人もいるでしょう。

また、どちらも、アロマテラピーに使うことが出来そうな名称であることから、

アロマオイル=エッセンシャルオイル

と思い込んでいる人も多いはず。

しかし、この二つは似ているものの、成分や効果が違い、使い方も異なります。

そこで、当記事では、アロマオイルとエッセンシャルオイルの違いについてまとめました。

これからアロマテラピーを始めようと思っている人や、普段の生活に香りを取り入れようと思っている人は、その違いと使い方をマスターしましょう!

スポンサーリンク

アロマオイルとエッセンシャルオイルの成分の違い

さて、まず、アロマオイルとエッセンシャルオイルの大きな違いと言えば、その成分です。

アロマオイルやエッセンシャルオイルを使うには、この成分の違いを、よく理解しておかなければいけません。

アロマオイルは合成香料

アロマオイルは、合成香料・人工香料のものです。

そのため、香りがよく広がります。

エッセンシャルオイルと違い、

香りのバリエーションが豊富

であることが特徴です。

エッセンシャルオイルは天然成分100%

エッセンシャルオイルは、精油とも呼ばれ、植物のエキスを抽出した、100%天然成分でできたオイルです。

合成香料でできたものは、エッセンシャルオイル(精油)と表記をすることはできません。

このエッセンシャルオイルで様々な植物の香りや効能を、美容や健康に役立てることができます。

 

アロマオイルとエッセンシャルオイルの効果の違い

次に、アロマオイルとエッセンシャルオイルの効果の違いについてチェックしてみましょう。

アロマオイルとエッセンシャルオイルでは、先に紹介した通り、その成分が違います。

ですから、もちろん効果も違ってきます。

アロマテラピーに取り入れようと思っている人は、効果の違いに注意が必要です。

効能を取り入れるならエッセンシャルオイル

香りを楽しむ女性

植物のエキスを抽出した100%天然成分のエッセンシャルオイルには、

その植物が持つ『効能』

を期待することができます。

アロマテラピーとは、香りと植物の持つ効能による療法のことです。

なので、

アロマテラピーに使用するなら、『エッセンシャルオイル』が正解です。

一方、アロマオイルは、合成香料ですから、植物が持つ効能はありません。

好きな香りを嗅ぐことによるリラックス効果はありますが、エッセンシャルオイルのように、美容や健康へ役立てることはできません。

 

アロマオイルとエッセンシャルオイルの正しい使い方や注意点

アロマオイルとエッセンシャルオイルでは、成分や効果が違いましたね。

アロマオイル=合成香料

エッセンシャルオイル=100%天然成分

しかし、合成香料のアロマオイルが偽物なのか?といえば、そうではありません。

もともと、用途が違うだけなのです。

ですから、同じコーナーに並んでいても、自分の用途にあったものを選ばなければいけません。

これから、アロマオイルとエッセンシャルオイルの使い方の違いや、注意点をチェックしていきましょう。

香りだけを楽しむならアロマオイル

合成香料であるアロマオイルは、

香りだけを楽しむ場合

には、おすすめです。

天然成分ではないからこそ、時間経過による成分の変化もあまりありません。

ですから、香りが広がりやすく、また香りに安定性もあります。

また、香りの種類も豊富です。

香りを選ぶ楽しみがありますね。

エッセンシャルオイルならスキンケアなどに使用できる

スキンケア

エッセンシャルオイルは、原液を直接肌に塗ることは出来ません。

しかし、希釈することで、

  • スキンケア
  • ヘアケア
  • バスタイム

などに使用することができます。

エッセンシャルオイルは、植物からエキスを抽出したものなので、それぞれに効能があります。

効能は、植物によって違うので、スキンケアなどに利用する時は、香りで選ぶだけではなく、効能で選んでみるのもおすすめです。

一方、アロマオイルは合成香料ですので、

肌や髪など皮膚への使用はできません。

エッセンシャルオイルは、香りを楽しむだけではなく、美容や健康に役立てることができるのです。

 

アロマオイルとエッセンシャルオイルの見分け方

さて、それでは、最後にアロマオイルとエッセンシャルオイルの見分け方を紹介しましょう。

見た目も、名称も、さらには配置されているコーナーも同じなので、

アロマテラピーをしようと思ったのに、うっかり『アロマオイル』を買ってしまった!

なんてことがないように、注意しましょう。

『精油』『エッセンシャルオイル』の表記は天然成分100%だけ

ラベル

アロマオイルとエッセンシャルオイルの最大の違いは、

『精油』『エッセンシャルオイル』

と表記をできるのは、天然成分100%の、植物からエキスを抽出したものだけ

この点です。

 

アロマオイルという名称が、一般的には広まり、馴染みがあることから、アロマオイルとエッセンシャルオイルが同じものだと思っている人も多いでしょう。

しかし、合成香料であるアロマオイルには『エッセンシャルオイル』や『精油』といった表記はできません。

まずは、ボトルの裏側のラベルをチェックして、『エッセンシャルオイル』なのか『アロマオイル』なのかを、確かめる必要があります。

 

アロマテラピーに使用できるのは、『精油』『エッセンシャルオイル』だけです。

この点を、間違えないように注意しましょう。

もし、アロマテラピーではなく、香りを楽しみたいだけの場合は、アロマオイルで香りを中心に選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

アロマオイルとエッセンシャルオイルの違いと、正しい使い方や見分け方を紹介しました。

アロマオイルは合成香料

エッセンシャルオイルは天然成分100%

二つのオイルの大きな違いといえば、その『成分』です。

また、成分が違えば効果や使い方も違います。

エッセンシャルオイルは、植物の持つ効能を利用して、香りを楽しむだけではなく、美容や健康に役立てることができます。

一方、アロマオイルには、植物の効能がありませんので、あくまで『香りを楽しむためのもの』と、理解しておきましょう。

アロマテラピーに使用することができるのは、『精油』『エッセンシャルオイル』です。

ボトルのラベル表記を確認して、

  • 『アロマオイル』
  • 『精油』
  • 『エッセンシャルオイル』

これらのどの表記があるのかをチェックしましょう。

関連記事
アロマディフューザー
アロマディフューザーと加湿器の違いと正しい使い方をわかりやすく解説

これからアロマテラピーを楽しもうと思っている人の中には、 「『アロマディフューザー』を購入しよう!」 と考えている人も多いでしょう。 また、すでにアロマディフューザーを使っている人の中には、 「アロマ ...

続きを見る

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.