違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

精算・清算 違い

その他の違い

精算と清算の違いをわかりやすく解説!正しい使い方をチェック!

投稿日:

日頃、よく使われる言葉の中に、

『精算・清算』

というものがあります。

 

特に、ビジネス用語して聞くことが多い言葉となりますが、

『それぞれの意味を、正しく理解している人は少ない』

ものとなっています。

ですが、実際、発音が同じであり、

『混同して使われている場面も多い』

ので、正しく使われていなくても、気にされないことが多いのも事実です。

 

そこで、今回は、

『精算と清算の違い』

について解説します。

正しく使わなければならない場面も多いので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

精算と清算の違いとは何か?

見れば見るほど、

『漢字も読み方も似ている言葉』

ですが、これらの言葉には、明確な違いがあります。

 

そして、これらの違いを知らずにいると、

『仕事上での意思疎通が、上手くいかない』

こともあるので、しっかりと違いを覚えておきましょう。

精算とは『支払いなどの計算を表す言葉』

まず、精算について解説します。

精算とは、簡単に言うと、

『精密な計算を行い、間違いがないようにすること』

になります。

 

よく使われる言葉として、

『精密計算』

というものがありますが、これと同じ意味合いを持っていると考えてください。

 

会社で例えると、

  • 経費の精算をする
  • 給料の精算をする

といったことがあります。

つまり、精算というのは、

『まとまった数字を、より正確に計算すること』

を示しているのです。

 

これは、日常的に使われることも多く、

  • 家計簿の計算
  • 家賃の計算
  • 食事代の計算

なども、精算のうちに入ります。

 

覚えるときは、

『正しい計算がしたいときに使う』

と覚えると良いです。

 

ちなみに、普段の支払い代金の計算を行うときは、

『精算』

を使うので、これも、しっかりと覚えておきましょう。

清算とは『全ての事象に決着をつけること』

次に、清算について解説します。

清算とは、簡単に言うと、

『全ての事象において、整理して決着をつけること』

となります。

 

例えば、

『会社が倒産したから、債務諸々の清算をする』

といった使い方があります。

この場合の清算は、主に、

『財産』

が関与しているため、お金中心の話となります。

 

清算すると、

  • 借金の整理
  • 関係各所との関係
  • 従業員の処遇
  • 自分が保有する財産の整理
  • 会社自体の整理

など、様々なものが関係してくることになります。

これにより、1度全てのことに決着をつけ、

『1から出直す準備が整う』

のです。

 

さらに、清算は、

『人間関係』

にも当てはまってきます。

 

人間関係とは、

『良くなったり悪くなったりするもの』

であり、常に同じ関係性を保っているわけではありません。

特に、人間関係が悪くなった場合は、

『何かしらの方法で、関係改善を図る必要が出てくる』

のです。

 

その際、使われる言葉として、

『人間関係の清算』

という使い方があります。

 

つまり、清算は、

『金銭・物事に関わらず、過去に発生した事象を整理する』

という意味を持っているのです。

覚え方としては、

『清める=全てを綺麗にする=清算する』

と思っておけば良いでしょう。

 

精算と清算では、内容に明確な違いが存在している

精算・清算 明確な違いがある

精算と清算について解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『精算と清算では、内容に明確な違いが存在する』

ことが分かります。

 

現状、これらの言葉は、

『使い分けられていないことが多い』

ものであり、書類でも、たまに間違えて使われているものでもあります。

それでも、意味を正確に理解しておくことで、

『意思疎通が楽になる』

ため、しっかりと使い分けることをおすすめします。

使い分けることによって、意思疎通に無駄が無くなる

精算と清算は、明確な違いがあるにも関わらず、

『意味を正しく使い分けられることが少ない』

ものです。

 

ですが、書類作成や仕事の確認において、

『精算と清算の使い分けは、意思疎通に無駄を無くす存在』

となるのです。

 

例えば、出張費の計算をする際、

『精算書』

として作成したものがあるとします。

この場合、本来なら、

『あくまで、出張費を正しく計算しただけ』

となります。

 

ですが、言葉の意味を理解していない人が、精算書をみた際、

『出張費の最終的な計算をした書類』

だと勘違いしてしまうことがあるのです。

本来は、精算書を元に、

『最終的な清算書を作成しなければならない』

にも関わらず、一部の出張費だけを見て、清算が行われたと判断される可能性が高くなります。

 

そうすれば、経費の計算をする際、

『大きなズレが起きてしまい、正しい数値が出なくなる』

ことが考えられます。

 

ですが、あらかじめ、

『精算と清算の違いを知っている』

なら、このような間違いが起きることは無くなるでしょう。

また、本当に、

『精算書を清算書と間違えて作成してい場合』

にも、その内容を見て、疑問に思うことが出来ます。

 

つまり、これらの言葉の違いを覚えておけば、

『経費の計算に穴が無くなる』

ことに繋がるのです。

これは、かなり極端な例ではありますが、精算と清算の違いは、

『数値計算の上で、特に重要な要素となる』

ため、決して見過ごすことが出来ないものなのです。

 

違いを知らないと単純に恥をかくこともある

精算と清算の違いを知っておかなければ、

『単純に恥をかく原因になる』

こともあります。

 

例えば、

『過去の人間関係を清算する』

といった内容の文章を書くとします。

これは、遺言などでも使われやすい言葉なのですが、

『清算を精算と書き間違えている』

場合、真剣な話に水を差すことにもなりかねません。

 

人は、不思議なもので、普段は気にしていない間違えでも、

『大切な場面になると、間違えに気付きやすくなる生き物』

なのです。

 

今回の精算と清算に限らず、

『重要な場面で、漢字間違いをする』

と、その人は、かなりの恥をかくことになってしまいます。

 

話の内容も吹っ飛んでしまう可能性があるため、

『出来れば、言葉の使い方は正すべき』

だと言えるでしょう。

 

精算と清算の違いは、あまり気付かれにくいものではありますが、

『知っている人からすれば、突っ込みたくなるくらいの間違え』

なので、正しく使うことをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『精算と清算は、似て非なる言葉』

ということが言えます。

 

精算は、あくまでも、

『正しい計算を行うときだけに使う言葉』

となります。

それに対して、清算は、

『全ての事象に対して、決着をつけるときに使う言葉』

となっています。

 

これらの違いは、知っておくことで、

『普段の仕事でも、役立つことが多い』

ため、しっかりと覚えておくようにしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.