違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

エレキギター

音楽の違い

ギターの値段の違いを解説!高いギターと安いギターは何が違うの?

投稿日:

これからギターを始めようと考えている人は、まずは自分のギターを買おうと考えるのではないでしょうか。

しかし、ギターって、1万円ほどの安いギターから、高いギターまで様々ですよね。

その違いは、見た目ではわかりづらいことも多く、初心者には、何がどう違うのかさっぱりわからないのではないでしょうか。

というわけで、今回は

高いギター

安いギター

この2つには、具体的にどのような違いがあるのかを解説していきます。

スポンサーリンク

高いギターと安いギターの違いその1:木材の違い

ギターの本体は、ほとんどが木材でできています。

使用される木材にも、さまざまな種類があり、

その種類によって、ギターの値段も変わるのです。

また、同じ種類の木材でも

質が高いものになると値段も高くなる

のです。

例えば、同じ木材でも

密度が詰まったもの

珍しい木目や美しい木目のもの

のほうが、より値段が高くなります。

密度の濃い木材は、音が良く響き、珍しく美しい木目のものは、見た目の希少性が高いためです。

安いギターは、表面だけに美しい木目を張り付けたり、場合によっては木目をプリントして張っていたりします。

 

高いギターと安いギターの違いその2:パーツ、塗装の違い

2つめは、塗装や使用されているパーツの違いです。

ギターのパーツの違い

当たり前の話ですが、高いギターは高いパーツを使用していることが多いです。

よりパーツの多いエレキギターでいうと、

  • ピックアップ(音を拾うマイク)
  • ブリッジ(弦を通す部分)
  • ペグ(弦を巻き付ける部分)

など、様々なパーツがあります。

高いギターは、このひとつひとつの精度が高いのです。

また、丁寧な取り付けにより、ノイズなども少なくなっていることが多いです。

そのため、音の質の高いギターは、値段も高いというわけですね。

ギターの塗装の違い

高いギターは、

塗装にこだわっている

場合が多いです。

  • 職人がひとつひとつ手作業で塗装をしているもの
  • ネック部分までフルグロス(全面艶有り)

など、

手間のかかる塗装

をしているのです。

中には、塗装以外は、ほとんど変わらないのに

塗装だけで値段が10万円以上も違うこと

もあります。

 

高いギターと安いギターの違いその3:弾きやすさ

ギターの弾きやすさは、個人差が大きいものです。

しかし、

高いギターであればあるほど手に馴染む人の数は多くなります。

ギターは、木材という天然のものから作られます。

安いギターは工場で大量生産されますが、高いギターは職人によって手作りされます。

ハンドメイドのギターは、

職人の手で木材にあった形に調節され、その分の手間がかけられます。

その職人の人件費が、ギターの値段を上げているのです。

決して無駄な手間がかけられているわけではなく、じっくりと手作業で作られたギターは、

『弾きやすい』

と感じる人が多くなっているのです。

その分、ギターの値段が高いというわけですね。

 

高いギターと安いギターの違いその4:ビンテージ

ギター

見た目はぼろぼろのギターなのに、値段は100万円オーバー…

そんなギターを目にすることがあります。

その場合、ギターはビンテージであることが多いです。

これはギターに限った話ではありませんね。

古いギターは、その分同じモデルが少なくなっていて、希少性も高まります。

また、

有名ギタリストが使っていたギターと同モデル

であったりすると、値段も跳ね上がったりします。

しかし、このようなギターも、生産当時は大量生産されていたりします。

今は安い大量生産のギターでも、

将来はプレミアがついているかもしれない

ということも言えるでしょう。

 

値段の高いギターが必ずしも音がいいとは限らない

ここで、

『値段が高い=音がいい』

と思っている人もいるかもしれません。

これに関しては必ずしもそうとは限りません。

たしかに、高いギターは、パーツや取り付けがしっかりしているので、音が良く響いたりするものが多いです。

ただ、それが音の良し悪しに直結することではありません。

演奏する音楽のジャンルによって、適したギターがある

ということですね。

例えば、メタル系のバンドであれば、100万円のビンテージギターよりも、5万円のギターのほうが『良い音』がするでしょう。

つまり、

音の良し悪しとは、好みによる部分が大きい

ということです。

プロギタリストでも、比較的安いギターを使っている人がいるのはそのためなんですよ。

スポンサーリンク

まとめ

ギターの値段の違い

木材の違い

密度が高い木材、美しく珍しい木目の木材だと、よりギターの値段が高くなる。

パーツや塗装の違い

パーツの精度が高く、取り付けも丁寧なギターだと、値段が高い。

塗装も、手作業で手間がかかっているギターだと値段が上がる。

弾きやすさ

高いギターは、

職人の手作り

で作られていて、

万人の手に馴染みやすいこと

が多い。

そのため、値段もそれ相応に高くなる。

ビンテージ

古いギターは、希少性が高くなり、値段も上がる。

有名なギタリストと同モデルであっても、値段が上がる。

また、音の良し悪しに関しては、好みや適性があり、

『高いギター=良い音』

とは限らない。

以上にまとめたように、ギターの値段の違いは、様々な要因があります。

楽器屋さんに並んだギターの値段を見て、何がそのギターの値段の決め手になっているかを確かめてみるのも楽しいですよ。

また、これからギターを買おうと思っている人には、良い判断材料になったのではないでしょうか。

是非これらのことを参考にして、自分の納得ができるギターを手にしてみてくださいね!

関連記事
ギター
フォークギターとアコースティックギターの違いをわかりやすく解説

「これから楽器を始めたい!」 と考えている人の中でも、 「ギターを弾いてみたい!」   と考えている人は多いでしょう。   しかし、ギターと言っても エレキギター アコースティック ...

続きを見る

関連記事

-音楽の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.