違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

PSP・PSVITA 違い

ゲームの違い

PSPとPSVITAの違いをわかりやすく解説【スペック比較】

ゲームをやっている人なら、

『PSP・PSVITA』

の2つを、プレイしたことがあるのではないでしょうか。

 

ソニーが発売した、携帯型ゲーム機であり、

『任天堂のDSや3DSと並ぶ、代表的なゲーム機』

となっています。

家庭用ゲーム機のプレイステーションが、そのまま小さくなったようなものであり、

『どこでも気軽にプレイできる』

ことで、現在でも愛されているゲーム機です。

 

ですが、あまりゲームをやらない人からすれば、

「この2つは、何が違うか分からない」

という人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は、

『PSPとPSVITAの違い』

について解説します。

これから始めたい人は、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

PSPとPSVITAの違い!スペックをチェック!

PSPとPSVITAは、形状こそ似ていますが、

『全く別の仕様を持ったゲーム機』

となります。

 

ですが、一貫して同じ部分は、

『画質にこだわっていること』

であり、これが最大の特徴となっているのです。

PSPは『携帯型ゲーム機の画質にこだわったもの』

まず、PSPについて解説します。

PSPは、

『携帯型ゲーム機に、画質の概念を持ち込んだもの』

となります。

 

PSPが発売されるまでは、携帯型ゲーム機の業界は、

『任天堂』

が牛耳っていたと言っても、過言ではありません。

ゲームボーイから始まり、

  • ゲームボーイカラー
  • ゲームボーイアドバンス
  • ニンテンドーDS

といった、任天堂が携帯型ゲーム機を、常に発売し続けていたのです。

 

ですが、これらのゲームに共通する問題として、

『画質があまり良くない』

というデメリットがあります。

あくまでも任天堂は、コスト面を抑えて、

『万人受けするゲームの開発』

に力を入れていたため、多少画質が悪くても、あまり気にしていませんでした。

 

ですが、自宅で出来る据え置きゲーム機のように、

『携帯型ゲーム機でも、高画質を望む声は多かった』

のです。

 

そして、そんなニーズに応えたのが、

『PSP』

というわけです。

 

当時、画期的だった、

『高画質液晶画面』

を採用し、ゲームだけでなく、テレビも見ることが出来ました。

携帯型ゲーム機としては、破格の画質だったため、

『携帯するテレビ』

なんて言われていたくらいです。

 

何より、家でしか見ることの出来なかった画質を、

『いつでもどこでも見れる』

というのは、かなり新鮮だったのです。

また、テレビだけでなく、

『インターネット接続』

も可能だったため、もはやちょっとしたパソコンとも言えますね。

 

画像や音楽も楽しめるため、

『DSとは別の方向で、画期的な携帯型ゲーム機』

それがPSPでした。

PSVITAは『PSPがさらに進化したもの』

次に、PSVITAについて解説します。

PSVITAは、

『PSPがさらに進化して、使いやすくなった携帯ゲーム機』

と言えます。

 

PSVITAは、PSPの良いところを受け継ぎ、さらには、

『もう1段階上の画質を実現させた』

ものなのです。

PSVITAの画面には、

『有機ELディスプレイ』

が採用されました。

 

これは、

『電圧がかかると、自発的に発光する素材』

であり、従来の液晶を凌ぐ画質を実現しています。

 

液晶画面は、基本的に、

『バックライトから光を当てている』

ため、どうしても光の調整が必要です。

 

それに対して、有機ELなら、

『自発的に発光するため、より自然で綺麗な画質を実現できる』

のです。

さらには、バックライトなどを必要としなくなるため、

『かなり薄く作ることが出来る』

というメリットが生まれました。

 

実際に、PSPとPSVITAを持てば分かりますが、

『本体の薄さに、かなりの違いがある』

のです。

これにより、

『かなりの軽量化を実現している』

ため、持ち運びが楽になっています。

 

もちろん、PSPにあった、

『テレビやインターネット機能なども健在』

であり、まさにPSPの進化形としての体裁を保っています。

 

その分、まだまだ発展途上のため、PSVITAには、

  • 値段が高い
  • 消費電力が高い

などの問題点もあります。

 

さらに、2019年で生産終了となるので、

『今後、次世代機が出るまでどうなっていくのか』

という疑問も残るものとなっています。

 

PSPとPSVITAのスペック比較表

ここまで、PSPとPSVITAについて解説しました。

内容を見ると、

『PSVITAは、PSPの上位互換である』

ということが分かりますね。

 

元々、そのような意図のもとで開発されているので、

『ある意味当然のこと』

ではあります。

次は、

『PSPとPSVITAのスペックの違い』

についても解説していきましょう。

PSPよりもPSVITAに軍配が上がる!

PSPとPSVITAのスペックの違いは、以下のとおりになります。

PSP PSVITA
ソフト UMD VITAカード
画面 液晶 有機EL
PS3/PS4との連携 なし あり
ネットサービス 終了 PSstore/インターネット
ダウンロード機能 なし あり
リモートプレイ なし あり

 

上の表を見ると、やはり、

『すでに生産終了したPSPは、PSVITAより性能で劣る』

ということが分かります。

ですが、PSVITA自体が、

『PSPの機能を引き継いで、さらにパワーアップさせている』

ので、これは仕方のないことだと言えます。

 

といっても、PSPからのプレイヤーからすれば、

『PSP時代に購入したUMDソフトを使用できない』

という残念な点があります。

ただPSVITAでも、一応、

『UMD時代のゲームを、ダウンロードしてプレイ出来る』

ため、新たにプレイし直しても良いという人は、PSVITAを購入しても良いですね。

値段が安上がりなのは、断然PSP!

PSPより優れているPSVITAですが、コスト面を考えるなら、

『PSPでプレイした方が良い』

とも言えます。

 

生産終了したとはいえ、昔のPSPソフトは、

『中古ショップで、簡単かつ安価で手に入る』

ため、そちらを選んだ方が、財布にも優しいでしょう。

特に、昔のゲームが好きで、オンライン環境に興味がないのであれば、

『PSP一択でも、全く問題ない』

のです。

 

最新のゲームだけを追い求める人も多いのですが、

『必ずしも、新しいものが面白いとは限らない』

ことを、よく覚えておいたほうがよいです。

 

特に、そのゲームでしか味わえない、

『独特の雰囲気』

は、新しいゲームでは再現できないことが多くなっています。

重要なことは、

『自分がどれだけ楽しめるか』

なので、よく考えて選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『PSPとPSVITAでは、スペックにそれなりの開きがある』

ということが言えます。

 

やはり、PSPの上位互換して開発されたPSVITAは、

『あらゆる面で、PSPを上回っている』

といっても良いでしょう。

特に、画質に関しては、

『PSPを遥かに凌ぐ完成度』

を誇っています。

 

ですが、ゲームにおいて、

『スペック=面白さにはならない』

ということを、よく覚えておきましょう。

自分が本当に楽しめるものを選んでこそです。

しっかりと考えて、PSP、PSVITAを購入してみてくださいね。

関連記事
DS・3DS 違い
ニンテンドーDSと3DSの違いをわかりやすく解説【スペック比較】

任天堂の看板ゲーム機と言えば、 『ニンテンドーDSシリーズ』 が有名ですよね。   初代DSから、頻繁にモデルチェンジを繰り返し、今では、 『3DS』 にまで成長しました。 厳密に言うと、そ ...

続きを見る

関連記事

-ゲームの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.