違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

アニメ 漫画 違い

その他の違い

アニメと漫画の違いをわかりやすく解説!言葉の定義と意味をチェック

投稿日:

日本における文化として、世界中で有名なものが、

『アニメや漫画』

となります。

 

通常、文章だけで表現されるものを、

『絵や音声を用いて表現する』

ため、その内容が分かりやすく、親しみが持たれているものです。

特に、日本のアニメや漫画の技術は、

『国際的に、かなり高い評価を得ている』

と言えるでしょう。

 

ですが、あまり詳しくない人からすれば、

「アニメと漫画の違いが分からない」

と考えている人もいるのではないでしょうか。

 

そこで、今回は、

『アニメと漫画の違い』

について解説します。

違いを知って、さらにアニメや漫画を楽しんでみてください。

スポンサーリンク

アニメや漫画の定義や意味の違いとは?

アニメや漫画は、

『どちらも絵を用いて作られているもの』

ですが、その手法はかなり違ったものとなります。

 

ですが、あまり知らない人にとっては、

「どちらも同じようなもの」

と思われていることも確かです。

まずは、

『アニメと漫画の定義や制作過程』

から、その違いを知っていかなければならないでしょう。

アニメは『連続した絵や音声などを使ったもの』

まず、アニメについて解説します。

アニメとは、簡単に言うと、

『絵に動きや声をつけて、作品を表現するもの』

となります。

 

定義は様々ですが、ようするに、

『漫画や小説の話に、動きと音がついているもの』

と考えておけば良いです。

 

例を挙げると、

『パラパラ漫画』

と呼ばれるものに、声や音をつけたものとなります。

パラパラ漫画は、

『同じような絵をたくさん描いて、少しずつ変化させているもの』

であり、学生時代などに、ノートの端に描いたことがある人も多いでしょう。

 

アニメは、このような絵を大量に描き、

『あたかも動きがあるように再現している』

ものなのです。

そして、さらに現実味をつけるために、

  • 音声を入れる
  • 色をつける

など、様々な工夫がなされています。

 

これにより、

『よりリアルな表現になり、内容を理解しやすくなっている』

のです。

 

また、漫画や小説より、

『迫力があり、印象に残りやすい』

というメリットもあるため、作品にファンがつきやすくなります。

その反面、アニメを1本作るには、

『かなりの人員と時間が必要になる』

というデメリットもあります。

 

膨大な絵を描くことももちろんですが、

  • 音響効果
  • 声優の招集
  • 脚本作成

など、やることがたくさんあるのです。

 

スタッフの数も、かなり必要になるため、

『個人で作るのは、かなり難しいもの』

となるでしょう。

そのため、アニメを作るときは、

『会社組織』

など、大勢の人を動員できなければなりません。

 

それでも、

『作品の良さを、より鮮明に伝える手法』

として、アニメは有効だと言えるでしょう。

漫画は『セリフと絵を使って表現されたもの』

次に、漫画について解説します。

漫画の定義としては、

『絵を描いて、それにセリフをつけたもの』

となります。

 

アニメのように、実際に動くような表現はありません。

ただ、

『作画効果で、動いているように錯覚させる』

ことも出来るので、アニメと同様に、人気が高いものとなっています。

 

また、最近出てきた文化のアニメと違って、漫画は

『読み物』

という、昔からあるものの一部であり、誰でも親しみが持ちやすくなっているのです。

実際、アニメを作る前段階として、

『漫画に似たラフ画』

を描くのですが、これは、漫画でも使われています。

 

つまり、アニメを作るには、

『漫画という概念が必要不可欠』

ということなのです。

 

実際は、アニメとは少し方向性が違い、

『絵とセリフだけで、作品を表現することを目的としている』

ため、場面ごとの絵を描く作業がメインとなります。

そのため、アニメよりは、

『完成までにかかる枚数も少なくて済む』

ので、個人で作成することも可能となります。

 

さらにいうと、

  • 音声
  • 声優
  • 色付け

など、アニメに必須な要素も、漫画では必要ありません。

色付けは、作品によっては使うことがありますが、大抵の場合、

『黒ペン一本で完成させることが出来る』

のです。

 

漫画は、このような形で、数多くの人が制作できるため、

『漫画がヒットして、アニメになる可能性』

も、十分にあります。

世の中にいる漫画家は、

『アニメ化を1つの目標にしている』

という面もあるので、力の入れようも凄いことになっています。

 

漫画は、今でこそ、

『アニメとは明確に区別されている』

のですが、以前は、そうでもありませんでした。

昔は、

『アニメ=漫画』

という認識もあったのですが、次第に、漫画・アニメという言葉に分かれていったのです。

 

つまり、

『アニメの根底にあるのが漫画』

と言っても過言ではないでしょう。

 

アニメと漫画は、同じものとして扱われていた

アニメ・漫画 魅力 

アニメと漫画の違いについて解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『アニメと漫画は、それぞれ表現方法の違うもの』

ということが言えます。

とは言っても、

『絵を使う』

という点において、アニメと漫画は同じものとも言えます。

 

そして、アニメの根底に、

『漫画が常にある』

ため、これら2つは、切っても切り離せない関係にあると言えるのです。

それぞれの魅力がある

アニメと漫画においては、

『それぞれに表現する方法が違う』

という特徴があります。

 

一見すると、

『アニメを作った方が、動きも声もあって良い』

と考えるかもしれませんが、そう単純なものではありません。

まず、アニメ自体、

『制作には、莫大な人手とお金がかかる』

ため、安易に作ることが出来ないものです。

 

漫画も、手間や費用がかかることに違いはありません。

しかし、

『アニメよりは、制作が行いやすい』

というメリットがあります。

また、漫画の場合、

『すぐに見られる』

ので、アニメよりも親しみが持ちやすくなっているのです。

 

ですが、やはり、

『インパクトや表現の豊かさ』

に関しては、アニメの方が上なので、どちらも捨て難いものとなります。

 

これは、アニメや漫画ファンの間でも、

『どちらが良いのか』

といった討論が繰り返され、決着がつかないものとなっています。

結局のところ、

『アニメと漫画は、どちらも魅力的で外せないもの』

という結論に至るのです。

 

こればかりは、人それぞれの好みによりますが、

『アニメと漫画の違いを理解して、自分に合ったものを選ぶ』

ようにしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『アニメと漫画の違いは、表現の仕方とそれにかかる労力』

ということが言えます。

 

それぞれ、日本を代表する文化となっていますが、

『どちらかを作るなら、表現の仕方や労力の違いが出てくる』

ため、その意味するものは違っていることになります。

ですが、絵を描いて表現することに変わりはなく、

『動きをつけるのか、それぞれの場面だけを描くのか』

という違いだけとなります。

 

どちらが良いということでもなく、

『それぞれに良さがある』

ため、好きな方を見れば良いでしょう。

日本が誇る文化なので、ぜひ楽しんでみてくださいね。

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.