違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

コンサート・ライブ・リサイタル 違い

音楽の違い

コンサートとライブとリサイタルの違いをわかりやすく解説!

投稿日:

今も昔も、世界中で親しまれているものとして、

『音楽』

があります。

 

人類共通の娯楽と言って良いほど、

『あらゆる人種が、音楽とともに生活している』

ため、知らない人はいないでしょう

そして、音楽の中でも、誰かに披露する方法として、

『コンサート・ライブ・リサイタル』

などがあります。

 

これらは、形こそ違いがあっても、

『誰かに自分の音楽を聴いてもらうことを目的としている』

行為です。

ですが、中には、

「コンサート・ライブ・リサイタルの違いが分からない」

という人もいるのではないでしょうか。

 

そこで、今回は、

『コンサート・ライブ・リサイタルの違い』

について解説します。

違いを知って、さらに音楽を楽しんでみてください。

スポンサーリンク

コンサート・ライブ・リサイタルの違いとは何か?

音楽を楽しむ上で、欠かせないものとなるのが、

『コンサート・ライブ・リサイタル』

となります。

 

一人で聞くことも楽しいですが、

『みんなで音楽を楽しむ気持ちを共有できる』

ことが、何よりの魅力となるのです。

ですが、やはり中には、

「自分が今いるのは、コンサート・ライブ・リサイタルのどれなのか」

という疑問が生まれることがあります。

 

これらの違いを知るためには、

『言葉が意味すること』

を、ある程度は理解しておかなければならないでしょう。

コンサートは『披露する人や参加する人が多い』

まず、コンサートについて解説します。

コンサートは、簡単に言うと、

『音楽を披露する人・それを聴きに来る人が多い場合に使われる言葉』

となります。

 

元々、コンサートという言葉には、

『演奏会』

としての意味があります。

その他にも、

  • 協奏曲
  • 合奏

など、誰かと協力して行うものを指しているのです。

 

そのため、演奏する側は、

『1人ではなく、常に複数人いる』

ことが多いのです。

また、演奏や歌を聴く側に関しても、

『広い会場に、大勢の人が集まる』

ことが多く、このような集まりを総じて、コンサートというのです。

 

また、コンサートは、

『かなり広い意味合いで使われる』

ため、人数が少ない場合にも使われていることがあります。

この辺りは、

『かなり意味が曖昧になっている』

ため、主催者の主観によるところが多いです。

 

ですが、基本的には、

『複数人が集まって、不特定多数に向けて音楽を披露するものがコンサート』

と覚えておけば良いでしょう。

ライブは『生演奏・生歌を披露するもの』

次に、ライブについて解説します。

ライブは、簡単に言うと、

『生で演奏や歌を披露する際に使われる言葉』

となります。

 

たいていは、誰かに音楽を披露するときは、目の前で行うため、

『どれも同じもの』

だと考えられることもあります。

そのため、ライブという言葉は、

『音楽を披露するなら、どんなものにも当てはまる』

とも言えるのです。

 

ちなみに、ライブとは、

『ライブ・コンサート』

の略としても使われることがあります。

これにより、意味合いとしては、

『コンサートと同じもの』

として捉えらえることもあるのです。

 

ですが、今の音楽には、

『録音したものを流して、それを観客が聴く』

といったものもあります。

こういった場合には、

『生演奏や生歌とは違う』

ため、ライブとは少し意味合いが違ってくると言えるでしょう。

 

また、人によっては、

『ライブハウスなどの狭い場所で行う生演奏や生歌』

などを、ライブと呼んでいることもあります。

 

人によっても意味合いが違ってくるのですが、基本的には、

『生で演奏や歌を披露すれば、ライブと呼んでも良い』

と考えておいてください。

リサイタルは『一人または少人数で行うことが多いもの』

次に、リサイタルについて解説します。

リサイタルは、簡単に言うと、

『単独で音楽を披露するときに使う言葉』

となります。

 

リサイタルには、

『独奏会・独唱会』

などの意味があり、あくまでも一人で行うことを指しています。

 

そのため、リサイタルは、

『一人で歌って演奏する』

場合に使われることが多くなっているのです。

たまに、伴奏を行う人が一緒にいますが、この場合も、

『主役は一人ということで、リサイタルを使うことが多くなっている』

ようです。

 

よく使われているのは、

  • ピアノリサイタル
  • ヴァイオリンリサイタル

などがあります。

楽器演奏を行うときには、リサイタルという言葉が使われやすく、他には、

『演歌歌手が歌うとき』

にも、リサイタルが使われています。

 

どちらかと言えば、

『昔からある音楽に使われる頻度が高い』

と言えるでしょう。

 

また、2人で演奏や歌を披露するときは、

『ジョイントリサイタル』

といった言葉も使われます。

この場合、一人ではないのですが、

『専門用語的に使われる』

ことが、今でもあるようです。

 

コンサートやライブの方が使われやすいのですが、基本的に、

『一人または二人といった少人数で、音楽を披露するときに使う言葉』

と覚えておきましょう。

 

音楽の種類によって、使われる言葉は違ってくる

コンサート・ライブ・リサイタル 使われ方 音楽によって違う

コンサート・ライブ・リサイタルについて解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『どれも音楽を披露する言葉に間違いはないが、少しずつ意味合いが違う』

ということが分かります。

 

実際、今の音楽業界では、

『あまり意味を意識せずに使っている』

ことも多いですが、気にする人は、こだわりを持って使っているようです。

違いはあってないもの

今回、解説している言葉は、

『違いがあってないもの』

だと言えます。

 

音楽を披露するという一点に関しては、全く違いがないものであり、

『どういった形であるかの違いを表すために、使い分けられている言葉』

となるのです。

 

実際、使われるときは、

『コンサート・ライブ』

でまとめられることが多く、リサイタルという言葉は、あまり聞かなくなっています。

特に、年齢層が低いと、

『全ての音楽活動は、ライブで纏められる』

傾向が強いようです。

 

逆に、年齢層が高い人は、

『コンサート・リサイタル』

と呼ばれることが多く、これは、演歌などが流行っていたことにも由来しています。

 

こうした名称の使い分けは、

『プロデュースしている人の趣味や年齢層』

が見え隠れしていることもあり、そういった違いを見つける楽しみも含まれますね。

これを考えながら、演奏や歌を聴いていると、

『演出の仕方に時代を感じる』

ことも多くなり、なおのこと音楽が楽しいものになるでしょう。

 

コンサート・ライブ・リサイタルの意味を、何となくでも知っておき、

『音楽を聴くとき、違いを探してみる』

ようにしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『音楽の形態によって、呼び方は使い分けられている』

ということが言えます。

 

音楽を楽しむ上で、

『コンサート・ライブ・リサイタルは、欠かせない要素』

となります。

今の時代、録音が出来るので、

『人前で音楽を披露する必要はない』

と感じるかもしれません。

ですが、やはり直接目の前で聴くと迫力が違います。

 

さらに、音楽を披露する人との交流なども出来るため、

『より身近に、音楽を感じられる』

ようにもなります。

また、今回解説した言葉の意味を考えながら聴くことで、

『自分が何を聴いているのか』

を考えるきっかけにもなるため、ぜひ覚えておいてくださいね。

関連記事

-音楽の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.