違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

アロマと香水の違い

その他の違い

アロマと香水の違いをわかりやすく解説!その目的と効果をチェック

投稿日:

香りのある生活は、豊かな気持ちになりますよね。

香りを楽しむアイテムは、様々ありますが、その中でも

  • アロマ
  • 香水

この二つの違いについて、悩むことってありませんか?

「アロマテラピーに香水は使ってもいいの?」

「アロマを香水代わりにすることはできるの?」

こんな疑問を持っている人も多いはず。

 

しかし、この二つは、自分の目的に合わせて使い分けるのがベストなのです。

そこで、当記事では、アロマと香水の違いを解説していきます。

二つの違いを知って、好きな香りを普段の生活に取り込んでみましょう!

スポンサーリンク

アロマと香水の目的の違い

さて、アロマと香水では、その目的が違います。

どちらも、普段の生活に上手に取り入れれば、自分の背中を後押ししてくれるアイテムです。

アロマと香水を上手に使い分けて、普段の生活に取り入れるには、まずその目的の違いを理解しておく必要があります。

アロマの目的はアロマテラピー

アロマは、主にアロマテラピーで使用する『精油(エッセンシャルオイル)』のことを指します。

アロマテラピーといえば、それぞれの精油の植物が持つ香りや効能をとりいれた『療法』です。

ですから、アロマを使用する場合には、香りだけではなく、その効能についても理解をしておく必要があります。

アロマは、

  • リラックスしたい
  • 良い眠りにつきたい
  • 集中力を高めたい
  • リフレッシュしたい

など、心や体を癒したり、症状の緩和を目的として使用します。

もちろん、アロマの中に好きな香りがある場合は、普段の生活で香りを楽しむためのアイテムとして使うことができます。

香水の目的は香りを身に着けるオシャレアイテム

香水と言えば、香りを身に着けるためのアイテムです。

香りを身に着ける理由って、たくさんありますよね。

  • 自分の好きな香りで包まれていたい
  • 好きな人に自分の香りとして印象を残したい
  • ここぞ!という日に気分を高めたい
  • 香りでもっとおしゃれを楽しみたい

など、自分で香りを楽しむだけではなく、対人関係でも自分の背中を後押ししてくれるアイテムです。

また、お化粧をするのと同じように、香水もまたおしゃれの一つとして取り入れている人も多いでしょう。

香水を変えることで、その人のイメージまで変えることができます。

ファッションやメイク、その日の自分のテーマに合わせて、香りを選ぶのも楽しいものですよね。

 

アロマと香水の成分と効果の違い

アロマと香水の目的の違いは、大きく分けると、次の2点です。

アロマ=アロマテラピーで心や体を癒したり、症状を緩和するもの

香水=香りを身に着けるおしゃれアイテム

ここからは、この二つの成分の違いによる効果をチェックしていきます。

効果の違いを知ると、さらに上手に使い分けることができるでしょう。

アロマの効果

アロマテラピーで使用する精油は、植物からエキスを抽出して、その成分が凝縮された、100%天然成分のものです。

天然成分だからこそ、植物が持つ香りや効能を取り入れて、心や体を癒したり、症状を緩和する『療法』を行うことができるのです。

また、その効能を美容にも役立てることができます。

アロマには、様々な効果を期待することができますが、主な効能を紹介しましょう。

アロマの効能

  • 鎮静作用
  • 消化促進作用
  • 健胃作用
  • ホルモンバランスを整える
  • 免疫力アップ
  • 抗菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 虫よけ対策

これらの効能から、

  • 頭がすっきりしない
  • よく眠れない
  • イライラ・ストレス対策をしたい
  • 元気を出したい
  • リラックスしたい
  • 風邪予防をしたい

など、悩みに合わせて、精油を選び、アロマを楽しむことができます。

また、近年では

『認知症予防効果も期待できる』

として、アロマが話題となっています。

 

これらのことから、

アロマテラピーで使用できるのは天然成分のみ

と決められているのです。

香水の効果

香水は、合成香料のため、アロマのような使い方はできません。

また、植物による効能がないため、その効果もアロマとは全く異なります。

 

さて、あなたは香水を選ぶ際、どのように香りを決めていきますか?

おそらく、多くの人は、なりたいイメージや、自分が好きな香りを中心に香りを選ぶに違いありません。

苦手な香りを我慢してまとう人は、滅多にいないでしょう

ですから、香水の効果といえば、

自分の好きな香りを嗅ぐことによるリラックス効果

これが、メインになるでしょう。

また、好きな香りだからこそ、

  • 元気が出る
  • 勇気が湧いてきて積極的になれる
  • モチベーションが上がる

といった効果を感じることができるでしょう。

香水は、アロマのように『療法』はできません。

しかし、気持ちを前向きにして、持ち上げてくれるアイテムなのです。

 

アロマを香水として使う方法

アロマを香水にする方法

アロマを香水にする方法

香水をアロマテラピーで使用することはできませんが、

好きなアロマを香水代わりに使いたい

こんな人も多いでしょう。

 

アロマは、天然成分ですから、希釈をすれば、香水に使用することができます。

筆者も、キャリアオイルやシアバター、ミツロウなどに混ぜて、香水や練り香水でアロマを楽しむことがあります。

アロマをブレンドすることで、好きな香りを作る楽しさもありますよ。

ただし、アロマにはそれぞれ効能があることを忘れず、小さな子供やペットがいる場合には、注意してくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

アロマと香水の違いをチェックしました。

アロマ=アロマテラピーで心や体を癒したり、症状を緩和するもの

香水=香りを身に着けるおしゃれアイテム

この点を理解して、目的によって使い分けることができれば、ベストです。

また、

アロマ=天然成分

香水=合成香料

これらの違いから、その効果も異なります。

とくに、アロマは、植物による効能があります。

そのため、アロマを選ぶ際には、それぞれの効能をチェックしておくと良いでしょう。

香水は、アロマとはまた違った香りで、私たちの気持ちを高めてれるでしょう。

その効果を、対人関係でも上手く利用することができます。

どちらも、上手に使い分けて、心や体の健康の維持に役立ててくださいね。

関連記事
オイル
アロマオイルとエッセンシャルオイルの違いと正しい使い方を解説!

『アロマオイル』 『エッセンシャルオイル』 どちらも、香りを楽しむためのアイテムです。 この二つは、雑貨屋さんでも同じコーナーに配置されていることが多く、 「どちらを選べば良いのか分からない!」 とい ...

続きを見る

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.