違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

承知しましたと了解しましたの違い!ビジネスでの使い分け方を解説

ビジネスシーンで、よく使う言葉の中に

『承知しました』

『了解しました』

という言葉がありますよね。

 

どちらも、何かを頼まれたりして

「わかりました、OKです。」

と伝える時に使う言葉です。

でも、この2つ、何がどう違うのでしょうか。

 

また、

「目上の人には『了解しました』ではなく、『承知しました』と言うべき」

という話もよく耳にします。

本当に『了解しました』は、NGなのでしょうか?

 

ということで今回は、

  • 『承知しました』と『了解しました』の違い
  • 『承知しました』と『了解しました』の使い分け方

についてお話しします。

ぜひ最後まで読んでくださいね!

スポンサーリンク

『承知しました』『了解しました』の違いとは?

『承知しました』と『了解しました』の違いはいかに!?

『承知しました』と『了解しました』の違いをチェック!

『承知しました』『了解しました』は、どちらも

『わかりました』『承りました』という意味で使われています。

でも実は、いろいろな違いがあるのです。

 

まずその違いを、表でざっとつかんでしまいましょう。

 

承知しました了解しました
意味『承知』の意味は、

  • 知っていること
  • わかっていること
  • 聞き入れること
  • 承諾すること
  • 許すこと
『了解』の意味は

  • 事情を思いやって納得すること
  • 理解すること
  • のみこむこと
重点を置いているポイント
  • 知ること
  • 聞くこと
理解すること
ニュアンス「その理解に基づいて、物事を進めて行きます」「わかりました」
ビジネスシーンでこの言葉を使う相手目上の人や取引先、顧客に対して使う言葉だと捉えている人もいるが、実際は特に決まっているわけではない同僚、部下、後輩に対して使う言葉だと捉えている人もいるが、『了解いたしました』であれば目上の人にも使える
丁寧語か謙譲語か『承知しました』は『わかりました』の謙譲語と捉えている人もいる
  • 『了解しました』は丁寧語
  • 『了解いたしました』だと謙譲語

『承知』と『了解』の意味や重点を置くところの違い

『承知しました』と『了解しました』は、どちらも一般的には

  • 『わかりました』
  • 『承りました』

という意味で使われます。

 

となると、どちらも同じように感じるかもしれませんね。

でも『承知』と『了解』では、意味や重点を置くところが違います。

 

『承知』と『了解』の意味を細かく見ると、

『承知』の意味

  • 知っていること・わかっていること
  • 聞き入れること
  • 承諾すること
  • 許すこと(多くの場合、否定形で『承知しない』ということで『許さない』の意味になる)

『了解』の意味

  • 事情を思いやって納得する
  • 理解する
  • (物事などを理解して受け入れる、という意味での)のみこむ

 

また、重点を置くポイントも

『承知』

⇒知ること、聞くこと

『了解』

⇒理解すること

という違いがあるのです。

 

ですから、意味や重点ポイントに忠実に言うと

『承知しました』

⇒言われたことを聞いて知りました。

『了解しました』

⇒言われたことを理解しました。

ということになりますね。

 

また、ビジネスシーンでのニュアンスとしては

『承知しました』

⇒言われたことを理解し、そのように物事を進めて行きます。

『了解しました』

⇒わかりました。

という違いがあります。

 

もっとも実際の仕事の場面では、

「『了解』って言ったのだから、『わかった』とは言ったけど、やるとは言ってませんよ?」

なんてことはありませんよね。

ですから、

実質的には、『承知しました』も『了解しました』も、ほぼ同じ意味で使われている

と考えて良いでしょう。

誰に対して使う言葉かの違い

『承知しました』と『了解しました』には、

『承知しました』

⇒上司や取引先、顧客などに対して使うフォーマルな言葉遣い

『了解しました』

⇒同僚や部下、後輩に対して使う、比較的カジュアル目な言葉遣い

という違いと認識している人も一定数います。

 

また、企業のマナーなどについての研修でも、

「目上の人に対しては『承知しました』と言うこと」

と教えることも多いようです。

 

ただし、これはあくまでも、

  • 一定数の人が「目上の人に対しては『承知しました』がマナー」と認識している
  • 研修などで「目上の人に対しては『承知しました』を使うように」と教える人いる

という範囲のことです。

『承知』『了解』という言葉には、目上、目下を区別する意味はありませんから。

 

ですから、この違いは、

『誰に対して使うかの違いがあると言う人と、違いはないと言う人がある』

ということです。

『承知しました』は謙譲語で『了解しました』は丁寧語?

これも人によってとらえ方に差があることですが、

『承知しました』と『了解しました』という言葉には、

『承知しました』

⇒謙譲語

『了解しました』

⇒丁寧語

という違いがあると考えている人もいます。

 

でも、『了解しました』が丁寧語であるというのはその通りなのですが、

『承知しました』は謙譲語ではありません。

 

このことについて、もう少し詳しくお話ししましょう。

 

『承知しました』は謙譲語ではない

『承知しました』を謙譲語だと捉えている人の中には、

「『承(うけたまわ)る』で使われる『承』の字が入っているから、謙譲語だ」

と解釈している人もいます。

 

でも『承』の字には、『謙譲』の意味はありません。

『受け継ぐ』『受け入れる』という意味の、あくまでも一般的な言葉に過ぎないのです。

また、『承知』もごく一般的な熟語で、相手を敬うニュアンスはありません。

 

ですから、『承知しました』そのものが謙譲語だというのは、

『承』の字の印象から生まれた誤解

と言えるでしょう。

 

『了解しました』は丁寧語で『了解いたしました』は謙譲語

『了解しました』は、『普通に丁寧な言葉遣い』なので、

「これは目上の人に対して使う言葉ではない」

と考える人もいます。

 

でも『いたしました』を付けて

『了解いたしました』

とすると、謙譲語になり、目上の人にも使える言葉になります。

 

『〇〇いたします。』は『〇〇する』の謙譲語。

また、『了解』という言葉も、もともとは目上か目下かに関係なく、誰に対しても使える言葉だからです。

 

もちろん『承知』も、『承知いたしました』にすると、謙譲語になります。

 

ビジネスでの『承知しました』『了解しました』の使い分け方

ビジネスシーンではどう使い分ける?

ここからは、『承知しました』『了解しました』の、ビジネスシーンでの使い分け方について解説します。

『了解しました』『承知しました』『かしこまりました』の使い分け

ビジネスシーンで、よく使う言葉には、『了解しました』『承知しました』の他にも

『かしこまりました』

が、あります。

ここからは、この『かしこまりました』も加えて見ていきましょう。

 

使い分け方は、大きく2通りあります。

 

使い分け方 その1

1つ目の使い分け方は、

目上の人に対しては

⇒『承知いたしました』『了解いたしました』『かしこまりました』

対等な立場の人、目下の人に対しては

⇒『承知しました』『了解しました』

という使い分け方です。

 

これは、本来の言葉の使い方に従った使い分け方です。

 

ただし、この場合は、目上の人や顧客、取引先の人などに対しては

『承知しました』

⇒『承知いたしました

『了解しました』

⇒『了解いたしました

というように、『いたしました』という言い方で謙譲語にしましょう。

 

なお、『かしこまりました』は、『承知いたしました』よりも、さらに丁寧でへりくだった言い方です。

漢字だと『畏まりました』と書きますが、『畏』は、あまりなじみがない文字ですよね。

文字で伝える時は、『かしこまりました』と、ひらがなで書くと良いでしょう。

使い分け方 その2

2つ目の使い分け方は、

「目上の人に対しては『承知しました』を使うべき」

という方針の場合の使い分け方です。

 

顧客、新しい取引先、大事な取引先、直属ではなくずっと上の上司に対して

⇒かしこまりました

直属の上司や先輩、すでに付き合いのある取引先に対して

⇒承知いたしました

同僚や、後輩、部下など、対等か目下の人に対して使う

⇒了解しました

となります。

 

使い分け方を2つ紹介したわけ

なぜ使い分け方が2通りあるかというと、職場によって人によって、考え方が違うからです。

  • 目上の人には『承知しました』と言うのがマナーで、『了解しました』は失礼
  • 目上の人でも『了解いたしました』ならOK

この両方がありますし、どちらが主流だとか、どちらかだけが正しいとかいうこともありません。

 

となると、『どうすればいいんだろう?』と思うかもしれませんが、

  • 『了解』と『承知』のどちらも本来は目上の人にも使えることや、謙譲語の使い方など、基本的な言葉の使い方を知っておく
  • 場によって使い分け方が違うことを、頭に入れておく
  • そのうえで、自分が働く場で教わった使い分け方に従う

上記のようにすれば、余計なお叱りを受けないで済みますし、応用も効きますよ。

目上の人には『いたしました』と言うのを忘れずに!

『了解』を使うにしても『承知』を使うにしても、

目上の人には『いたしました』という言い方を忘れないでください。

『いたしました』を付けることで、相手に対して敬意を示す謙譲語になるからです。

 

『承知』という言葉なら、『しました』で良いと考える人もいるようです。

でも正確には、『しました』では謙譲語にはなりません。

 

目上の人に対しては

  • 了解いたしました
  • 承知いたしました

で覚えてくださいね。

もし目下の人から『了解いたしました』と言われたら?

もしあなたが

「目上の人や取引先などには、『承知しました』が正しい言葉遣い」

と教わっていて、目下の人や取引先の人などから『了解いたしました』と言われたら、気になるかもしれませんね。

 

でも、繰り返しになりますが、

『いたしました』がついているなら、失礼にはあたりません。

これで腹を立てたり評価を下げたりしないでほしいと、筆者は思います。

 

このことについては、こんなツイートがあります。

たしかに、余計な軋轢は避けたいものですね。

 

ただ、もし同じ職場の人で、その職場では『承知しました』を使うべきとされているなら

「本当は『了解いたしました』も失礼ではないけど、この職場では、目上の人に対しては『承知しました』と言ったほうが良いよ。」

と伝えておくと、親切です。

「目上の人には『承知しました』が良い」説はなぜ生まれた?

最後に、

なぜ「目上の人には『了解しました』ではなく『承知しました』を使うべき」という説が出て来たのか

について、お話ししましょう。

 

実はこの理由は、

あるビジネスマナーの本を書いた人が、『了解いたしました』という言い方に違和感を持っていて、『承知しました』のほうが感じが良いと思ったから。

 

つまり、

元は言い出した人の主観だった

ということです。

語源や謙譲語かどうかなど、言葉そのものが、きっかけではなかったんですね。

 

最近では、『承知しました』が良いと考える理由には、

『了解しました』という言い方だと、

  • ぶっきらぼうな印象がある
  • 敬意が感じられない
  • 警察や軍隊のような感じがする

とあったりしますが、これも主観ですよね。

 

でも、初めは誰かの主観や思い付きであっても、広まって多くの人がマナーと思うようになれば、マナーになってしまうのです。

だから『印鑑はお辞儀のように左に傾ける』みたいな、謎マナーも生まれるのです。

 

また、言葉の使い方は、時代によって変化します。

ですから、今後、

「目上の人には『承知しました』と言うのが礼儀正しいし、当たり前」

となる可能性もないとは言えません。

 

ちなみに、『承知しました』が広まった背景について、こんな分析をしている人もいます。

興味があったら、読んでみてください。

「『了解しました』より『承知しました』が適切とされる理由と、その普及過程について」

スポンサーリンク

まとめ

『承知しました』と『了解しました』の違いは

『承知しました』

⇒『言われたことを聞いて知りました』という意味で、『知る』『聞く』に重点がある

『了解しました』

⇒『言われたことを理解しました』という意味で、『理解すること』に重点がある

ということです。

 

「『承知しました』が、目上の人にも使える丁寧な言葉で、『了解いたしました』は目上の人に使うのは失礼」

と捉えている人や、そのように教えるマナー研修などもあります。

 

でも本当は、

  • 『承知しました』も『了解しました』も丁寧さの度合いは同じ
  • 『了解いたしました』なら目上の人に言っても失礼にならない
  • 目上の人への言葉遣いとしては、『承知しました』ではなく『承知いたしました』が良い

ということなのです。

 

ただし、ビジネスシーンで使う言葉は、それぞれの職場や場面で『これが良い』とされている言葉を使うことが無難です。

わからない時は、職場の先輩や上司などに教わっておいてください。

関連記事

-その他の違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.