違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

代表取締役・代表取締役社長 違い

その他の違い

代表取締役と代表取締役社長の違いをわかりやすく解説!CEOとの違いもチェック

更新日:

会社における役職は、

『自分のポジションによって、呼び方が異なる』

ものです。

 

特に、会社のトップともなれば、

『代表取締役社長』

と呼ばれることも多くなっています。

たいていの場合、会社の社長が名乗っているのですが、たまに、

『代表取締役』

など、社長という言葉が抜けていることもあるのです。

 

この場合、この名前を見た人は、

「相手が本当にトップなのか分からない」

こともあるため、困惑してしまうこともあるようです。

 

そこで、今回は、

『代表取締役と代表取締役社長の違い』

について解説します。

言葉の意味を正しく理解して、仕事に役立ててみてください。

スポンサーリンク

代表取締役と代表取締役社長の違いとは何か?

代表取締役と聞けば、

『会社の全てを掌握している人』

といった印象を受けると思います。

 

この認識は、

『概ね正しい』

と言えるでしょう。

 

ですが、今回は、

『会社に対して、どんな権利を持っているのか』

が、重要なポイントとなるのです。

代表取締役は『法律で権利を認められた人のこと』

まず、代表取締役について解説します。

代表取締役とは、簡単に言うと、

『法律上で権利を認められた人』

のこととなります。

 

会社の運営方針は、基本的に、

『会社のトップが決定権を持っている』

のですが、法律が絡んでくると、代表取締役という役職が肝になってくるのです。

 

つまり、会社運営に際して、

『法律に関わる権利を行使できる人』

が、代表取締役です。

 

例を挙げると、他社と取引する際、契約を結ぶのですが、

『契約の履行を行う権利は、代表取締役にしかない』

ため、他の社員では契約締結が出来ません。

ですが、他社との契約となれば、

『会社の社長が判断しなければならない』

ことがほとんどです。

 

そのため、結局は、

『社長自ら、代表取締役になっている』

ことが多くなっています。

 

ですが、中には、

  • 代表取締役会長
  • 代表取締役専務

など、会社が決めた役職と兼務している場合もあるのです。

 

この場合、たとえ社長が新規契約を決めていても、

『最終的な決定権がないため、代表取締役に相談しなければならない』

ということになります。

そのため、会社における代表取締役は、

『誰よりも権利を持っている人』

といって良いでしょう。

代表取締役社長は『社長が会社で1番の権力者である証』

次に、代表取締役社長について解説します。

代表取締役社長とは、簡単に言うと、

『社長が、そのまま1番の権力を持っている』

ことになります。

 

先程も解説したとおり、

『代表取締役は、会社における最高権利者』

です。

そのため、他社の契約締結を始め、

  • 会社が起訴されたときに対応する場合
  • 株主総会の開催
  • 取締役会の開催

など、法律に基づいた活動に関する権利を、単独で行使することが出来るのです。

 

たいていの会社は、

『代表取締役社長』

として、会社運営を行っており、これが他社にも誤解を受けずに済む方法となります。

 

ちなみに、代表取締役社長という名称は、

『あくまで、自分の地位をはっきりさせるために使われている呼称』

のため、必ずしも社長という文言を使う必要はありません。

 

つまり、

『名刺などに、代表取締役とだけ記載しても問題ない』

ということなのです。

法律上の権利があるのは、

『代表取締役』

だけなので、相手が自分の地位を隠して接触してくる場合もあることを、覚えておきましょう。

 

代表取締役と代表取締役社長は、権利的に対等の立場

代表取締役・代表取締役社長 対等

代表取締役と代表取締役社長について解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『どちらも、対等な立場』

ということが分かります。

 

つまり、

『経営者として、同じ権利を持っている』

ことになるのです。

よく、

「あの人は社長だから、会社で1番の権利を持っている」

と考えている人がいますが、このとき重要なポイントは、相手の肩書きをよく見ることです。

そうすれば、実は相手が、

『経営者としての法的権利を持っていない』

ということが分かるようになるのです。

代表取締役とCEOは、別物と考える

重ねて解説しておきますが、会社における地位は、

『代表取締役と名乗っている人が、最も権利を持っている』

ことを忘れないようにしてください。

 

会社で見られる、

  • 社長
  • 副社長
  • 部長
  • 課長
  • 係長

などは、あくまで会社内部だけの役職です。

 

このことを理解していれば、

『取引先の相手が、本当はどの立場にいる人なのか判断できる』

ようになります。

例えば、会社同士の契約を結ぶ際、代表取締役でもない人が、

『独断で話を進めていた場合』

などに、役職を正しく理解していることで、ストップをかけることも出来ます。

 

話し合いが上手くいったと考えていたのに、

「実は、会社からの許可が下りていませんでした」

なんてことになれば、それなりの損害を被る可能性もあります。

このような自体を、未然に防ぐためにも、

『役職の正しい理解と、代表取締役という言葉の重要性』

を、常に認識しておいてください。

 

また、これもよく勘違いされやすいのですが、

『CEO=代表取締役ではない』

ということも、覚えておいてください。

CEOは、日本では、

『会社独自の名称』

としての意味合いしかありません。

 

そのため、代表取締役とは、

『権利関係において、全く異なるもの』

だと言えます。

もし、日本でCEOという肩書きを見つけても、

『代表取締役の方が、権利は上』

だと考えておいて良いです。

代表取締役は、一人ではない

ほとんどの会社は、

『代表取締役を1人決める』

ようにしています。

 

ですが、中には、

『複数の代表取締役が存在する会社』

もあるため、よく覚えておきましょう。

 

複数の代表取締役がいる場合、

『それぞれが、単独で法律上の権利を執行できる』

ので、契約を結ぶ上での問題はないと言えます。

ですが、別の代表取締役が、

『契約内容を把握していなかった場合』

に、問題が発生する恐れがあるのです。

 

こうなると、契約がスムーズに行われないことになるため、

『相手方の会社の代表取締役全てが、承知している案件なのか』

を、よく確認する必要があるでしょう。

 

会社同士の法的取引は、

『運営に影響を与えることが多い』

ため、代表取締役に関しては、敏感に反応しておくことをおすすめします。

 

ちなみに、代表取締役がいない会社も存在しています。

この場合は、

『各取締役が、法的権利を持っている』

ことになります。

もし、会社に代表取締役がいない場合、

『取締役と名乗っている人全てが、会社の権利を執行出来てしまう』

ため、気をつけておいてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『代表取締役と代表取締役社長の違いはない』

ということが言えます。

 

重要なことは、代表取締役と聞いた際、

『相手が最高権力者なのかどうか』

を探ることです。

もし、複数いる場合などは、

『本当に契約締結出来るのかどうか』

が、今後の会社運営に関係してくるので、よく注意する必要があります。

 

逆に、相手がたとえ社長でも、

『代表取締役と名乗らなければ、別に権利を持っている人がいる』

ということになります。

何となく理解するのではなく、

『会社の今後に関係してくる問題』

として、代表取締役の意味を覚えておいてくださいね。

関連記事
CEO・COO 違い
CEOとCOOの違いをわかりやすく解説!仕事や役割をチェック!

会社勤めをしている人なら、 『社長や副社長』 がいることは、当たり前のように知っていると思います。   ですが、この呼び方は、 『あくまで日本での名称でしかない』 ため、英語では別の呼び方が ...

続きを見る

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.