違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ボクシング

スポーツの違い

ボクシング団体のWBA/WBC/WBO/IBFの違いをわかりやすく解説!

「格闘技といえば何?」

と聞かれたら、

「ボクシング!!!」

こう答える人が多いのではないでしょうか。

ボクシングはオリンピック競技としても採用される程、国際的に認知されています。

日本人世界チャンピオンも、これまで多く誕生してきました。

現在、怪物と称される井上尚弥選手は、

  • WBC世界ライトフライ級王者
  • WBO世界スーパーフライ級王者
  • WBA世界バンタム級王者

という世界チャンピオン!

ただ、

れいか
WBC世界王者?

WBA世界王者?

ボクシングの世界王者は1人じゃないの?

こう思う人もいるでしょう。

そこで今回は、プロボクシング世界王座認定団体である、

  • WBA
  • WBC
  • WBO
  • IBF

の違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

WBA/WBC/WBO/IBF なぜボクシング団体が4つもあり違いがあるのか

チャンピオンベルト

チャンピオンベルト

なぜボクシングの世界王座認定団体が4つもあるのでしょうか?

それは、ボクシングの歴史を紐解いていけば分かります。

世界初のボクシング世界王座認定団体は、1921年に設立された、

『NBA(National Boxing Association/全国ボクシング協会)』

という団体です。

アメリカ国内の団体であり、後の1962年に世界規模のWBAと改称しました。

WBAはアメリカが中心となる団体であったことから、

『ヨーロッパやアジア各国と対等な関係を築ける団体』

として1963年にWBCが設立されました。

その後、WBAの代表選挙で敗れたロバート・リーが、1983年にIBFを設立したのです。

さらにWBAの会長選挙の結果に納得のいかなかったカリブ諸国が、1988年にWBOを設立しました。

このような経緯で、ボクシング世界王座認定団体が4つ誕生したのです。

 

ボクシング団体の違い ~WBA~

ボクシンググローブ ピンク

WBA(World Boxing Association)とは 、

『世界ボクシング協会』

のことで、

  • 設立は1921年(前身団体を含む)
  • 本部はパナマのパナマシティ
  • 加盟国は90ヶ国
  • ベルトは黒色

4団体の中で最も歴史が古く、権威のある団体とされています。

特徴としては、

  • スリーノックダウン制
  • 途中の採点は公表されない
  • ラウンドマストシステムが厳しめ
  • スーパー王座制度がある

これらが挙げられます。

スリーノックダウン制とは、1ラウンドで3回ダウンしたら負けが確定することです。

採点が途中で公表されないため、判定になった時点で初めて点数が分かります。

ラウンドマストシステムとは、各ラウンドごとの点数に、できるだけ差をつけることです。

スーパー王座制度とは、WBA世界王座が他団体王座を倒し、統一王座となった場合、WBAスーパー王座として認定されることです。

その場合、WBA世界王座は空位となります。

 

ボクシング団体の違い ~WBC~

ボクシンググローブ 黄色

WBC(World Boxing Council)とは、

『世界ボクシング評議会』

のことで、

  • 設立は1963年
  • 本部はメキシコのメキシコシティ
  • 加盟国は161ヶ国
  • ベルトは緑色

WBCの特徴としては、

  • フリーノックダウン制
  • 4ラウンド、8ラウンド終了時に採点が公表される
  • ランキングが40位まである

これらが挙げられます。

フリーノックダウン制とは、1ラウンドで何回ダウンしても試合を続行することです。

採点が途中で公表されるため、点数を見て戦略を練ることができます。

4団体の中で、最も加盟国が多く、強豪選手が集まりやすいです。

 

ボクシング団体の違い ~WBO~

ボクシンググローブ 青

WBO(World Boxing Organization)とは、

『世界ボクシング機構』

のことで、

  • 設立は1988年
  • 本部はプエルトリコのサンファン
  • 加盟国は65ヶ国
  • ベルトは赤茶色

WBOの特徴としては、

  • スリーノックダウン制
  • 途中の採点は公表されない

これらが挙げられます。

日本は2013年4月1日に加盟しました。

 

ボクシング団体の違い ~IBF~

ボクシンググローブ 赤 青

IBF(International Boxing Federation)とは、

『国際ボクシング連盟』

のことで、

  • 設立は1983年
  • 本部はアメリカ、ニュージャージー州のニューアーク
  • 加盟国は27ヶ国
  • ベルトは赤色

特徴としては、

  • フリーノックダウン制
  • 途中の採点は公表されない
  • 当日計量

これらが挙げられます。

IBFの大きな特徴として、当日軽量が挙げられますね。

ボクシングは、体重で階級が分けられています。

WBA、WBC、WBOは前日計量です。

ボクシングに限らず、多くの格闘技団体は前日計量ですがIBFは当日計量を採用しているのです。

スポンサーリンク

まとめ

最後にWBA、WBC、WBO、IBFの違いを以下の表でまとめました。

WBAWBCWBOIBF
設立年1921年1963年1988年1983年
本部パナマのパナマシティメキシコのメキシコシティプエルトリコのサンファンアメリカ  ニュージャージー州のニューアーク
加盟国数90ヶ国161ヶ国65ヶ国27ヶ国
ベルトの色黒色緑色赤茶色赤色
ノックダウン制スリーノックダウン制フリーノックダウン制スリーノックダウン制フリーノックダウン制
採点公表途中公表されない4、8ラウンド終了時に公表途中公表されない途中公表されない
その他ラウンドマストシステムが厳しめ

スーパー王座制度がある

ランキングが40位まで有当日計量

WBAが、最初の世界王座認定団体です。

そこから代表選挙で敗れたり、納得がいかない等の理由で各団体が設立され、今の4団体となりました。

それぞれの団体には、このような違いがあるのですね。

世界王座を決めるような威厳のある団体でも、考えの相違等により割れてしまうのですね。

ボクシングファンにとっては、団体は1つである方が分かりやすいのかもしれません。

ただ、人間関係は単純ではありませんので、そうもいかないのが現状なのでしょう。

関連記事

-スポーツの違い

Copyright © 違いを解説君 , All Rights Reserved.