違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

オーナー・社長・会長 違い

その他の違い

オーナーと社長と会長の違いをわかりやすく解説!経営者は誰?

更新日:

会社における、地位を表す言葉は、

『それぞれ違うことがある』

ため、勤め先によっては、認識が異なることもあるでしょう。

 

特に、間違われやすい言葉として、

『オーナー・社長・会長』

があります。

これらは全て、

『会社のトップに立っている人』

という印象がありますが、実際にはそうでないことも多いです。

 

また、会社別に立場が異なることもあり、

『どれも同じような意味』

ではないことを、よく知っておく必要があるでしょう。

 

そこで、今回は、

『オーナー・社長・会長の違い』

について解説します。

違いをよく理解して、仕事に役立ててみてください。

スポンサーリンク

オーナー・社長・会長の違いとは何か?

会社に入ると、

『それぞれに役職がつけられる』

ことがほとんどです。

 

多くの人は、役職が上の人を、

『会社で権利がある』

と感じているかもしれませんが、これはあくまで、

会社独自の決まりに過ぎません。

本当に権利を持っている役職は、後で解説しますが、

『役職が上だからといって、その人が本当に権利を持っているわけではない』

ことを、覚えておいてください。

オーナーは『会社の所有者』

まず、オーナーについて解説します。

オーナーは、簡単に言うと、

『会社の所有者』

となります。

 

つまり、

『会社経営に直接携わっていなくても問題ない人』

ということなのです。

 

例を挙げると、

  • 会社設立のために出資した人
  • 会社の株を買っている人

などが、オーナーと呼ばれています。

これは、会社に限らず、

『マンションなどを持っている人』

も、同じようにオーナーと言われることがあるため、当てはまる人も多いのではないでしょうか。

 

オーナーになるには、とにかく、

『会社等に出資する』

ことが前提と言えるでしょう。

これにより、全てないし一部の権利を持つことで、

『所有者=オーナーの地位を獲得できる』

というわけなのです。

 

分かりにくければ、

『プロ野球の球団所有者』

を思い浮かべてみれば、かなり理解しやすいのではないでしょうか。

社長は『経営のトップにつけられる名称』

次に、社長について解説します。

社長は、簡単に言うと、

『経営のトップ』

ということになります。

 

ですが、厳密に言うと、社長という役職だけでは、

『本当のトップにはなれない』

ことを覚えておいてください。

これについては、後で解説しています。

 

社長という役職は、ほとんどの会社で、

『経営方針を決めて、会社の向かう方向を決める』

ために存在しています。

基本的に、重要な案件は、

『社長に判断を仰ぐ』

ことになるでしょう。

 

他社から見ても、社長と聞けば、

『会社のトップに君臨する人』

という認識が一般的になります。

役職の中で、

『最も誤解を受けにくい』

とも言えますね。

会長は『社長の上にいることが多い役職』

次に、会長について解説します。

会長は、簡単に言うと、

『社長のさらに上にいることが多い役職』

となります。

 

ほとんどの場合、

『名誉職としての意味合いしか持たない』

ため、会社経営などには関与していません。

ですが、中には、

『会長からの指示で、それぞれの会社が動く』

ということもあるため、全く仕事をしないわけでもありません。

 

主に、

『社長職を次の世代に引き継いで、その後に会長職になる』

ことが多く、経営には参加しないものの、お目付役としての役割も果たしているようです。

 

オーナー/社長/会長の、どの役職も会社が独自に決めた役職に過ぎない

役職 会社独自のもの

オーナーと社長と会長について解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『それぞれ、役割分担が出来ている』

ということが言えます。

 

ですが、これらの役職は、実際のところ、

『会社が独自に決めただけのもの』

であり、本当に権利を持っている人は、他にいるのです。

本当に経営権利を持っているのは『代表取締役』

会社経営において、本当に権利を持っている人は、

『代表取締役』

という肩書きを持った人になります。

 

代表取締役とは、会社内部の権利だけでなく、

『他社との契約締結の決定権も握っている人』

となります。

これは、法的にも認められていることであり、

『代表取締役しか、会社における重要な仕事が出来ない』

のです。

 

つまり、オーナーや社長や会長などが、いくら権利を主張しても、

『代表取締役が動かない限り、会社における法的手続きを取れない』

のです。

いくら他社との契約を結びたくても、

代表取締役ではないオーナーや社長や会長では、全く意味がありません。

 

そのため、一般的には、

『代表取締役社長』

など、社長兼代表取締役になっていることが多いです。

 

また、会長にあっては、

『代表取締役会長』

となり、退いた後も、会社の実質的な権利を握っている人もいます。

また、社長と代表取締役が一緒にやることで、

『共同経営』

を行うこともあります。

 

オーナーの場合は、代表取締役になることで、

『自身も、経営に携わる』

という選択も出来ます。

ですが、あくまでオーナーという立場を取る場合は、

『誰かに代表取締役を任せて、外から経営を見守る』

ことも出来ます。

 

世の中には、様々な役職が存在しますが、会社経営に関しては、

『代表取締役こそが、会社の権利を握っている』

ということを、覚えておいてください。

経営者は、オーナー・社長・会長のどれにも当てはまる

『代表取締役が、会社の実権を握っている』

と解説しましたが、結局のところ、

『会社の経営者となり得るのは、どの肩書きの人にも当てはまる』

と言えます。

 

経営者は、よく最高権力者とされることがありますが、

『経営に関する業務を行っている人全般に当てはまる言葉』

でもあるのです。

 

『オーナーは、会社の根本をなす存在』

『社長や会長も、経営に携わっている』

ということから、経営者という括りに入るのです。

それぞれに、役割分担はありますが、

『経営者という視点から見れば、あまり変わらない』

のです。

 

法的に見れば、代表取締役がトップですが、

『現実に、経営するのは関係者全て』

なので、経営者という括りに、あまり意味はないと考えておいてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『オーナー・社長・会長に、法的な権利はない』

ということが言えます。

 

それぞれの役職には、

『違った役割が与えられている』

ことは確かです。

ですが、それはあくまで、

『会社が勝手に決めただけのもの』

であり、本当の権利を持っているのは、代表取締役だけなのです。

 

たいていの会社は、

『トップが、代表取締役を兼ねている』

のですが、たまにそうではないこともあります。

そのため、相手の役職が高いと感じても、

『本当に会社としての権利を持っているのかどうか』

を、しっかりと確認しておきましょう。

 

そうすれば、

『取引がスムーズに行える可能性も高まる』

ので、気を付けてみてくださいね。

関連記事
投資・融資・出資 違い
投資と融資と出資の違いをわかりやすく解説!お金を使う方法をチェック

人生において、お金を使うことは、 『誰もが通らなければならないもの』 です。   とくに、現在のお金は、 『現物だけでなく、電子マネーや仮想通貨まで登場している』 ため、多様化がかなり進んで ...

続きを見る

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.