違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

書道 硯と筆

その他の違い

習字と書道の違いを分かりやすく解説!子供の習い事におすすめはどっち?

投稿日:

『習字』『書道』は、子供の習い事として根強い人気のある習い事の一つです。

しかし、『習字』『書道』の二つの言葉を、どのように使い分けていますか?

なんとなく、違いを意識せずに使っている人が多いのではないでしょうか。

両方とも

『筆を使って字を書くこと』

という認識は共通してあるでしょう。

でも、『違い』を説明しようと思うと悩んでしまいませんか?

実はこの二つは似ていますが、その道のプロに言わせると全くの別物なのです。

そこで、ここでは『習字』と『書道』の違いについて解説します。

違いを理解した上で、子供の習い事として選ぶ場合に、どちらを選べば目的に合っているのか分かるように、順を追って説明していきます。

スポンサーリンク

『習字』と『書道』の違い

書道 硯と筆

書道 硯と筆

『習字』と『書道』では、学ぶ目的が違います。

習字の目的

習字は、

『お手本をもとに美しい字を習うこと』

を目的にしています。

きれいな字を書くための練習で、小学校の授業の中でも取り入れられていることが多い『書き方』や『書写』は、習字です。

毛筆だけでなく、ペン習字や、硬筆もあります。

現在では、メールが浸透し、手紙を書く機会は減ってきたかもしれません。

それでも習字を学ぶと、日常生活の中のちょっとした場面で活かすことができますよ。

たとえば、

『印刷した年賀状に一言添えるとき』

に、字がきれいだと、受け取った側の印象が良くなりますよね。

書道の目的

一方で、書道は毛筆を使って字を書くことで、

『自己表現すること』

を目的とした芸術です。

芸術という面では、絵を描くことと変わりません。

書道では、『筆を使って書く基本』の技術を身につけます。

ただ字を書くだけではなく、字で個性や感情を表現します。

書道が役に立つ場面は、日常生活で多くはありません。

ただ、そもそも芸術なので、役立つことを目的とはしていないのです。

 

以上のように『習字』と『書道』では、その目的が大きな違いになるのです。

『習字』『書道』を子供の習い事にするメリット

姿勢良く書く

姿勢良く書く

習字や書道を習うと、何か良いことがあるのでしょうか。

習うメリットについてお話していきましょう。

習字や書道を習うメリット

  1. きれいな字が書けるようになる
  2. 集中力・忍耐力がつく
  3. 姿勢が良くなる
  4. 他の習い事に比べると親の負担が少ない

メリット1 きれいな字が書けるようになる

誰でも思い浮かぶメリットですよね。

先生に字の書き方のポイントを教わり、お手本を見ながら書く練習をすることで身につきます。

習字では『とめ』『はらい』を習うことで、

どのように書いたらきれいな字が書けるかを考えてから書く

ようになるのです。

メリット2 集中力・忍耐力がつく

習字や書道では、真っ白な紙に書き直しのできない筆と墨で字を書いていくため、

一字一字、一画一画を集中しておしゃべりもせず

に書かなくてはなりません。

これを続けることで、自然と集中力が身につきます。

メリット3 姿勢が良くなる

習字や書道を上達させるには、字のバランスをとったり全体を見ます。

それには、背筋を伸ばし、ピンとした姿勢が大切になってきます。

続ければ、自然と正しい姿勢で書くことが身につくでしょう。

メリット4 他の習い事に比べると親の負担が少ない

習字や書道の場合、月3,000円~5,000円程度です。

英会話や、スイミング、ピアノといった習い事と比較して安めと言えるでしょう。

また、

自宅での特別な練習をしなくてもよい

ということから、親の負担が少ない習い事といえます。

 

『習字』『書道』を習い事にするときの教室の選び方

書道パフォーマンス

書道パフォーマンス

『習字』を習い事にするか『書道』を習い事にするかは、

目的から考える

とよいですね。

子供の習い事にする目的として、

文字を綺麗に書けるようになってもらいたい!

⇒『習字』を習い事にする

文字を通して自己表現ができるようになってもらいたい!

⇒『書道』を習い事にする

このような分け方をすることが、おすすめです。

 

そのうえで、いくつもの習字・書道教室から選ぶときのポイントを紹介します。

  1. 先生の書いたお手本が好み
  2. 先生の指導力
  3. 先生との相性
  4. 大人教室と子供教室の時間が分かれているか
  5. 通いやすいか

最も大切なのは、先生の指導力です。

これにより、習う人の上達具合が変わります。

なので、先生との相性も含め、どのような指導をするのか確認することが必要です。

また、通いやすい時間と場所といった条件も大切になりますので、一度は体験をしてから決めてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

区別せずに使われることも多い『習字』と『書道』。

字を書くことを目的とする『習字』。

字を書くことを通じて自己表現することが目的の『書道』。

以上の違いがあります。

習字は、学校教育でも『書写』や『書き方』で取り入れられているものです。

子供の習い事として、どちらを選ぶかは、

習い事をする目的によって決める

のが良いでしょう。

字を綺麗に書けるようになる以外にも習うメリットがある習字や書道。

習い事としては、

先生の指導力も大きく影響する

ため、一度体験をしてから決めてくださいね。

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.