違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

オーナー・店長 違い

その他の違い

オーナーと店長の違いをわかりやすく解説!正しい意味と使い分け方を紹介

投稿日:

よく、コンビニなどに行くと、

『オーナーや店長』

と呼ばれる人がいます。

 

この人たちは、聞く限り、

『店の責任者』

という印象を受けると思います。

ですが、ここで疑問に思うこととして、

「オーナーと店長は、どっちが偉いのか」

ということです。

 

どちらも、店の中での地位は高いのですが、

『立場が似ている』

ことから、混乱してしまう人もいるでしょう。

 

そこで、今回は、

『オーナーと店長の違い』

について解説します。

違いを理解して、店での立ち位置を確認してみましょう。

スポンサーリンク

オーナーと店長の違いとは?

オーナーと店長は、大きな意味合いで見れば、

『どちらも権力を持っている人』

だと言えます。

 

ですが、もう少し詳しく見れば、

『オーナーと店長の立場の違いは明白』

となるのです。

オーナーは『店などを所有している人』

まず、オーナーについて解説します。

オーナーは、簡単にに言うと、

『店などを所有している人』

となります。

 

つまり、

『自分でお金を出して、何かを手に入れている』

ということです。

たいていの場合、人が何かを買うと、

『買ったものは、その人の所有物になる』

のは、当然のことです。

 

オーナーというのは、まさに所有者を指している言葉であり、

『持ち物に関する権利を自由に出来る人』

なのです。

 

例えば、コンビニ経営をしているオーナーは、

『そのコンビニ自体が、所有物』

であり、コンビニ経営に関する全ての権利を持っています。

また、さらに大きなもので言うと、

『プロ野球球団のオーナー』

なども、同じような意味合いがあります。

 

プロ野球球団は、

『オーナーが球団を所有して、その他のスタッフが運営をする』

ようになっています。

 

そして、球団経営が上手くいかなくなれば、

『合併や解散』

などを、オーナーの判断で行うことが出来るのです。

 

オーナーというのは、

『持ち物に対する最高責任者』

であることを覚えておきましょう。

店長は『運営を指揮する人』

次に、店長について解説します。

店長とは、簡単に言うと、

『店舗などの運営を指揮する人』

となります。

 

オーナーが最高責任者なら、店長は、

『現場責任者』

となるのです。

 

そのため、店長は、運営における権利を、

『オーナーから、ある程度委託されている』

と言えます。

例えば、コンビニ運営を行う場合、

  • 在庫の補充
  • 伝票確認
  • シフト決め
  • ディスプレイ決め
  • 採用面接

など、店の運営に関わることを一任されています。

 

また、何かトラブルがあった際、

『現場の責任者』

として、問題解決に努めなければなりません。

 

一般従業員より、出来ることが多い分、

『責任もそれなりに大きくなる』

のが、店長なのです。

 

オーナーと店長の立場は、明確に使い分けられている

オーナー・店長 違い 明確

オーナーと店長について解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『オーナーと店長は、立場に明確な違いがある』

ことが分かります。

 

一般的な構図としては、

『オーナーがトップにいて、その下に店長がいる』

と考えておけば良いでしょう。

ですが、こうした関係性には、

『別のパターン』

もあります。

オーナーが店長を兼任することもある

オーナーは、基本的に、

『店の経営を、店長に任せる』

ことが多いです。

 

そして、自分は何をするのかと言えば、

『店全体の管理』

を行うのです。

売り上げや店舗従業員の状況、新たな店舗開業など、

『経営を少しでも上手く回すために、方策を考える』

ことが、オーナーの仕事となります。

 

ですが、大企業などは別として、

『小規模な店舗』

では、店長だけに店を任せられないこともあります。

その場合、

『店長を兼任して働くこともある』

ため、店にオーナーがずっといることもあるのです。

 

これは、コンビニなどに多く、

『オーナーと呼ばれながらも、店の運営の指揮を出している』

ことはよくあるのです。

 

オーナーだからといって、

『経営を管理するだけではない』

ということを覚えておきましょう。

店長は、変わることが多い

オーナーは、店舗経営における最高責任者なので、

『いなくなるときは、店が潰れるとき』

なのですが、店長に関しては、すぐに変わることがあります。

 

店長という肩書きがあると言っても、結局のところは、

『従業員であることに変わりない』

ため、形としては、オーナーから雇われている身となります。

そのため、店の運営指揮が取れないとオーナーに判断されれば、

『即座に店長を降ろされる』

ことになるのです。

 

そして、そのとき他にいる従業員の中から、

『新たに店長を任命して、店の運営を任せる』

といった形になります。

よく行くコンビニなどを見ていると、

『先週までいた店長が、別の人に変わっていた』

なんてこともあるでしょう。

 

そんなときは、

『店を辞めたか、別の部署へ異動になった』

と思っておいてください。

 

また、店長経験がある人を、

『新規採用で雇う』

こともあります。

 

このように、替えがきかないオーナーに比べて、

『店長は、より適任者に交代することが多い』

ものだと覚えておきましょう。

もし、店長だからといって、

『店舗で好き勝手に振る舞う』

人がいれば、オーナーに報告して、新しい人員を派遣してもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『オーナーあってこその店長』

ということが言えます。

 

何かを経営するには、

『オーナーになる人』

がいなければ、何も始まりません。

オーナーがいて初めて、

『店長という役職』

が生まれるのです。

 

オーナーと店長は、

『兼任していることもあれば、別々である可能性もある』

ため、力関係を正確に理解しておきましょう。

そうすれば、何か問題が発生したとき、

『対策をしっかりと考えられる』

ので、覚えておいてくださいね。

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.