違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

クラギ

音楽の違い

ガットギターとクラシックギターの違いをわかりやすく解説!

投稿日:

「これからギターを始めよう!」

と思っている人はたくさんいると思います。

しかし、ギターってとても種類が多いですよね。

そこで、

「エレキギターはアンプとかそろえるものが多いし…」

という人には、ギター1本で演奏可能なアコースティックギターがおすすめです。

しかし、そのアコースティックギターの中にも

  • フォークギター
  • ガットギター
  • クラシックギター
  • エレアコ

など、たくさんの種類があります。

その違いを知ることで、どのギターを買うかの参考になるでしょう。

そこで今日は、その中でも

ガットギター

クラシックギター

このふたつについて、違いを解説していきます。

スポンサーリンク

ガットギターとは?

まず、『ガットギター』とは、どのようなギターのことを指すのでしょうか。

これを解説しましょう。

ガットギターとは

ナイロン弦のギターのことを指します。

昔は、『羊などの腸を材料』として弦を作っていました。

そのため、『腸』を意味する『ガット』という言葉が使われているのです。

また、ナイロン弦を使用するエレクトリックギターを

『エレクトリックガットギター』

と呼びます。

このように、ナイロン弦を使用していれば、『ガットギター』と呼ぶことが出来るのです。

 

クラシックギターとは?

次に、『クラシックギター』とは、どのようなギターを指すのでしょうか。

クラシックギターとは

クラシックギターとは、

ガット、ナイロンなどの弦が張られたギター

のこと。

その中でも、クラシック演奏に向いたギターのみをクラシックギターと呼ぶこともあります。

このように、クラシックギターとは、ガットやナイロンの弦を用いたギターのことです。

つまり、クラシックギターは、ガットギターの一種なのです。

また、

『その中でも、クラシック演奏に向いたギターのみをクラシックギターと呼ぶこともある』

とあります。

これは、ガットギターの中にはフラメンコに最適化された『フラメンコギター』もあり、区別するためにこう呼ばれるのです。

 

ガットギターの種類

先ほども言った通り、ガットギターには

  • クラシックギター
  • フラメンコギター

の2種類があります。

では、その二つは、どんな違いがあるのでしょうか?

クラシックギターとフラメンコギター

クラシックギターとフラメンコギターは、見た目では違いがほとんどわかりません。

違いがあるのは、主に素材と音です。

素材の違い

クラシックギター⇒ローズウッドやマホガニー(比較的重く硬い)

フラメンコギター⇒メイプルやシカモア(比較的軽く軟らかい)

クラシックギターでは、重く硬い材質、フラメンコギターでは軽く柔らかい材質が使われます。

前者は濃い色、後者は白や黄色っぽい色をしていることが多いです。

音の違い

これらの違いは、それぞれの音楽で

求められる音が違うことが理由

にあります。

  • クラシック⇒音量は大きく深みのある音
  • フラメンコ⇒軽快で歯切れのよい音

が求められるためです。

また、この音の違いに関係している、もう一つの要因が、弦高です。

綺麗で完璧な音を求められるクラシックギター⇒弦高が高め

ジャキッとした音を求められるフラメンコギター⇒弦高が低め

弦高を低くすると、

「ビリビリ」

と弦が、こすれるような音が入りやすくなります。

これを『ビビり音』と呼びます。

普通は、ビビり音は入らないほうが良いのですが、

フラメンコは少しビビり音が入るぐらいの方がちょうど良い

のです。

フラメンコギターならではの素材:ゴルぺ板

フラメンコギターでは、『ゴルぺ』と言う奏法があります。

これは、フラメンコには欠かせない奏法です。

小節のはじめや、アクセントの部分でギターのボディ部分を

「コツ」

と叩くのです。

ボディを叩くため、ギターの表面がどうしても傷んでしまいます。

それを防ぐために、フラメンコギターにはサウンドホールの周りに

『ゴルぺ板』

というものが張られています。

フォークギターでいう『ピックガード』に似ていますね。

スポンサーリンク

まとめ

『クラシックギター』とは、『ガットギター』の一種だと紹介しました。

中でも、『ガットギター』には、『クラシックギター』『フラメンコギター』があります。

ガットギターとクラシックギター

ガットギターとは

ナイロン弦のギターのこと。

クラシックギターとフラメンコギターの違い

素材の違い

  • クラシックギター⇒ローズウッドやマホガニー(重く硬い)
  • フラメンコギター⇒シカモアやメイプル(軽く柔らかい)

音の違い

  • クラシックギター⇒大きく、深い音
  • フラメンコギター⇒歯切れよく、軽快な音

弦高の違い

  • クラシックギター⇒高い
  • フラメンコギター⇒低い

一般的にガットギターというと、クラシックギターのことを連想する人が多いようです。

しかし、ガットギターとは単にナイロン弦を張ったギターのことなのです。

だから、フラメンコギターも含まれるのですね。

クラシックギターもフラメンコギターも、一見すると違いはわかりづらいです。

しかし、音や細かい特徴を見てみると、その音楽性にあった特徴を持っていることがわかります。

この違いを知った上で、ギターの音楽を聞く参考にしてくださいね。

関連記事

-音楽の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.