違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

エレキギター

音楽の違い

エレキギターとアコギの違いをわかりやすく解説!

投稿日:

「これからギターをはじめたい!」

と考えている人の中でも、

『エレキギター』と『アコースティックギター』

どちらを買えば良いか、わからない人も多いですよね。

具体的には、どのような違いがあるのでしょうか?

また、これからギターをはじめようとする人は、どちらから始めたらよいでしょうか?

今回は、そんな疑問を解決するためにエレキギターとアコギ(アコースティックギター)の具体的な違いを解説していきます。

スポンサーリンク

アコースティックギターとは?

アコースティックギターとは、いったいどのようなギターのことを指すのでしょうか。

アコースティックギターとは

電気的な増幅を使用せずに演奏するギターのこと。

『生ギター』とも呼び、

ボディの中で音を共鳴させること

によって演奏する。

この通り、アコースティックギターとは簡単に言えば

『アンプを使用しないギター』

のことを言います。

  • フォークギター
  • クラシックギター
  • フラメンコギター

などは、全てアコースティックギターの一種です。

 

エレキギターとは?

では次に、エレキギターとはどのようなギターなのでしょうか。

エレキギターとは

エレキギターとは、

ピックアップを内蔵し、弦の振動を電気的に増幅して演奏するギター

のこと。

このように、エレキギターとは、簡単に言えば

『アンプを使って音を出すギター』

のことを言います。

ピックアップというマイクで弦の振動を拾い、電気信号にしてアンプから音を出します。

アンプを通さない生音は、かなり小さいです。

 

エレキギターとアコースティックギターの違い

それでは、エレキギターとアコギではどうちがうのかを様々な面からみていきましょう。

ボディの違い

エレキ アコギ

生音で演奏するか電気的に増幅するのかで、

『弦の音をどのように大きく響かせるか』

が違ってきます。

それにより、エレキギターとアコースティックギターでは、ボディが全く違います。

アコースティックギター

ボディは厚く、中は空洞になっている。

『サウンドホール』という音を共鳴させる穴が開いている。

エレキギター

ボディは薄く、空洞でない。

弦の振動を拾う『ピックアップ』というマイクがついている。

弦の違い

また、もエレキギターとアコギでは違いがあります。

アコースティックギター

弦は比較的太さと張りがある。

エレキギター

弦は比較的細い。

アコギは、いかに弦の振動を効率よく振動させるかが重要です。

一方でエレキギターは、ギター本体を振動させる必要は、ほとんどありません。

使用される用途の違い

エレキギターとアコギでは、主に使用される用途も違います。

アコースティックギター

  • ポップスバンドのギターボーカル
  • 弾き語り
  • インストやソロギター

エレキギター

  • ロックバンドのギターボーカル
  • バンドのギタリスト

基本的にアコギは、弾き語りやソロギターなど、

1人で完結することができます。

そのため、ソロで活動するシンガーソングライターなどはアコギを使っていることが多いです。

対して、エレキギターは、

1人で演奏を完結することは難しいです。

よって、基本はバンドを組み、メンバーと一緒に演奏しています。

しかし最近では、動画投稿サイトの『弾いてみた動画』などで、エレキギター1人で活動する場も増えてきましたね。

 

エレキギターとアコギはどちらが初心者向き?

今からギターを始めようとしている人は、これも気になることだと思います。

難易度や消音性

は、どうなのでしょうか。

難易度

アコースティックギター

音を綺麗に出すまでは少し時間がかかる。

しかし、覚えることは多くないのでその後は成長しやすい。

エレキギター

音を出すまでは比較的楽。

しかし、音作りや奏法などの覚えることは多い。

弦の太さや、張りの強さが違うため、弦の押さえやすさが違ってきます。

しかし、弦が押さえやすいエレキギターも、アンプやエフェクターで様々な音作りを学ばなければいけません。

消音性

アコースティックギター

生音は大きいため、自宅での練習は注意が必要。

エレキギター

生音は小さいので自宅でも十分練習できる。

アコギは、どうしても生音が大きくなってします。

夜間などは、周囲に気を遣い、あまり練習できないでしょう。

反対にエレキギターは、アンプにつないでもヘッドフォンなどを利用すれば、周りに迷惑をかけずに練習が出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

エレキギターとアコースティックギターの違い

アコースティックギターとは

電気的に増幅しないギター。

エレキギターとは

アンプを使い、弦の振動を電気信号に変えて音を出すギター。

ボディの違い

アコギ⇒ボディは厚く、中は空洞になっている。

エレキギター⇒ボディは薄く、ピックアップがついている。

弦の違い

アコギ⇒弦は太く、張りは強い。

エレキギター⇒弦は細く、張りは弱い。

用途の違い

アコギ⇒弾き語りなど、1人でも完結することができる。

エレキギター⇒主にバンドで、1人で完結することは難しい。

難易度

アコギ⇒音を出すまでは難しいが、覚えることは少ない。

エレキギター⇒音を出すまでは簡単だが、覚えることは多い。

消音性

アコギ⇒消音が難しく、自宅では練習しずらい。

エレキギター⇒消音性が高く、自宅でも練習しやすい。

エレキギターとアコギで、具体的にこのような違いがあることがわかりました。

また、音を出すまでの難易度に違いはありますが、

基本的には自分のやりたいほう

を始めればよいでしょう。

弾き語りやバンドでの使用など、用途に合わせて、どのギターを買うかを検討してください。

ぜひ、この知識を参考にしてギターを楽しく弾いてくださいね。

-音楽の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.