違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

CEO・COO 違い

その他の違い

CEOとCOOの違いをわかりやすく解説!仕事や役割をチェック!

投稿日:

会社勤めをしている人なら、

『社長や副社長』

がいることは、当たり前のように知っていると思います。

 

ですが、この呼び方は、

『あくまで日本での名称でしかない』

ため、英語では別の呼び方がなされています。

主に、略称として呼ばれるのが、

『CEO・COO』

であり、これらは兼任されていることもあるものです。

 

ですが、英語を使う海外ならともかく、

『日本における認知度は、イマイチ』

という印象が強いと言えるでしょう。

 

そこで、今回は、

『CEOとCOOの違い』

について解説します。

それぞれの言葉を理解して、仕事に役立ててみてください。

スポンサーリンク

CEOとCOOの違いとは何か?

英語表記の言葉というのは、

『日本人にとっては、聞き慣れない面がある』

ため、すぐに意味を理解できないことが多いです。

 

ですが、世界で通用する言語のほとんどが、

『英語』

である以上、意味を知っておかなければならないでしょう。

特に、会社で働く人にとって、

『CEO・COOは、かなり重要な意味を持つ』

ため、確実に覚えておいてください。

CEOは『会社のトップが名乗る名称』

まず、CEOについて解説します。

CEOは、簡単に言うと、

『会社経営におけるトップ』

となります。

 

会社経営の大方針を決める人を意味するポジションであり、

『CEOが出した指示に従って、会社が動く』

と言っても過言ではありません。

ちなみに、CEOの正式名称は、

『CEO(Chief Exective Officer)』

であり、最高経営責任者となります。

 

ですが、最高経営責任者と言っても、

『会社の形態によって、誰がCEOになるかは違う』

ことは、覚えておいた方が良いでしょう。

 

たいていの場合は、社長がCEOとなるのですが、たまに、

『会長職が、CEOとなっている場合もある』

ので、それにより、経営方針も違ってくるでしょう。

どちらにしても、会社の方針を知りたいなら、

『CEOの考えや、やり方』

を、よく見ておく必要があるでしょう。

COOは『会社のトップ2が名乗る名称』

次は、COOについて解説します。

COOは、簡単に言うと、

『会社におけるトップ2が名乗る名称』

となります。

 

会社のトップは、紛れもなく、

『CEO』

なのですが、その次に当てはまるポジションに、COOがあります。

 

COOの正式名称は、

『COO(Chief Operations Officer)』

となり、最高執行責任者の意味があります。

つまり、COOの役目は、

『CEOが決めた方針を、実行する』

ことになるのです。

 

また、実行する者の中でも、

『トップに君臨して、指示を飛ばしていく』

ことが、COOの役割と言えるでしょう。

 

このポジションは、分けられていることもあれば、

『CEOと兼任されていることもある』

ため、会社に入社した際は、まずポジションの確認をしておくとよいでしょう。

 

CEOとCOOには、明確な上下関係がある

CEO・COO 明確な上下関係

CEOとCOOについて解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『CEOとCCOは、兼任又は上下関係にある』

ということが分かります。

 

他にも、

  • CAO(最高総務責任者)
  • CFO(最高財務責任者)
  • CLO(最高法務責任者)

などがあり、それぞれ役割分担をしています。

 

ですが、やはり、

『CEOとCOOが、会社の経営において重要な意味を持つ』

と言えるでしょう。

役割分担は、組織の規模で決めるべき

CEOとCOOは、分けられていることもありますが、

『中小企業などは、兼任の場合が多い』

ものです。

 

兼任の場合、

『方針決めと執行を同時に指揮しなければならない』

ため、少し負担が多くなります。

ですが、そこまで大きな組織でなければ、

『むしろ、兼任の方が動きやすくなる』

こともあります。

 

大企業の場合は、

『方針決めだけに専念しなければ、手が足りなくなる』

こともあります。

また、方針決めに専念することで、

『会社が正しい方向に進んでいるかを把握しやすくなる』

ため、こちらの方が確実な経営を行うことが出来るでしょう。

 

執行する立場は、仕事の流れが把握しやすくなる反面、

『大きな視野で、会社の方向性を見れなくなる場合がある』

のです。

これは、大企業になればなるほど起こりやすくなるため、

『明確な役割分担が必須』

と言えます。

 

それに比べて、中小企業などは、

『規模がそこまで大きくないため、執行役をしながらでも方針決めがしやすい』

ようになっています。

むしろ、動きを間近で把握しておくことで、

『即座に動くことが出来る』

というメリットを、中小企業は受けやすいのです。

 

これらを、もう少し想像しやすくすると、

大企業におけるCEO・COO=軍隊の総司令と副指令

中小企業におけるCEO・COOの兼任=小隊長が指揮する部隊

ということになります。

つまり、

『組織レベルと現場レベルにおける、目線の違い』

です。

 

役割というものは、

『無闇やたらに作らず、組織の規模に応じて変更する』

ようにしなければ、上手く機能しません。

もし、これから就職活動をする人は、

『職場の組織図を見て、無駄な役職がないかを見ておく』

ことで、その会社の経営が見えてくるため、試してみてださいね。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『CEOとCOOは、会社経営における重要な役割を持ったポジションである』

ということが言えます。

 

基本は、

『CEOがいて、COOがその下につく』

ことを、覚えておけば良いでしょう。

ですが、先程も解説したように、

『CEOとCOOを兼任している』

こともあり、これは各会社によって違いがあります。

 

これらの役割分担は、

『経営を上手く回す上で、必須事項』

と言えるでしょう。

上手く役割分担が出来ているかどうかで、

『会社の経営が上手くいくかどうかが決まる』

ため、ぜひ組織図を見てみることをおすすめしますよ。

関連記事
代表取締役・代表取締役社長 違い
代表取締役と代表取締役社長の違いをわかりやすく解説!CEOとの違いもチェック

会社における役職は、 『自分のポジションによって、呼び方が異なる』 ものです。   特に、会社のトップともなれば、 『代表取締役社長』 と呼ばれることも多くなっています。 たいていの場合、会 ...

続きを見る

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.