違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

マンドリン

音楽の違い

マンドリンとクラシックギターの違いをわかりやすく解説!

投稿日:

『マンドリン』

という楽器を知っていますか?

マンドリンとはギターに似た弦楽器で、演奏の仕方も似ています。

クラシック楽器として親しまれ、

『マンドリン部』

という部活動がある学校も少なくありません。

見た目も音も、非常にギターに似たマンドリン。

では、ギターとは具体的に、どのように違いがあるのでしょうか?

今回は、ギターの中でもクラシック音楽によく使われる、

『クラシックギター』

と比較して、違いを解説していきます。

スポンサーリンク

マンドリンとクラシックギターの違いその1:弦の違い

まず、マンドリンとクラシックギターでは、使用されるに違いがあります。

弦の種類

まず、使用される弦の種類は、

マンドリン⇒スチール弦

クラシックギター⇒ナイロン弦

となっています。

スチール弦は、アコースティックギターの中でも、フォークギターなどに使用されるポピュラーな弦です。

弦のコース数

マンドリンとクラシックギターでは、弦を通すコースの数も違います。

その数は、

マンドリン⇒4コース

クラシックギター⇒6コース

となっています。

これはつまり、

同時に鳴らせる音がマンドリンは4つ、ギターは6つである

ということなのです。

そのため、同時に5つや6つの音を鳴らすコードは、マンドリンでは鳴らすことが出来ません。

1コースに張る弦の数

弦の違いで、最も見た目でわかりやすいのは、この違いです。

マンドリンは、

1コースにつき2本の弦を張ります。

これを、

『複弦』

と呼びます。

それぞれのコースの2本の弦は、それぞれ同じ音階にチューニングします。

弦を押さえるときは、2本ともきちんと押さえないとマンドリンらしい音は鳴らないのです。

そのため、マンドリンはギターとは、また違うコツが必要になります。

チューニングの違い

マンドリンは、ギターとチューニングも違います。

一般的なチューニングでは、

マンドリン

1弦⇒E

2弦⇒A

3弦⇒D

4弦⇒G

クラシックギター

1弦⇒E

2弦⇒A

3弦⇒D

4弦⇒G

5弦⇒B

6弦⇒E

となります。

マンドリンは、有名な楽器でいうとバイオリンと同じですね。

弦の張力

弦の張力は、マンドリンの方がクラシックギターより強いです。

そのため押さえるには、マンドリンの方が多少力が要ります。

ギターでは『チョーキング』というテクニックがあります。

これは左手で弦を動かして音程を揺らすものなので、弦の張力の強いマンドリンでは厳しいでしょう。

 

マンドリンとクラシックギターの違いその2:ボディの違い

マンドリンとギター

上記の画像でもわかる通り、マンドリンは、クラシックギターと比べてボディが小さいのが特徴です。

そのため、ボディの大きさが、ほかの部分に影響として出てきます。

フレットの間隔が狭い

ボディが小さいマンドリンは、その影響でネックも短いです。

そのため、フレット間隔も狭くなります。

普段、ギターを弾く人には、マンドリンはなかなか違和感があり、弾きづらいと感じるかもしれません。

しかし、フレット間隔が狭いことで、手の小さい人でも楽に弦を押さえることが出来ます。

時には、

『1フレットと12フレットを同時に押さえて演奏する』

という、ギターでは考えられない奏法をすることもあるのです。

大きさや重さの違い

マンドリンは、クラシックギターよりも全体的に小さいため、場所も取らず、持ち運びがしやすいです。

また、小さいため重量もかなり軽いです。

クラシックギターはだいたい2000g~3000g程度です。

それに対し、マンドリンはだいたい700g~1000g程度。

持ち運んで演奏するストリートパフォーマンスなどにも、マンドリンは向いていますね。

 

マンドリンとクラシックギターの違いその3:音の違い

ボディの大きさに違いがあることにより、音にも違いが出てきます。

音域の違い

マンドリンは、クラシックギターよりもボディが小さいため、音域がギターよりも高いです。

マンドリンの最低音でも、ギターにとっては、かなりの高音となります。

音量の違い

ボディが小さいことは、

共鳴する部分の体積が小さいこと

になります。

したがって、マンドリンはクラシックギターよりも音量が小さくなります。

マンドリンは、自宅など周りへの影響を考えなければならない場所での演奏に向いています。

逆に、大きな会場などでの演奏になればなるほど、支障が出てくるでしょう。

音の伸びの違い

マンドリンはボディが小さく、弦が短いので、

音の伸びはその分、短くなります。

そのため、伸びを補うために

『トレモロピッキング』

などのテクニックも多用されますね。

スポンサーリンク

まとめ

マンドリンとクラシックギター違い

弦の種類の違い

マンドリン⇒スチール弦

クラシックギター⇒ナイロン弦

弦のコース数

マンドリン⇒4コース(複弦)

クラシックギター⇒6コース(単弦)

チューニング(高い音から)

マンドリン⇒E、A、D、G

クラシックギター⇒E、A、D、G、B、E

弦の張力

マンドリン⇒強い

ギター⇒弱い

ボディの違い

マンドリン⇒小さい

ギター⇒大きい。

フレット間隔

マンドリン⇒狭い

ギター⇒広い

重さ

マンドリン⇒軽い

ギター⇒重い

音量の違い

マンドリン⇒小さい

ギター⇒大きい

音域の違い

マンドリン⇒高い

ギター⇒低い

音の伸びの違い

マンドリン⇒短い

ギター⇒長い

マンドリンとクラシックギターの違いを様々な点からみていきました。

見た目以外にも違いがあり、マンドリンは、

ギターとは違う個性を持った楽器

ということがわかったでしょう。

何より、マンドリンはギターより軽く小さいので、より気軽に楽しむことができます。

もしマンドリンに興味を持ったなら、ぜひ一度手に取って楽しんでみてくださいね。

-音楽の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.