違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ウェットティッシュ

その他の違い

ウェットティッシュのアルコールとノンアルコールの違いを解説!

更新日:

手を拭いたり、机を拭いたり、とっさの時に置いてあると便利な

『ウェットティッシュ』

 

「飲み物をこぼしちゃった!」

なんて時でも、ウェットティッシュがあれば、シミになる前に拭き取れますよね。

 

そんな便利アイテムのウェットティッシュですが、スーパーやドラッグストアに行くと、

アルコール

ノンアルコール

この二種類のウェットティッシュがあります。

 

実はこの二つ、成分の『アルコール』だけではなく、目的と効果の特徴に違いがあるのです。

でも、意外と二つの違いを理解せずに使っている人も多いようです。

そこで、当記事ではウェットティッシュの『アルコール』と『ノンアルコール』の違いを解説していきましょう。

スポンサーリンク

ウェットティッシュ『アルコール』と『ノンアルコール』成分の違い

さて、まずはアルコールウェットティッシュとノンアルコールウェットティッシュの

成分の違い

をチェックしてみましょう。

 

言うまでもなく、この二つの違いは、

アルコール入りか、アルコール入りではないか

です。

さらに、その点に加えて、それぞれの成分に特徴があるようです。

アルコールウェットティッシュは『エタノール』がメイン

アルコール入りウェットティッシュの成分は、

エタノール

がメインです。

ウェットティッシュの裏側の成分表示ラベルを見ると、上位2番目か3番目に『エタノール』と書かれています。

もし、アルコール入りかどうか分からない場合は、このエタノールが表示されていれば、

『間違いなくアルコール入りのウェットティッシュ』

ということになります。

一般的な、アルコール入りのウェットティッシュには、

濃度50%未満のアルコール

が含まれています。

ノンアルコールウェットティッシュは『水』『除菌剤』がメイン

一方、ノンアルコールウェットティッシュの成分は、

  • 除菌剤

がメインです。

アルコールが含まれていない分、アルコールによる効果を『除菌剤』によってカバーしています。

また最近では、

『99%純水使用』

といった、成分の全体の99%が純水でできているウェットティッシュも、増えてきています。

 

ウェットティッシュ『アルコール』と『ノンアルコール』目的と効果の違い

さて、アルコールウェットティッシュとノンアルコールウェットティッシュでは、含まれる成分に違いがありましたね。

アルコールの有無だけではなく、ノンアルコールウェットティッシュでは除菌剤や純水99%といった成分が特徴です。

しかし、成分に違いがあるということは、その目的や効果にも違いがあるはず。

そこで、ここからは

アルコールウェットティッシュとノンアルコールウェットティッシュの、目的と効果の違い

をチェックしましょう。

アルコールウェットティッシュは『油分の除去』『除菌』が得意

アルコールウェットティッシュは、アルコールによる油分の除去や、除菌が得意です。

ですから、手早く除菌をすることができ、出先などでも重宝します。

また、お掃除でもアルコールウェットティッシュは、大変便利です。

キッチン周りでは、油分をサッと除去することができます。

アルコールは、揮発性が高く、すぐに蒸発してしまいます。

そのため、跡が残らずに、お掃除・除菌を行うことができるのです。

ノンアルコールウェットティッシュは『低刺激』

ノンアルコールウェットティッシュは、アルコールによる刺激が気になる人に向けて作られています。

アルコールウェットティッシュによる、

  • 手荒れや肌荒れが気になる
  • 臭いが苦手
  • 赤ちゃんやペット周りでの使用が気になる

こんな悩みに合わせて、ノンアルコールウェットティッシュを選ぶ人が増えています。

ノンアルコールウェットティッシュでも除菌力はある

気になるのが、アルコールウェットティッシュとノンアルコールウェットティッシュでの、除菌力の違いです。

やはりアルコールは、除菌に優れています。

しかし、そのアルコールが入っていないとなると、

はなこ
ノンアルコールでは除菌力が劣るのでは?

と、不安になりますよね。

 

でも、安心してください!

 

最近では、ノンアルコールウェットティッシュでも、しっかりと除菌ができるように、除菌剤や天然由来の除菌成分を使用しているものが増えています。

とくに、『99.9%除菌』というものを選べば、アルコールと同等、もしくはそれ以上に除菌効果を得ることができるでしょう。

また、天然由来の除菌成分を使用しているものなら、よりお肌や環境への刺激を少なくすることができますよ。

スポンサーリンク

まとめ

ウェットティッシュの『アルコール』と『ノンアルコール』の違いをチェックしました。

アルコールの成分はエタノール

ノンアルコールの成分は水・除菌剤

この成分の違いから、

  • アルコールは油分の除去や除菌に優れている
  • ノンアルコールは低刺激

と、目的や効果の違いを分けることができます。

 

アルコールは、キッチン周りの油分による汚れや、テーブルのちょっとしたお掃除などに、大変便利です。

しかし、手軽に油分の除去や除菌ができる一方で、手荒れや臭い、赤ちゃんやペット周りでの使用を気にする人が増えてきています。

ですから、

デリケートな場所での使用には、ノンアルコールを選ぶ

と、よいでしょう。

最近では、ノンアルコールでも、除菌剤による『99.9%除菌』といったノンアルコールウェットティッシュもあります。

アルコールとノンアルコール、どちらのウェットティッシュも常備して、今回の知識を知っておけば、とっさの時に使い分けることができますよ。

関連記事
シルコット
シルコット・ウェットティッシュの違いをわかりやすく解説!

最近では、『おてふき』としてのウェットティッシュだけではなく、様々な用途に合わせたウェットティッシュを見かけるようになりましたね。 実際に、家庭やオフィスでウェットティッシュを使い分けている人も多いで ...

続きを見る

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.