違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

オノマトペ

英語の違い

オノマトペの英語と日本語の違いをわかりやすく解説!訳すことは可能?

投稿日:

『オノマトペ』

とは、擬音語や擬態語のことを指します。

 

擬音語は、物が出す音や声を真似た描写です。

擬態語は、状態や心情など、実際には音のしないものを、音によって表した言葉です。

どちらも、私たちにとっては、馴染み深いですよね!

擬音語や擬態語の例

人間や動物の声(ワンワン、コケコッコーなど)

自然界の音や物音(ゴロゴロ、ザーザーなど)

生物・無生物の動きや様子(キラキラ、ニョロニョロなど)

人の心理状態や痛みの感覚(ワクワク、シュンなど)

このようなオノマトペは、日本語だけではなく、実は英語にもあります。

英語で書くと、『onomatopoeia』です。

同じ音や状態を表現するのに、日本語と英語では

れいか
こんなにも違うの!?

と驚くほど違いがありますよ。

 

そこで今日は、オノマトペの英語と日本語の違いをわかりやすく解説します。

さらに、オノマトペを日本語に訳すことはできるのかについてもチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

オノマトペの英語と日本語の違い

オノマトペを、シリーズ別に分けて、英語と日本語の違いをみてみましょう!

ハッとするような表現、思わず笑ってしまうような言い回しに出会えますよ。

人間や動物の声シリーズ

犬のほえる声

日本語:ワンワン

英語:bow wow!

日本語:ウ~

英語:woof

日本語:キャンキャン

英語:yelp

猫の鳴き声

日本語:ミャー

英語:meow、mew

羊の鳴き声

日本語:メ―

英語:baa、maa

ふくろうの鳴き声

日本語:ホーホー

英語:hoot

鶏の鳴き声

日本語:コケコッコー

英語:cock-a-doodle-doo

鶏の鳴き声は、英語と日本語でよく比較対象にされるもののひとつです。

幼児のおしゃべり

日本語:バブバブ

英語:babble

笑い声

日本語:あはは!

英語:ha-ha

日本語:ひっひっひ!

英語:hee-hee

笑い声の表現は、SNSでよく見かけますね。

長々と話す様子

日本語:ペラペラ

英語:blah-blah-blah

人の悲鳴

日本語:キャー!

英語:eek!

自然界の音や様子シリーズ

雷の音

日本語:ゴロゴロ

英語:grumble

何かが水などに落ちる音

日本語:ピチャン、ドブン

英語:plop

星が輝く様子

日本語:キラキラ

英語:sparkle

細かい雨が降る様子

日本語:しとしと

英語:drizzle

生活音シリーズ

鈴が鳴る音

日本語:チリンチリン

英語:jingle

鈍い金属音

日本語:ガチャン

英語:clunk

鐘の鳴る音

日本語:ゴーンゴーン

英語:ding-dong

ding-dong(ディンドン)は、響きがよくて軽快に感じますね。

ドアが勢いよく閉まる音・銃声

日本語:バタン!、バン!

英語:bang!

強く打つ音

日本語:バシ!

英語:bash!

機械の信号音

日本語:ビー

英語:beep

パソコンの警告音や、無線、人工衛星などの発信音に使われています。

人の動作を表す言葉シリーズ

ドキドキ

ドキドキ

拍手をする音

日本語:パチパチ

英語:clap

不平などを言う

日本語:ぶつぶつ

英語:grumble

食べる様子

日本語:むしゃむしゃ

英語:champ、chomp

champやchompは、クチャクチャ食べることではなく、食べる様子を表す擬音です。

しゃっくりをする音

日本語:ヒック

英語:hic

しゃっくりのhicは、日本語に近いですね。

 

オノマトペを訳すことはできる?

日本語のオノマトペを英語に訳すことはできます。

でも、日本語独自のニュアンスをそのまま表現するのは難しい面があります。

 

日本語は世界的に見ても、オノマトペがとても豊富です。

では、英語はどうでしょうか?

 

ワクワク、ドキドキなどの心の擬態語

パタパタや、ヒューヒューなど、足音や風音などの擬音語

これらを英語では、『動詞』で表現します。

 

例をあげてみましょう。

ペチャクチャ話す→chat

イライラする→fuss

ガラガラうがいをする→gargle

They chatted in a restaurant.(彼らはレストランでペチャクチャ喋った)

Stop fussing!(イライラしないで)

I gargle with solt water.(私は塩水でうがいをする)

このように、英語では、日本語の擬態語や擬声語を含めて、動詞で表すことが多くあるのです。

 

では、日本語のオノマトペから英語に訳した例をみてみましょう。

私はとてもドキドキしています。→I am very excited.

私はビクビクしています。→I am frightened.

私はむしゃくしゃしました→I was irritated.

ひろし
なんだか物足りない感じがする

たしかに、ドキドキやビクビクのほうが、臨場感がありますよね!

 

このように、オノマトペは、訳すことはできますが、

ニュアンスや心情の細やかな表現を伝えるのは難しい

といえるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

『オノマトペ』とは、擬音語や擬態語のことです。

日本語にも英語にもオノマトペはありますが、表現が大きく違うことがわかりました。

表現の違いの例

犬の吠える声:ワンワン→bow-wow

羊の鳴き声:メ―→baa、maa

など、動物の鳴き声も、英語と日本語では大きく違います。

その他、

自然界の音

生活音

人の動作音

にも、日本語と英語では違いがあります。

さらに、英語のオノマトペは、

日本語の擬音語や擬態語に変わるものを、動詞で表すことが多い

ことも、違いといえる点です。

 

また、

「オノマトペは訳せるか?」

については、

オノマトペは訳せます。

ただし、

ニュアンスや心情の細かな表現を訳すことは難しい

と言わざるを得ません。

 

ちなみに、音のない静かな状態を表す

『し~ん』

という言葉は、『英語の表現がない』といわれています。

国の違いで、こんなにもオノマトペの表現が違うとは驚きですよね!

関連記事

-英語の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.