違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

リネンシャツ

ファッションの違い

GUとユニクロのリネンシャツの違いを解説!口コミレビューも紹介!

投稿日:

春から夏、秋ころまで活躍する『リネンシャツ』。

  • ちょっと肌寒い時に羽織ったり
  • ジリジリと熱い、真夏の太陽対策にも

シワを気にせず、さらっと羽織れるのが便利ですよね。

毎年GUユニクロでも、春先には『リネンシャツ』が登場します。

ほとんど同じように見えるGUユニクロのリネンシャツですが、

それぞれのリネンシャツには、違いがありました!

GUユニクロのリネンシャツ。

本記事では、その違いを解説していきましょう。

スポンサーリンク

GUとユニクロの『リネンシャツ』違いを解説!

ユニクロのリネンシャツ

ユニクロのリネンシャツ

リネンシャツの値段の違い

GUとユニクロのリネンシャツを比べて、まず最初に気づく違いは、

『値段の違い』です。

GUのリネンシャツ

1,990円+税

ユニクロのリネンシャツ

2,990円+税

ユニクロよりも、GUの方が1,000円安いです!

この1,000円の差には、どのような違いがあるのでしょうか?

次は、素材について確認してみましょう。

リネンシャツの素材の違い

ユニクロ リネンシャツ 高品質なフレンチリネン100%使用

ユニクロ リネンシャツ 高品質なフレンチリネン100%使用

GUのリネンシャツの素材

GUのリネンシャツは、

『リネンブレンドシャツ』です。

れいか
ブレンドということは、リネン100%ではないということ?

そうです。

GUのリネンシャツは、リネンとコットンのブレンドなのです。

ブレンドの割合は、

  • 麻54%
  • 綿46%

GUの公式HPによると、ブレンドの良さは次の通り。

リネンブレンドのポイント

  • リネン特有のチクチクを抑えた、やわらかく優しい気心地
  • オン・オフ問わず活躍
  • 清涼感のある生地は、肌離れがよくサラッと快適

リネンのシャリシャリ感を半減してやわらかくし、コットンのしなやかさにサラッと感をプラスした感じ。

つまり、

リネン100%とコットン100%の中間(いいとこどり)

というイメージですね。

ユニクロのリネンシャツの素材

ユニクロのリネンシャツに使用されているリネンは、

北フランスのノルマンディー地方のリネンを、100%使用

このフレンチリネンは、

『最高品質』と言われるほど、上質なリネンなのです。

だから、とてもさらりとしていて、気持ちの良い肌ざわりです。

上質なリネンシャツは、カジュアルだけでなく、上品にも着こなせます。

GUのリネンブレンドに対し、ユニクロは最高品質のリネン100%で勝負です

この品質で2,990円+税という価格は、他ではありえない安さなのではないでしょうか。

リネンシャツのサイズの違い

シャツのサイズは、とても大切です。

肩幅や身幅によって、着た時のイメージが、かなり変わってきますよね。

サイズは、実際に試着して決めることが、最もおすすめですが、ネットではそれが難しいです。

そこで、参考までに

GUとユニクロでMサイズを比較

してみましょう。

GUのリネンシャツのサイズ

GU 商品サイズ

GU 商品サイズ

GUリネンブレンドシャツのMサイズを見てみましょう。

  • 着丈:68.5cm(65cm)
  • 肩幅:55cm(43cm)
  • 身幅:55.5cm(54cm)
  • 袖丈:50.5cm(56cm)

( )の中は、ユニクロのサイズです。

全体的にGUは、ユニクロよりもゆったりとしているようです。

袖丈は短いですが、その分肩幅が大きく、肩が少し落ちたシルエットになります。

流行りの『ドロップショルダー』というデザインですね。

肩の位置が下がり、ゆるっとした『こなれ感』があっておしゃれです

ユニクロのリネンシャツのサイズ

ユニクロ 商品サイズ

ユニクロ 商品サイズ

次に、ユニクロのリネンシャツのMサイズを見てみましょう。

  • 着丈:65cm(68.5cm)
  • 肩幅:43cm(55cm)
  • 身幅:54cm(55.5cm)
  • 袖丈:56cm(50.5cm)

( )の中は、GUのリネンブレンドシャツのサイズです。

大きく違うのは、やはり肩幅でしょう。

袖丈が長いのは、肩幅が狭くなった分だと思いますが、

GUと比べて幅が狭く、スッキリとしたシルエットです

着丈はGUより短く、ボトムにインしてももたつかず、スッキリ着こなせます。

 

GUとユニクロの『リネンシャツ』口コミレビューを紹介!

口コミ

まずはGUの口コミから見てみましょう。

30代女性

ユニクロのリネンシャツも持ってるけど、1,000円安いGUのシャツと比較しても、全然遜色ないですよ!

1,990円+税という、安さを感じさせない品質ということでしょうか。

いくら安くても、

「いかにも…。」

という残念な品質では、ちょっと買うのは考えてしまいますよね。

その点、GUのリネンブレンドシャツは、心配なさそうです。

20代女性

GUのシャツは大きめなので、Mでもほどよくゆったり目です。

大きめをラフに着るのが好きな私にはちょうど良かったです。

さすが、トレンドをおさえたデザインが魅力のGUです。

大きめのシャツをゆるっと着て、『こなれ感』を出すのが今どきオシャレ。

ポイントは『抜き襟』&『袖まくり』です。

『抜き襟』は、デコルテあたりまでボタンを開けて、襟をうしろにグッと引き下げるだけ。

裾をインする時は、前だけにすると、こなれ感UPしていいですね。

40代女性

リネンにコットンの張り感が加わり、リネン100%の物ほどくったりペラペラしていない!

体の肉感を拾わずスッキリ見えるのが、アラフォーにはうれしいです(笑)

リネン100%ではなく、コットンとブレンドしたGUの『リネンブレンド』。

リネンとコットンのいいとこどりの素材が高評価な口コミもありました。

 

続いて、ユニクロの口コミを紹介します。

30代女性

普段SよりのMですが、ゆるっと着たくてLを購入しました。

ちょうどよく肩も落ちて、今っぽいシルエットになりました。

スカートに合わせてならLでちょうどです。

パンツに合わせて着るならXLでもカッコいいと思います。

ユニクロは、GUと比べて肩幅や身幅が狭いので、

大き目で着たい場合は、ひとつ上のサイズを選ぶと良いかもしれませんね

30代女性

裾の長さが短めなので、ボトムにインしてももたつかないです。

外に出して着ても、ちょうどいい感じで着れます。

吸水・速乾性にとてもすぐれているリネンは、清涼感をキープするのが得意。

だから、さらりと羽織るだけでもさまになるリネンシャツは、とても重宝しそうですね。

40代女性

生地もゴワゴワしていなくて、しなやかでとっても気に入りました。

カラーもたくさんあって悩みましたが、パープルを購入。

肌の色がキレイに見える気がします。

ユニクロのリネンシャツは、豊富なカラー展開も魅力です。

10種類以上あるカラーから選ぶのも、楽しそうですね。

上質なフレンチリネンを100%使用しているので、肌ざわりもなめらか。

高品質なのに低価格だから、色違いで購入したくなってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

GUユニクロ『リネンシャツ』

それぞれの違いをまとめてみました。

GUのココがポイント

  • リネンとコットンのハイブリット
  • ゆったりシルエットで、こなれ感を作りやすい
  • とにかく安い

GUのリネンシャツは、適度なクタッと感で扱いやすく、ゆったりシルエット。

ですから、

流行りのスタイル『抜き襟』『袖まくり』『フロントの裾イン』がしやすいのが特徴です

さらに、お手頃価格で、簡単に『こなれ感』を演出できるリネンシャツですよ。

 

ユニクロのココがポイント

  • 上質なフレンチリネンを100%使用
  • 上品にもカジュアルにも着やすい、定番シルエット
  • 豊富なカラー展開
  • 高品質なのに低価格

ユニクロのリネンシャツは、なんと言っても、

上質なリネン100%のシャツが、低価格で手に入る

というのが最大の魅力でしょう。

そして、程よいゆとりのシルエットで、

上品にもカジュアルにも着こなせ、スタイルを選ばないのが特徴です。

 

GUとユニクロのリネンシャツ。

それぞれの特徴を参考に、お気に入りの1枚を探してみてはいかがでしょうか。

関連記事

-ファッションの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.