違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ターボ・スーパーチャージャー 違い

その他の違い

スーパーチャージャーとターボの違いを解説!メリットとデメリットを比較!

投稿日:

車を購入するとき、

『どんな構造をしているか』

について、こだわりを持っている人が多いです。

 

そして、燃費や走りに影響してくる部分で、かなり重要になっているのが、

『スーパーチャージャー・ターボチャージャー』

となっています。

ターボチャージャーは、『ターボ』と呼ばれることもありますが、どちらも、

『エンジンにパワーを送り込む装置』

としての役割を果たしているものです。

 

ですが、あまり車に興味がない人にしてみれば、

「ターボとスーパーチャージャーの違いが分からない」

という人も多いです。

 

そこで、今回は、

『ターボとスーパーチャージャーの違い』

について解説します。

違いを知って、車選びの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ターボとスーパーチャージャーの違いとは何か?

ターボやスーパーチャージャーと聞けば、

『車をより加速させるための装置』

としての印象があるでしょう。

 

実際には、そのとおりです。

ですが、

『それぞれの仕組みが異なる』

ため、解説していきます。

ターボは『排気によりエンジンの力を向上させるもの』

現在、日本で主流となっているターボですが、簡単に言うと、

『エンジンが出す排気を利用した装置』

となります。

 

通常、エンジンから出る排気は、

『排気口』

から、そのまま垂れ流し状態となっています。

ですが、ターボを搭載した車は、

『エンジンから出た排気を使って、より大きなエンジンパワーを引き出している』

のです。

 

簡単な仕組みとしては、

  1. 車から吐き出された排気を取り込む
  2. 取り込んだ排気でタービンを回す
  3. ターボの出力が上がる
  4. エンジンパワーが上がる

というものになります。

 

つまり、ターボがあれば、

『より効率的に、エンジンパワーを引き出せるようになる』

ということです。

 

また、本来、排気されるはずのものを動力源として使っているので、

『より簡単に出力を上げることができ、エンジンが非力でも問題ない』

というメリットが生まれます。

ですが、誕生当時は、

『一定の数値まで排気が出なければ、エンジンパワーに反映されない』

という問題がありました。

 

この問題に関しては、後でも解説しますが、

『構造の工夫』

によって、今ではかなり改善しています。

スーパーチャージャーは『エンジンの力を使って稼働するもの』

次に、スーパーチャージャーですが、簡単に言うと、

『エンジンの力を使って稼働させるもの』

となります。

 

ターボと違い、エンジンパワーの一部を使っているため、

『走り出してすぐに、その恩恵を受けることが出来る』

というメリットがあります。

特に、元々のエンジンパワーが高ければ高いほど、

『スーパーチャージャーの出力も上がりやすい』

ため、大型車などでは、重宝されていました。

 

ですが、デメリットとして、

『エンジンが高回転になると、稼働効率が悪くなる』

といったものがあります。

 

エンジンパワーを利用しているので、

『その力を、スーパーチャージャーが奪ってしまう』

ために、エンジンを回せば回すほど、力を奪われる比率が上がってしまうということです。

もっと、簡単に二つの違いをイメージすると、

  • 追加でパワーを貰うのがターボ
  • 自分のエネルギーを分けて使っているのがスーパーチャージャー

となります。

 

外部からのエネルギー供給がないので、スーパーチャージャーは、

『どうしてもパワー不足になりがち』

なのです。

 

その分、スタートダッシュが早く、

『低回転でも、難なく加速できる』

ため、一定の速度まで、すぐに上げたい人などにはおすすめだと言えるでしょう。

 

スーパーチャージャーとターボには、メリットとデメリットがある

ターボ・スーパーチャージャー メリット デメリット

ターボとスーパーチャージャーについて解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『後からパワーが出るのはターボ、最初から一定のパワーが出るのはスーパーチャージャー』

ということになります。

 

それぞれの装置は、ともに、

『エンジンのパワーを上げるために作られた』

と言えるものですが、仕組みとしては、かなり違ったものになっています。

次に、

『ターボとスーパーチャージャーの性能比較』

も交えて、違いを解説していきます。

ターボとスーパーチャージャーの性能比較

ターボとスーパーチャージャーの性能比較表は、以下のとおりです。

  ターボ スーパーチャージャー
パワー伝達率/最終パワー 遅い/強い 早い/一定以上は出にくい
動力源 排気 エンジン
向いている車 小型車 中・大型車
容量 小さい 大きい
エネルギー効率 良い 若干悪い

 

この表を見ると、

『小型車にはターボ、大型車にはスーパーチャージャー』

が、それぞれ向いていることが分かります。

 

現在、かなりの数が出ている小型車は、

『効率よくパワーを引き出す』

必要があります。

また、ボディ自体が小さいこともあり、

『要領が小さく、効率的にパワーが出るターボが向いている』

ということになるのです。

 

これに比べて、大型のスーパーチャージャーは、

『エンジンパワーが低く、ボディも小さい小型車には向かない』

のです。

ですが、その反面、

『中・大型車にある強いエンジンなら、スーパーチャージャーの能力を活かせる』

ようになっています。

 

走る場所や、人の好みにもよりますが、

『それぞれのメリット・デメリットを考慮して選ぶ』

ことが、良い車選びの条件だと言えるでしょう。

日本では、ターボ優位となっている

それぞれの違いがある、ターボとスーパーチャージャーですが、

『日本では、ターボ優位』

とされています。

 

というのも、近年の開発により、

『より小型で、低排気量のターボが登場したから』

だとされています。

これは、

『ダウンサイジングターボ』

と呼ばれるものです。

 

今の時代、

『低燃費で、より走る車』

のほうが、全体的な需要が高くなっています。

そのため、排気量が高い中・大型車向きのスーパーチャージャーは、

『ターボに比べて、需要が落ちている』

のです。

 

純粋に、パワーを求めないのであれば、

『より効率的に運用できる方を選ぶ』

のは、当然の流れであり、それが今の主流となっていると言って良いでしょう。

海外では、スーパーチャージャーが使われている

スーパーチャージャーの需要が下がっていると解説しましたが、

『海外では、今でもスーパーチャージャーは使われている』

ことが多いです。

 

有名なものでは、

『ベンツ・ボルボ』

などが、スーパーチャージャーを使っている車となります。

 

これらは、主に、

『欧州・アメリカ』

などで使われ、今後、さらなる発展が見込まれているものです。

今後、どうなるかは分かりませんが、技術の進歩によって、

『小型でエネルギー効率の良いスーパーチャージャー』

が、開発される可能性もあります。

 

そのため、スーパーチャージャーを好んで選ぶ人は、

『今後の動向を、よく見ておく』

ようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『ターボとスーパーチャージャーは、それぞれ全く違う構造をしている』

ということが言えます。

 

エンジンのパワーやエネルギー効率を考える上で、

『ターボやスーパーチャージャーは、欠かせない要素』

となります。

そして、これらの技術が進歩すれば、

『さらに快適な車を手に入れられる可能性』

もあるのです。

 

あまり車に詳しくない人でも、

『ターボとスーパーチャージャーの違い』

を知っておけば、今後の車選びに役立ちます。

ぜひ、今回の内容を活用してみてくださいね。

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.