違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

シルコット

その他の違い

シルコット・ウェットティッシュの違いをわかりやすく解説!

投稿日:

最近では、『おてふき』としてのウェットティッシュだけではなく、様々な用途に合わせたウェットティッシュを見かけるようになりましたね。

実際に、家庭やオフィスでウェットティッシュを使い分けている人も多いでしょう。

ウェットティッシュは、手や口まわりを拭いたり、机のお掃除など、幅広いシーンで大活躍します。

 

そんなウェットティッシュの売り場で、目を引くのが

『片手でポン!で、すぐキレイ!』

のCMでお馴染みの、

『シルコット』

です。

 

さて、シルコットとウェットティッシュの違いとは、どこにあるのでしょうか?

当記事では、シルコットとウェットティッシュの違いを解説していきましょう。

「いつものウェットティッシュにしようか、シルコットにしようか…」

そんな風に迷っている人は、違いを知れば、正しく使い分けることができますよ。

スポンサーリンク

シルコットとウェットティッシュの用途の違い

さて、シルコットとウェットティッシュ、この二つは正確には、用途が少し違うようです。

とくに、シルコットには、用途に合わせた特徴があります。

シルコットは『除菌』がメイン

シルコットの用途は

『除菌』

がメインです。

その中でも、さらに用途ごとに分けられています。

  • 純水タイプ…手口まわり用
  • ノンアルコール除菌タイプ…子供部屋やおもちゃ箱まわり
  • アルコール除菌タイプ…身の回りの除菌
  • 99.99%除菌タイプ…キッチン・テーブル・洗面台
  • 消毒タイプ…見えない手指の菌の消毒

シルコットのパッケージで、ひと際目を引くのが『除菌』の二文字。

シルコットは、ウェットティッシュとしての、汚れを拭き取る役割はもちろん、『除菌』に特化した商品なのです。

ですから、机拭きや水回りのお掃除などに、シルコットを使う人が多いようです。

ウェットティッシュは『汚れを拭き取る』がメイン

一方、一般的なウェットティッシュの用途は、手や口まわりを拭く『おてふき』としての使用が多く、

『汚れを拭き取ること』

がメインです。

商品によって、アルコール入りのものやノンアルコールのものがありますが、どちらも、

油分や汚れを手軽に拭き取ることが、目的

となります。

 

最近では、

『手や口まわりの汚れを手軽に拭き取る』

という目的に加えて、様々な効果がプラスされていますね。

  • フェイス用ウェットティッシュ
  • 純水99%ウェットティッシュ
  • 除菌・消毒用ウェットティッシュ
  • 香り付きウェットティッシュ
  • トイレに流せるウェットティッシュ
  • ペット用ウェットティッシュ

このように、用途に分けて、様々なウェットティッシュが作られています。

 

これは、ウェットティッシュの手軽さから、様々な用途でウェットティッシュを使う人が増えたからでしょう。

筆者も、一般的なウェットティッシュを、キッチン掃除や机拭きに使うことが多くあります。

しかし、実際に使い分けてみると、『おてふき』では得られなかった効果を、他のウェットティッシュでは実感することができます。

 

シルコットとウェットティッシュの除菌・消毒効果の違い

シルコットとウェットティッシの違い1

シルコットとウェットティッシの違い1

さて、シルコットとウェットティッシュでは、

  • 『除菌』
  • 『汚れの除去』

という、用途に違いがありましたね。

ですから、分かりやすく言い換えると、

除菌ウェットティッシュ

ウェットティッシュ

と言うことができるでしょう。

 

この二つの、最大の違いと言えば、『除菌・消毒効果』の違いです。

 

一般的なウェットティッシュの場合、油分や汚れを簡単に拭き取るために、アルコールが含まれています。

アルコールには、除菌効果があるので、

一般的なウェットティッシュにも除菌効果が含まれている

と言えます。

 

一方のシルコットはというと、

99.99%除菌

といった商品が、大変人気です。

一般的なウェットティッシュに比べると、除菌力に優れています。

ですから、汚れを拭き取るためだけではなく、

『日常的に除菌をするためのアイテム』

として使うことができます。

さらに、シルコットには、『消毒ウェット』もあります。

こちらは、消毒成分『塩化ベンザルコニウム』が含まれていて、指定医薬部外品ですので、しっかりと消毒ができます。

シルコットは、ウェットティッシュの手軽さで、除菌や消毒をすることができるのです。

また、用途に合わせて、ウェットティッシュの厚さや紙質も違うので、

はなこ
ウェットティッシュが薄すぎてお掃除がしにくい!

こんな悩みも、シルコットで解決ですね!

スポンサーリンク

まとめ

シルコットとウェットティッシュの違いをまとめました。

除菌力に優れたシルコット

汚れを拭き取るためのウェットティッシュ

このように、二つを区別することができます。

一般的なウェットティッシュには、汚れを簡単に拭き取るためにアルコールが含まれているので、アルコールによる除菌効果があります。

しかし、シルコットの99.99%除菌ウェットや消毒ウェットは、より除菌に特化した商品です。

ですから、シルコットは、汚れを拭くだけではなく、しっかりと除菌を行うことができるのです。

除菌力に優れたシルコットは、身の回りの除菌やお掃除などに使い、ウェットティッシュはおてふきとして使うなど、使い分けるのが良いでしょう。

関連記事
ウェットティッシュ
ウェットティッシュのアルコールとノンアルコールの違いを解説!

手を拭いたり、机を拭いたり、とっさの時に置いてあると便利な 『ウェットティッシュ』   「飲み物をこぼしちゃった!」 なんて時でも、ウェットティッシュがあれば、シミになる前に拭き取れますよね ...

続きを見る

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.