違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

セイノースーパーエクスプレス・西濃運輸 違い

その他の違い

セイノースーパーエクスプレスと西濃運輸の違いをわかりやすく解説

投稿日:

日本の運輸会社は、様々なものがありますが、その中でも、

『西濃運輸』

という名前を、1度は聞いたことがあるでしょう。

 

カンガルーのマークが特徴的なトラックは、西濃運輸であり、

『日本最大手』

との呼び声もあるくらい有名な運送業者となります。

ですが、この会社とよく似たものとして、

『セイノースーパーエクスプレス』

と呼ばれる会社も存在しているのです。

 

この2つは、よく同じものと間違われるのですが、実は

『別々の会社』

だと言えるのです。

 

そこで、今回は、

『セイノースーパーエクスプレスと西濃運輸の違い』

について解説します。

似ている名前のため、しっかりと違いを理解してみてください。

スポンサーリンク

セイノースーパーエクスプレスと西濃運輸の違いとは?

セイノースーパーエクスプレスと西濃運輸は、

『セイノーという言葉が似ている』

ことから、何かしらの関係があるという予測は立てられます。

 

ですが、実際のところ、

『この2つには、明確な違いがある』

ため、分けて考えなければなりません。

セイノースーパーエクスプレスは『元々3つの会社だった』

セイノースーパーエクスプレス

セイノースーパーエクスプレス

まず、セイノースーパーエクスプレスは、

『元々、3つの会社に分かれていた』

のです。

 

その3つの会社とは、

  • 湖東陸運株式会社
  • 伊豆運送株式会社
  • 池袋通運株式会社

となります。

 

これらの会社が、それぞれ運送会社を経営していたのですが、

『平成21年4月24日』

に、セイノーホールディングスに吸収合併されてしまったのです。

ちなみに、セイノーホールディングスに吸収合併される前に、

『西武運輸株式会社』

として、三社合同で営業を行っていました。

 

それから、さらに時が経ち、

『平成26年4月1日』

に、社名をセイノースーパーエクスプレスに変更したのです。

 

これが、

『セイノースーパーエクスプレスの創業から、現在に至るまでの流れ』

となります。

西濃運輸は『セイノースーパーエクスプレスの親会社』

西濃運輸

西濃運輸

次に、西濃運輸について解説します。

西濃運輸は、簡単に言うと、

『セイノースーパーエクスプレスの親会社』

となります。

 

西濃運輸は、

『太平洋戦争開戦とほぼ同じ時期に創業』

した会社であり、日本の輸送を支えた会社の1つとなっています。

 

『輸送』は戦後、戦災復興のために花形業界となります。

西濃運輸は、その将来を見越して、

『定期便』

を考え出し、その読み通り、高速道路を活用した輸送業者をけん引する存在となります。

これには、当時のヤマト運輸社長である小倉社長も

「脅威を感じていた」

と言います。

 

この時の定期便は、

『東京ー大阪間』

でしたが、次第に全国へと事業展開を進めていったのです。

 

カンガルー便などは、西濃運輸を代表する事業であり、その他にも、

  • カンガルー国際便
  • 引っ越しサービス
  • ソリューション(物流最適化の提案)

などの事業を展開しています。

 

これらのように、日本における輸送事業は、

『西濃運輸から、本格的な進化を遂げていった』

と言えるでしょう。

 

セイノースーパーエクスプレスと西濃運輸は、似て非なるもの

セイノースーパーエクスプレス・西濃運輸 似て非なるもの

セイノースーパーエクスプレスと西濃運輸について解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『西濃運輸の下に、セイノースーパーエクスプレスがある』

ということが分かります。

 

この2つの会社は、

『明確な上下関係が構築されている』

のです。

このことを知っておけば、

『セイノースーパーエクスプレスと西濃運輸が、全く違うもの』

ということが分かるでしょう。

親会社と子会社の関係であるため、事業は西濃運輸が舵を取っている

別々の会社だった、セイノースーパーエクスプレスと西濃運輸ですが、

『西濃運輸がセイノースーパーエクスプレスを子会社化した』

ため、会社としての舵取りは西濃運輸が握っていることになります。

 

特に、社名にもあるように、

『セイノースーパーエクスプレスは、輸送業に重きを置いている会社』

のため、そちらの部門に力を入れるように、西濃運輸から指示が出ていると推測されます。

 

実際、セイノースーパーエクスプレスの事業内容として、

  • 国内輸送事業
  • 海外輸送事業
  • 専門・特殊輸送事業

などがあり、これらのサービス向上に力を入れています。

 

普通、親会社が子会社を作るのは、

『免税を受けたり、グループ拡大を行う』

ためとされます。

その中でも、西濃運輸は、

『主流である輸送業を、さらに拡大させる』

という目標があり、そのために、セイノースーパーエクスプレスがあるとも言えるのです。

 

現に、セイノースーパーエクスプレスという社名に変更になった理由は、

『以前の西武運輸株式会社より、こちらの方が西濃運輸としての事業名に相応しい』

からだとされています。

 

西武運輸(現セイノースーパーエクスプレス)としては、

『以前は別会社だったところから、社名を変更されるのは不本意』

かもしれません。

でも、これが親会社と子会社の差というものなのです。

 

今後、もしセイノースーパーエクスプレスと西濃運輸の違いを聞かれた際は、

『西濃運輸が親会社で、その子会社がセイノースーパーエクスプレス』

というふうに説明するようにしましょう。

とは言っても、

『元々同じ運輸会社なので、そこまでやることが変わるわけではない』

ことも、併せて覚えておくと良いですよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『セイノースーパーエクスプレスと西濃運輸には、明確な上下関係がある』

ということが言えます。

 

名称だけ見ると、

『スーパーとついている方が、立場が上』

だと感じるかもしれません。

ですが、よく調べて見ると、

『全く立場が違う』

ことに気付くことが出来ます。

 

名称というものは、

『聞く人の印象だけで、価値を決めてしまうことがある』

ものです。

ですが、しっかりと調べてみることで、

『本当の関係性が見えてくる』

ものなのです。

今回の内容以外でも、

『名称に騙されない』

ように、気を付けておくことをおすすめします。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.