違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

日本語と英語

英語の違い

日本語と英語の違いを文法/表現/発音を比較してわかりやすく解説

投稿日:

日本語と英語は、

たろう
似ているところがない!

と言い切ってもいいくらい、違いが大きい言語です。

 

日本語と英語の、もっとも大きな違いは

文法

表現

発音

ですね。

この違いは、日本人が英語の習得を難しいと感じる原因にもなっています。

 

また、『英語を話す』ということは、

英語で発想する

ということです。

実は、この発想の仕方も、日本語と英語では大きな違いがあります。

文法や表現、発音の違いなどを知るうちに、日本語と英語の発想の違いに気づくことも多いでしょう。

 

そこで今日は、日本語と英語の違いを文法/表現/発音を比較してわかりやすく解説していきましょう!

スポンサーリンク

日本語と英語の文法の違い

文法

文の構造の違い

言語の分類では、

日本語は、

SOV型

です。

S(主語)+O(目的語)+V(動詞)のように、動詞が最後にきます。

対して、

英語は、SVO型です。

S(主語)のすぐ後に、V(動詞)がきています。

このように、基本的な文の構造に違いがあります。

英語は主語と冠詞を省かない

英語は主語を省略しない

日本語は、主語を省いても意味が通じます。

しかし、英語は、絶対に主語が必要です。

日本語:猫が好きです。

主語がなくても、充分に意味が通じますね。

これを英語にすると…

英語:I like cats.

となりますが、

主語をとって、like catsにしたら、英語の文章として成り立ちません。

英語は冠詞が必要

主語と同様、

英語では冠詞を省きません。

対して、

日本語には冠詞の概念がありませんね。

 

英語の冠詞には、『a/an』『the』があります。

冠詞によって、

物の数をはっきりさせたり、物を限定すること

が、英語では重要です。

日本語:私はペンを持っています。

英語:I have a pen.

この文章の冠詞は、『a』ですが、これは"一本の"ということを表しています。

英語は、主語が変わると動詞も変わる

日本語:彼は野球が好きです。

日本語では、主語が、『私』でも、『あなた』でも、『彼ら』でも、動詞は『好きです』を使います。

主語によって変わりません。

では、英語ではどうでしょうか?

英語:He likes baseball.

英語では、

I like baseball.

My father likes baseball.

They like baseball.

このように、三人称単数の場合は、動詞に『s/es』がつきます。

 

この他にも、

日本語は、語順の入れ換えが自由にできる。

英語は、否定疑問文の返事の仕方が違う。

など、日本語と英語では違うルールがたくさんありますよ!

 

表現の違い

Thank you

Thank you

日本語と英語の表現の特徴として

『日本語は、曖昧さを大事にする』

『英語は、明確さを大事にする』

という点があります。

この違いは、国の文化の影響を大きく受けています。

 

日本人は和を重んじるため、議論に慣れていない。

英語圏の人たちは、自分らしくいることに誇りを持ち、自己を主張する。

これは、よく比較されることですね。

日常の表現でも、この違いが表れています。

贈り物をする時の表現

日本語:つまらないものですが、どうぞ。

英語:This is a gift for you. I hope you like it.(贈り物です。気に入ってくれるといいな)

最近は日本でも、『つまらないものですが』という表現は敬遠されがちです。

ただ本来は、

日本人の奥ゆかしさ

からきた表現ですね。

謙譲語の表現

日本語:~させていただきます。

英語:I am happy to do.(喜んでやります)

そういえば、英語圏の人がへりくだるのって、滅多に見かけませんね。

語尾を省略する表現

日本語:すみませんが、今日は風邪がひどくて・・・

英語:I wii be absent today as I have a bad cold.(風邪がひどいので休みます)

日本語は、「休みます」を省略していますが、これで相手も、ほぼ察してくれます。

でも、英語で、「I have a bad cold」だけでは、『風邪をひいていること』の報告で終わりそうです。

英語では、明確に告げないと伝わらないことが多いので気をつけましょう。

みさと
確かに、日本人は察することが得意ですよね

 

発音の違い

英語

英語

母音と子音の音が違う

英語は、子音が単独で音になる言葉

日本語は、母音で終わる言葉

という点で、大きく違います。

 

日本語の例をあげてみましょう。

『山』は、ローマ字で書くとYAMAふたつの音節に分かれています

YAも、MAも、母音、この場合は『A』で終わりますね。

 

対して、英語は、ほとんどの言葉が子音で終わります。

『Stop』は、SPが、母音を伴わず、子音だけで音として成立しています。

カタカナでは、『ストップ』と表現されてしまいますが、最後の『プ』は、『P+U』ではなく、母音のない『P』のみの音です。

英語は音が繋がっている

日本語はひとつひとつの音を発音します。

対して英語は、次に来る言葉が母音の場合、単語同士を繋げて発音します。

これは、英語のリスニングを難しくする原因のひとつといえるでしょう。

get out(外へ出る)

日本人は、『ゲットアウト』と発音しがちですが、英語では『ゲラウト』のように繋げて発音します。

I got it.(分かった)

『アイ ガット イツ』と離して発音せず、むしろ『アガリ』と聞こえるくらいに繋げます。

スポンサーリンク

まとめ

日本語と英語はこんなにも違います!

文法の違い

  • 文の構造が、日本語はSOV型、英語はSVO型。
  • 英語は、主語と冠詞を省略しない。
  • 英語は、主語が変わると動詞の形が変わる。

S=主語・O=目的語・V=動詞

表現の違い

  • 日本語は、曖昧さを大事にする。
  • 英語は、明確さを大事にする。

発音の違い

  • 日本語と英語では、母音と子音の音が違う。
  • 英語は、音が繋がっている。

日本語と英語の違いは、そのまま

国民性の違い

に結び付きそうです。

言語にも、国民性にも違いがあるということを意識しておくと、英語圏の人と話す時に役立ちますよ!

-英語の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.