違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

タクシー

その他の違い

ハイヤーとタクシーの違いをわかりやすく解説!料金や仕事内容をチェック

投稿日:

移動の手段として、タクシーを使ったことがない人は少数派ですよね。

  • 急いでいるとき。
  • 駅から遠く、道順もよくわからないとき。
  • ケガや病気で歩くことがしんどい時。
  • 雨や雪に濡れたくないとき。

他にも様々な場面で、人はタクシーを使います。

このタクシーによく似た乗り物に『ハイヤー』があります。

名前くらいは知っているものですが、実際に『ハイヤー』を利用したことがある人は、タクシー利用者に比べると、グッと少なくなるでしょう。

はなこ
ハイヤー?黒塗りの緑ナンバーの大型セダンだよね?

タクシーとの違いはなに?

こんな風に思う人が、大半を占めるでしょう。

そこで、ハイヤーとタクシー、この二つの違いは何なのか。

わかりにくい、この二つの違いを分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

料金で見るタクシーとハイヤーの違い

まず料金について、タクシーとハイヤーの支払い方法や金額に、どのような違いがあるのか見てみましょう。

タクシーとハイヤーの支払い方法

タクシーの場合、各地の運輸局による

『一般乗用旅客自動車運送事業(タクシー)の自動認可運賃等』

で定められています。

適用地区、タクシー会社ごとに認可された料金が適用され、乗客はメーターに表示された金額を降車する際に、ドライバーに支払います。

これに対してハイヤーの場合は、時間貸切となるため、料金メーターが存在しません。

予約時に料金を確認し、契約という形で、あらかじめ定めた料金を、後日、ハイヤーの営業所に支払うことになります。

タクシーとハイヤーの利用料金

次の条件をもって、料金を解説していきます。

走行条件

  • 羽田空港から成田空港までの利用
  • 平日の日中
  • 道路は空いている(渋滞は無し)
  • 距離は約80㎞(このうち77㎞が高速道路、3㎞が一般道)

タクシーの利用料金

東京のタクシー料金の初乗り410円(1.052㎞)+80円(237mごと)×約79㎞

約28,000円(+高速道路の通行料)

ハイヤーの料金(会社、車種によって異なります)

実車(乗客を乗せて走っているとき)料金が、タクシーの約1.3倍

=約36,000円

+回送(営業所から羽田空港と、客の降車後の成田空港から営業所)料金

=実車の半額 =18,000円

約54,000円(+高速道路の通行料)

 

このように、料金だけ見ても、タクシーとハイヤーでは、かなりの違いがあるものです。

料金の差に見合ったメリットが利用者にはあるのでしょうか?

次は、そのあたりを仕事内容からみてみましょう。

 

仕事内容で見るタクシーとハイヤーの違い

タクシーとハイヤーでは、2倍近い料金の違いがある以上、乗客に提供されるサービスには料金に見合った違いがあります。

その違いを一言で表すと

「運転手の仕事内容とサービスの質の違い」

になります。

具体的には、

乗降車時のサービス

タクシー

⇒半自動のドアを運転手が操作して開け閉め。

乗客は自分で安全確認をして、乗り降りする。

ハイヤー

⇒運転手が周囲の安全に注意を払って、ドアの開閉を行う。

洗車

タクシー

⇒運転手は1日1回、業務終了時に洗車する。

ハイヤー

⇒運転手は乗客を降ろすと、次の乗車にそなえて洗車する。

 

雨上がりの直後でも、クルマがびしょびしょに濡れているハイヤーを見かけることはほとんどありません。

雨の中を走った後でも、雨が上がればハイヤーのドライバーは、必ず車についた水滴をふき取っているのです。

雨上がりに、丸の内周辺を歩いてみれば、

『黒塗りのハイヤーだけが濡れていない』

という不思議な光景を目にすることができるはずです。

ちなみに、ハイヤーのドライバーが、必ず白い手袋をつけているのは、見た目の高級感を演出する目的以外もあります。

それは、ドアやトランクに自分の指紋を着けないようにして、洗車の手間を軽減する目的があるのです。

運転

タクシー

⇒乗客を早く目的地に送り届けることが優先される運転

ハイヤー

⇒乗客を快適に目的地に送り届けることが優先される運転

 

車種

これらのほかにも、見た目にわかりやすい点として、タクシーとハイヤーに使用される車両の違いです。

タクシー

⇒プロパンガスを燃料として走るタクシー専用車両が中心

ハイヤー

⇒クラウン、センチュリー、ベンツ等の高級セダンが中心

スポンサーリンク

まとめ

少し説明が長くなりましたが、タクシーとハイヤーの違いを短くまとめると、

リーズナブルな料金で、なるべく早く目的地まで移動することがタクシーの目的。

上質な空間で、快適に目的地まで移動することがハイヤーの目的。

 

目的を達成するために、タクシードライバーに求められる最も大切なスキルとして、

交通渋滞していても、なるべく早く乗客を目的地まで送り届けるための道路の知識

が挙げられます。

一方で、ハイヤーのドライバーに求められるスキルは、

  • 乗客を快適に過ごさせる接客
  • 発進や停車を乗る人が気づかないほど丁寧な運転

になります。

さらに短く、一言でハイヤーとタクシーの違いをわかりやすく表現すると、

「お客さんを乗せるのがタクシー、お客さんのお客さんを乗せるのがハイヤー。」

と言えるでしょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.