違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

楽天スーパーポイント・楽天ポイント 違い

その他の違い

楽天ポイントと楽天スーパーポイントの違いをわかりやすく解説!

投稿日:

普段、買い物に行く際、よく名前を聞く中に、

『楽天市場』

があります。

 

『楽天市場』は、楽天が運営しているネットショップであり、買い物をすると、

『楽天スーパーポイント』

が付与されます。

そのため、買い物をする毎にポイントが貯まり、

『次に買い物をするとき、割引できる』

ようになるのです。

 

このように便利な楽天スーパーポイントですが、度々、

『楽天ポイント』

と呼ばれるときがあり、違いが分からなくなっている人もいます。

 

そこで、今回は、

『楽天スーパーポイントと楽天ポイントの違い』

について解説します。

何が違うのかをしっかりと把握して、正しい認識を持つようにしてみてください。

スポンサーリンク

楽天スーパーポイントと楽天ポイントの違いとは?

楽天スーパーポイントと楽天ポイントは、

『どちらもポイントを表す言葉』

となります。

 

そのため、大抵、

『どちらも同じように使われている』

ので、これがさらに違いを分からなくさせていると言えるでしょう。

ですが、

『この2つの言葉を調べると、意味の違いがはっきりしている』

のです。

楽天スーパーポイントは『楽天が正式に使っている名称』

まず、楽天スーパーポイントについて解説します。

楽天スーパーポイントは、簡単に言うと、

『楽天で正式に使われている名称』

となります。

 

そのため、楽天のポイントを呼ぶときは、本来、

『楽天スーパーポイントと呼ぶのが正しい』

ということなのです。

これまで、

『CMやホームページ、各種広告』

で宣伝されていて、本来ならこの名称が使われなければなりません。

 

ですが、あまり使われていない現状があり、これは、

『名称が少し長い』

ことから来ていると言えます。

名称が長いと、それだけ、

『読むときの負担が大きくなる』

ため、気軽に使うことが出来ないのです。

 

そのため、正式名称であるにも関わらず、

『楽天スーパーポイントと呼ばれることが極端に少ない』

ものとなっています。

楽天ポイントは『あくまで略称として使われている名称』

次に、楽天ポイントについて解説します。

楽天ポイントは、簡単に言うと、

『楽天スーパーポイントの略称』

ということが言えます。

 

そのため、楽天ポイントだと思われていたものは、

『全て楽天スーパーポイントだった』

ということになるのです。

ですが、これが分かったところで、

『どちらも同じものを意味している』

ため、特に問題なく使われていたということになります。

 

実際、楽天スーパーポイントよりも、

『楽天ポイントの方が呼びやすい』

ことは確かです。

楽天ポイントの方が、楽天スーパーポイントよりも、

『すぐに呼ぶことが出来る』

という点も、楽天ポイントという名称が広まった要因だと言えるでしょう。

 

ですが、楽天ポイントという名称が広まってしまった結果、いつしか、

『楽天スーパーポイントと楽天ポイントには違いがある』

と考えられるようになったため、その違いを知りたいと考える人が出てきてしまったのです。

 

楽天ポイントとして呼ばれることが、圧倒的に多い

楽天ポイント 認知度高い

楽天スーパーポイントと楽天ポイントの違いについて解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『どちらも同じものを指す言葉だった』

ということが分かります。

 

また、これら2つの名称は、

『楽天ポイントの方が、圧倒的に呼ばれやすい』

ものとなっており、正式名称である楽天スーパーポイントが使われない現状があるのです。

後々『スーパー』が名称から外されるかもしれない

正式名称より、略称の方が使われやすい楽天のポイントですが、この名称が、

『近いうちに変更になる』

という噂があります。

 

はっきりした発表はないのですが、楽天と提携している、

『JCB』

という会社の中では、略称である楽天ポイントが使われているようです。

これが、

『JCBの記載間違え』

である可能性もありますが、提携会社ですら、正式名称を使わないことがあるのは確かです。

 

そのため、楽天は、

『近々、略称を使い始める』

という可能性が、全くないとは言えないでしょう。

 

あくまで憶測の域を出ない話ではありますが、

『略称の方が、世間に浸透している』

ことは、ほぼ間違いないため、今後の動きに注目してみてはいかがでしょうか。

楽天スーパーポイントと楽天ポイントは『同じもの』だと認識しておく

楽天スーパーポイントと楽天ポイントは、

『それぞれ同じ意味である』

ことは、これまでの内容でよく分かりました。

 

また、あくまで略称となる、

『楽天ポイント』

の方が、世間に認知されていることも確かな事実だと言えます。

ですが、それでも、

『現時点、正式名称は楽天スーパーポイントである』

ということは、忘れないようにしておきましょう。

 

今後、楽天本社が、

『世間の認知度を鑑みて、楽天ポイントに名称を変更する』

かもしれませんが、今はまだその動きは見えません。

そのため、これからも楽天スーパーポイントという名称が、

『正式に使われる』

ため、他の人に説明する際も、この違いをよく伝えておくことをおすすめします。

 

意図して名称が分かれたわけではないとはいえ、

『それぞれの名称が同じ意味を表す』

ことを認識しておけば、違いをわざわざ探す必要もなくなります。

正しい認識をして、違いを探すことのないようにしてみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『楽天スーパーポイントと楽天ポイントは、意図せず分けられた言葉』

ということが言えます。

 

言葉というのは、

『世間に間違って伝わる』

ことが多いため、いつの間にか、全く違う意味を持っているときがあります。

楽天スーパーポイントなどは、その最たる例であるため、

『意味を確実に調べて、言葉の意味を正しく理解する』

ことが重要になります。

 

これから先、このような意味の違いを正しく理解するためにも、

『意味を調べる癖をつける』

ようにしてみてはいかがでしょうか。

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.