違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

マンション

雑学

賃貸マンションと賃貸アパートの違いって何?日本と海外で意味は違うの?

投稿日:

どこかに引っ越しをする際、

『賃貸マンションや賃貸アパートを借りる』

人は多いでしょう。

 

不動産屋に聞いたり、ネットに掲載されている物件を探したりなど、

『自分が希望する条件に合致した場所』

を選ぶと思います。

ですが、このとき、

「マンションとアパートの違いが分からない」

と感じる人も多いのです。

 

確かに、当たり前のように使っている言葉ですが、

『違いについては、あまり知られていない』

ことは、よくあります。

 

そこで、今回は、

『賃貸マンションと賃貸アパートの違い』

について解説します。

しっかりと違いを理解したい人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

賃貸マンションと賃貸アパートの違いとは?

賃貸マンションと賃貸アパートの違いを解説していくのですが、結論から言うと、

『この2つに、明確な違いはない』

ということが言えます。

 

そもそも、マンション・アパートという呼び方は、

『日本で独自解釈された言葉』

となっています。

また、明確な違いについても、

『正式な規定がない』

ため、意味合いとしては同じものなのです。

賃貸マンションの大まかな意味合い

マンションとアパートが、ほぼ同じ意味合いだと解説しました。

ですが、実際のところ、

『マンションとアパートなら、マンションの方が良い』

という認識が、一般的になっています。

 

この認識に関しては、

『概ね間違っていない』

ため、これからも、その認識で構いません。

ですが、マンションと呼ばれる建物には、

『各不動産屋で決められた基準』

が適用されていることを、覚えておきましょう。

 

法律的にも、明確な規定がないマンションは、

『不動産屋がマンションと判断すれば、それがマンションになる』

のです。

 

また、それぞれの会社によって基準の違いはありますが、概ね、

  • 3階建て以上
  • 鉄骨コンクリート造
  • 鉄筋鉄骨コンクリート造
  • 軽量気泡コンクリート造

などが、マンションと呼ばれる基準になっています。

 

鉄筋や鉄骨を使っている建物というのは、一般的に、

『丈夫な造りをしている』

と考えられています。

実際、丈夫であることがほとんどで、

『耐震・耐熱・防音』

など、様々な面で優れています。

 

その分、

『家賃が高い』

という側面もあるので、簡単に住むことが出来ない人もいるようですね。

賃貸アパートの大まかな意味合い

次に、賃貸アパートの大まかな意味合いについて解説します。

賃貸アパートも、賃貸マンションと同じように、

『正式な規定がない建物』

となります。

 

その為、アパートと判断される基準は、

『各不動産屋が、それぞれの基準で決めている』

のです。

その大まかな基準は、

  • 2階建て
  • 軽量鉄骨造
  • 木造

となっています。

 

ちなみに、軽量鉄骨造とは、いわゆる、

『プレハブ』

のことを指しており、よく使われているものとなります。

賃貸マンションの、鉄筋コンクリート造と比べて、

『簡単な造りになっている』

のが特徴です。

 

ですが、簡単な造りであるがゆえに、

『耐震・耐熱・防音性能が低い』

というデメリットもあるのです。

それでも、アパートが未だに選ばれるのは、

『家賃が安くなる』

からだと言われています。

 

賃貸マンションに比べて、賃貸アパートは、

『家賃が、全体的に低い傾向がある』

ため、誰でも気軽に入居できるのです。

多少、建物が古くなっていることもありますが、

『少しでも節約をしたい』

人には、おすすめと言えるでしょう。

 

日本と海外では、マンションの意味が異なる

建物

賃貸マンションと賃貸アパートの違いについて解説しました。

明確な基準がなく、あくまで不動産屋の裁量で決められているものですが、実は、

『海外では、かなり意味合いが異なる』

ものとなります。

海外でのマンションは、大豪邸をを指す

先程解説したように、マンションやアパートは、

『日本が独自の意味合いを持たせて使っている』

言葉となります。

 

ですが、これはあくまで、

『日本だけで通じる意味』

であり、海外の人には、別の意味合いで捉えられることがあります。

 

海外におけるマンションという言葉は、

『大豪邸』

を意味するものなのです。

例えば、日本人が、知り合いの外国人に、

「マンションを借りた」

と話せば、相手は

「大豪邸に住んでいるのか?」

と考えてしまいます。

 

この話は、実際によく起こっているものであり、気を付けておかなければ、

「この人は、大豪邸に住める大金持ちなんだ」

と誤解を受けることにもなりかねません。

 

アパートに関しては、英語でapartment(アパートメント)と読み、意味が、

『一世帯分の区画』

という意味で使われています。

つまり、

『人が住むための部屋』

を指しているため、マンションよりは誤解を受ける確率が減ります。

 

その為、もし海外の人に、アパートかマンションの説明をするときは、

『マンションを使わず、apartment(アパートメント)を使う』

ようにすることをおすすめします。

そうすれば、認識の違いを避けることが出来るでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『賃貸マンションと賃貸アパートの違いは、明確には決まっていない』

ということが言えます。

 

法律的にも、

『マンションとアパートの違い』

は明確にされず、各不動産屋の基準で決められているのが現状です。

ですが、意味合い的には、

『家賃は高いが構造上、丈夫なものがマンション、家賃は安いが造りが少し弱いものがアパート』

と考えておけば、まず問題ありません。

 

たまに、

『造りが雑なマンションや、造りがしっかりしているアパート』

も存在するため、部屋選びをするときは、しっかり確認することをおすすめします。

関連記事
部屋
アパートとマンションの防音の違いをチェック!静かなのはどっち?

アパートやマンションを選ぶときに、よく気にするポイントとして、 『防音』 を挙げる人がいると思います。   隣の部屋の音が響いてきて、 「うるさいなぁ」 と感じる経験をしている人は多く、日々 ...

続きを見る

-雑学

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.