違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

了解

その他の違い

了解と承知と了承の違いをわかりやすく解説!正しい使い分けをチェック

投稿日:

あなたが、勤め先やバイト先で指示や命令を受けたとしましょう。

上司「この資料なんだけど、すぐコピーしといて」

このような場面で、正しい受け答えができていますか?

いつも通りに、

「わかった」

なんて言ってしまったら、アウトですよね?

では、

「了解しました」

というのはどうでしょうか。

実は、これも好ましくありません

日本語は敬語という複雑な言葉の使い方があります。

今回は『了解、承知、了承』の使い方について解説していきます!

スポンサーリンク

了解、承知、了承の違いを簡単に言うと?

了解

まずは了解、承知、了承の違いを簡単にまとめます。

了解

  • 相手の指示を理解したうえで、認める(丁寧語)
  • 目下や同僚にはOK

承知

  • 事情を知った上で、承諾すること(謙譲語)
  • 目上や取引先にOK

了承

  • 相手の指示を理解したうえで、認める
  • 承認のニュアンスが強め
  • 目下や同僚にはOK

となります。

それでは、それぞれについて内容を見ていきましょう。

 

了解の意味

三つの中で、もっとも使いやすい言葉が、この『了解』になります。

了解の意味としては、

『事情を理解して飲み込んだうえで、そのことを認める』

といったものになります。

つまり、二段階に分かれるのです。

了解の使い方

比較的頻繁に使う『了解』ですが、基本的には

『自分よりも目上の人に使うのはNG』

となります。

細かいことを言えば、本来は失礼には当たりません。

しかし、近年のビジネスマナー上では、

『適切でない』

とする場合が、増えてきています。

『了解+致しました』

は、『致しました』によって謙譲の意味が付き、自分がへりくだった意味になります。

しかし、この場合でも『了解』を使っている以上、目上の人には使わないのが無難です。

なので、

『了解しました』

『了解いたしました』

は、目下の人や、同僚相手に使うようにしましょう。

 

承知の意味

次に『承知』についてです。

承知の意味は、

『事情を知ること+承諾すること』

ということで、了解と似ています。

しかし、大事なポイントは

『目上の人に使うことができる』

という点です。

むしろ、ビジネスシーンでは、

『かしこまりました』

と同様に、目上の人や取引先に使うことが推奨されています。

なぜ目上に使うことが可能なのでしょうか?

承知は『聞く』の謙譲語

『承知』という言葉は、『聞く』の謙譲語だからです。

謙譲語というのは、『自分がへりくだった立ち位置になる』言葉です。

そのため、結果として相手を立てるので、承知は目上に使えるのです。

ここで、参考程度に敬語の三種類をまとめておきます。

敬語の三種類

敬語には三種類あります。

尊敬語

相手を高める表現

例:おっしゃる

謙譲語

自分を低める表現

例:申し上げる

丁寧語

普通に丁寧な表現

例:言います

 

了承の意味

三つ目は、『了承』です。

了承の意味は、

『相手の申し出を理解して、認めること』

です。

了解と了承の違い

これだけだと、了解と了承は同じに見えますが、

了承のほうが『承諾』のニュアンスが強いです。

そのため、了解にも増して、目上の人には失礼になります。

つまり、「了承しました」というと、

「あなたの申し出を認めてあげましょう」

という感じになってしまいます。

「お前は何様のつもりだ!」

となってしまいますよね。

了承の使い方

そのため、使うときは了解と同様に

『自分よりも目下、同等の人』

に対して使いましょう。

また、主語が相手の場合は、使うことができます。

例:(こちらが取引先に対して)「あらかじめご了承ください」

この場合は、了承するのは相手ですよね?

相手からすると、こちらは目下ですから、使い方として間違っていないというわけです。

 

『了解』『承知』『了承』の場面ごとの使い方

了解

ここまで三つの言葉の内容を解説してきました。

では、具体的な場面設定をして、それぞれの使い方を確認していきましょう。

了解の使用例

部下(目下)から「本日は○○社に営業に行きます。」と連絡が来たとき

→○「了解しました」

 

上司(目上)から「この資料を用意してくれ」と指示されたとき

→✖「了解しました」 解説:相手の方が目上だからNG

○「承知いたしました」

 

承知の使用例

取引先(目上)から「~日までに計画書を欲しい」という連絡が来たとき

○「承知いたしました」

→✖「了解しました」「了承しました」

解説:相手の方が目上だからNG

 

部下(目下)から「本日の会議場所が変更になった」と報告されたとき

→✖「承知いたしました」 解説:自分の方が目上だから不自然

○「了解しました」

 

了承の使用例

取引先(目上)に対して「ご了承いただけますでしょうか」と承諾をもらう。

→○ 解説:了承するのは取引先なのでOK

 

上司(目上)の指示に対して「了承しました」と返答する

→✖ 解説:相手は自分よりも目上だからNG

スポンサーリンク

まとめ

最後に、今回の記事の内容をまとめましょう。

了解

  • 相手の指示を理解したうえで、認める(丁寧語)
  • 目下や同僚にはOK

承知

  • 事情を知った上で、承諾すること(謙譲語)
  • 目上や取引先にOK

了承

  • 相手の指示を理解したうえで、認める
  • 承認のニュアンスが強め
  • 目下や同僚にはOK

今回は混乱しがちな

『了解』『承知』『了承』

について解説しました。

冒頭の

「この資料なんだけど、すぐコピーしといて」

に対する返答はもう大丈夫ですよね?

「承知いたしました」

ですよ!

ビジネスシーンでは、さまざまな言葉の使い分けが必要になります。

そのほんの一部として、今回の使い分けからマスターしましょう。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.