違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

部屋

雑学

アパートとマンションの防音の違いをチェック!静かなのはどっち?

投稿日:

アパートやマンションを選ぶときに、よく気にするポイントとして、

『防音』

を挙げる人がいると思います。

 

隣の部屋の音が響いてきて、

「うるさいなぁ」

と感じる経験をしている人は多く、日々の生活にも関わる重要な問題です。

ですが、アパートやマンションを選ぶ際、

「防音性能が良いのは、結局どちらなのか」

と考える人もいるでしょう。

 

そこで、今回は、

『アパートとマンションの防音の違い』

について紹介します。

部屋選びを考えている人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

防音性能を決めるのは、構造の違い

建築現場

それでは、早速、

『アパートとマンションの防音の違い』

について紹介していきます。

防音というからには、今回のポイントは、

『音の伝わり方』

が関係してくるので、しっかりと覚えておきましょう。

防音性能は、アパートよりもマンションの方が断然良い

アパートとマンションの防音性能に関しては、

『マンションの方が断然良い』

と言えます。

 

理由として、防音性能の良し悪しは、

『どういった造りをしているか』

で、ほぼ決まるのです。

マンションに分類される建物のほとんどは、

『鉄筋コンクリート』

を採用しています。

 

鉄棒で骨組みを作り、そこにコンクリートを流し込むため、

『密閉性が高い』

のです。

これにより、音の振動を伝えにくくなるため、

『防音性能が向上する』

というわけなのです。

アパートの防音性能は、低いことが多い

マンションに対して、アパートに分類される建物は、

『防音性能が低い』

ことが多いです。

 

その理由は、

『密度が低い、木造・軽量鉄骨造を採用しているから』

だと言えます。

これらの造り方は、通気性が良いので、

『湿気対策』

などには、効果を発揮しやすいものです。

 

その反面、壁の密度が低くなるので、

『音の振動が伝わりやすい』

ため、防音性能が低くなるのです。

 

アパートでも、防音性能が高いこともある

アパート

アパートとマンションの、防音性能の違いについて紹介しました。

やはり、作りがしっかりしているマンションの方が、

『防音性能が高い』

と言えるでしょう。

 

ですが、防音性能が低いアパートでも、

『構造次第では、防音性能が上がっている場合』

があります。

それは、

『隣の部屋との間に、収納やクローゼット等が設置されている』

場合です。

 

部屋の騒音というものは、

『壁から伝わる振動』

によって、発生しているものとなります。

その為、その間に何かあれば、

『音の振動を弱める』

ことに繋がるのです。

 

また、子供がいて、階下に足音が伝わることを嫌だと感じる場合も、

『1階に部屋を借りる』

ことで、相手に騒音を伝えなくて済むことになります。

このように、例えアパートであったとしても、

『防音対策が出来る家』

というものは、一定数存在しているため、しっかりと探してみる必要があります。

 

より完璧な防音対策を講じたいなら、

『鉄筋コンクリート造のマンション』

を探すことが1番ですが、家賃の関係上、そうもいかない人は多いのです。

その点を、少しでも解消するために、

『建物の構造をよく見る』

ことをおすすめします。

関連記事
アパート
アパートにあるメゾンとコーポとハイツの違いをわかりやすく解説

日本のアパートには、よく、 『メゾン・コーポ・ハイツ』 などの名称がつけられています。   こういった名称がついていると、 『日本語だけの名称より、おしゃれに聞こえる』 ため、よく使われるこ ...

続きを見る

防音性能を高める方法は、意外と多くある

アパートとマンションの防音性能の違いについて紹介してきました。

防音性能の違いは、

『建物の構造で変わってくる』

ということが、分かったと思います。

 

ですが、実は、

『建物構造以外でも、防音性能を高める方法』

は存在するのです。

 

例えば、音は、振動によって伝わるため、

『壁際にタンス等を置いてみる』

だけでも、防音効果を発揮することがあります。

これに追加で、

『遮音性が高いカーテンをつける』

などすれば、かなりの防音効果が期待できるでしょう。

また、歩く音を、なるべく静かにしたいのであれば、

『厚手のカーペットを引く』

などすれば、同じく防音効果を高めることが出来ます。

 

このように、構造的な問題で音が響きやすい場所だとしても、

『工夫次第で、対策を講じることは可能』

なのです。

 

こういった工夫を少し知っているだけで、

『家賃の高いマンションにこだわらず、アパートに住むことも出来る』

ようになります。

マンションとアパートでは、

『家賃の額に、かなりの開きが出ることもある』

ため、防音対策が出来る人は、選択肢が広がります。

 

家賃の安いアパートで、騒音に悩まされることなく、快適に過ごしたい人は、

『自分で出来る防音対策』

を身に付けておくことをおすすめします。

ちなみに、今の時代、

『遮音性に優れた家具やグッズ』

も、かなりあるので、ネットなどで調べてみることも良いです。

 

アパートの構造が、カバー出来ない部分を、

『自らの知恵と、文明の利器』

で、しっかり対策していってくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『アパートとマンションの防音の違いは、構造に理由があった』

ということが言えます。

 

アパートとマンションは、明確な違いは決まっていないものの、

『一定の基準で分類されている』

ということは確かです。

その為、防音対策を確実に行うなら、

『防音性能が高い、鉄筋コンクリート造のマンション』

を選ぶべきでしょう。

 

ですが、例えアパートでも、

『構造次第では、防音対策が行える』

ため、探してみる価値は十分にあります。

アパートは、マンションに比べて、

『家賃も安くて済む』

ため、少しでも得をしたいなら、しっかりと建物の構造を見てはいかがでしょうか。

関連記事
マンション
賃貸マンションと賃貸アパートの違いって何?日本と海外で意味は違うの?

どこかに引っ越しをする際、 『賃貸マンションや賃貸アパートを借りる』 人は多いでしょう。   不動産屋に聞いたり、ネットに掲載されている物件を探したりなど、 『自分が希望する条件に合致した場 ...

続きを見る

-雑学

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.