違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

Wi-Fi

ITの違い

Wi-Fi(無線LAN)の2.4GHzと5GHzの違いをわかりやすく解説!

投稿日:

今や私たちの生活と切っても切り離せない、

『Wi-Fi』

ケーブルいらずでインターネット接続ができる、無線LANの規格の一つです。

スマホやパソコン、ゲーム機などで使っている人も多いですよね。

このネット接続に使うWi-Fiルーターを見てみると、

『2.4GHz』

『5GHz』

という2つの表記を目にすることがあります。

この『2.4GHz』と『5GHz』は何が違うのか。

この記事では、どちらを選べば良いのかをわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

『2.4GHz』と『5GHz』って何のこと?

Wi-Fi⑵

Wi-Fi

そもそも、『2.4GHz』と『5GHz』とは何を表しているのでしょうか?

『GHz』とは、周波数の単位で

『ギガヘルツ』

と読みます。

Wi-Fiは、ケーブルの代わりに電波を使って通信をしています。

『2.4GHz』と『5GHz』は、

Wi-Fiで使える電波の『周波数の帯域』

を表しているのです。

『周波数の帯域』と聞くと難しく思えるかもしれませんね。

そこで、身近にある『ラジオ』を想像してみてください。

ラジオには、ニッポン放送、文化放送、TBSラジオなど、たくさんの放送局があります。

放送局には、それぞれ決まった周波数があり、その範囲で電波を飛ばして音声を届けているのです。

Wi-Fiも、それと同じように、使用して良い周波数の範囲が割り当てられていて、それが『2.4GHz』と『5GHz』の2つになるのです。

 

『2.4GHz』と『5GHz』の違いは?

では、『2.4GHz』と『5GHz』の周波数は、どのように違うのでしょうか?

『5GHz』のほうが高周波、つまり1秒あたりの波の数が多いことから、『2.4GHz』よりも、たくさんの情報に載せることができます。

そのため、

より高速に通信できる

というわけです。

たとえば、

『細いストローよりも太いストローで吸った方が、より多くのジュースが飲める』

ということと同じですね。

速度の違い例

ダウンロードの平均速度(Mbps)

2.4GHz:8.71Mbps

5GHz:18.64Mbps

『Mbps』は、1秒間あたりに送受信できるデータ量を表す単位です。

数値が大きいほど通信速度が速いことになりますので、

『5GHz』のほうが『2.4GHz』よりも倍以上も速い

ということになります。

 

それでは、『2.4GHz』より『5GHz』のほうが良いのでしょうか?

実は、そうとも言い切れません。

『2.4GHz』と『5GHz』には、どちらも良い点と悪い点があるのです。

次に、それぞれの長所と短所を紹介していきましょう。

 

『2.4GHz』の長所と短所

『2.4GHz』は、

壁や床など障害物に強い周波数帯

となっています。

そのため、

『遠くまで電波が届きやすい』

という長所があります。

また、以前から普及している周波数帯のため、

多くの無線LAN機器に対応している

というのも、特徴です。

その反面、さまざまな家電や電子機器で使われているため、

混雑しやすく干渉を受けやすい

という短所もあります。

干渉が起こると、速度が遅くなるなど通信が不安定になってしまいます。

簡単に言えば、

『障害物は少ないけど、みんなが通りたがるので渋滞しがちな道路』

のようなイメージを持つと良いでしょう。

 

『5GHz』の長所と短所

先に述べたように、『5GHz』は『2.4GHz』と比べてより高速な通信が可能です。

そして、『5GHz』は、無線LAN以外ではほとんど使用されることがありません。

そのため、

混雑しにくく干渉が起きにくい

というメリットがあります。

ただし、反射、吸収されやすい高周波を使用しているため、

障害物に弱く、距離が長くなると電波が弱くなる

という欠点も存在します。

言ってみれば、

まだ通る人が少なくて空いてるけど、何かあれば、すぐに混み出す道路

のようなイメージです。

また、ほとんどの端末で使用できる『2.4GHz』に対し、『5GHz』は新しい帯域なので、端末によっては使用できないものもあります。

利用する前には、使えるかどうかを確認してみてくださいね。

 

『2.4GHz』と『5GHz』のどっちを選べばいい?

条件に左右されるものの、基本的には『5GHz』のほうが高速で通信できます。

そのため、『5GHz』対応機器なら『5GHz』を選んでおくことがオススメです。

ただし、家の中で繋がりにくさを感じたら『2.4GHz』に切り替えるなど、

シチュエーションに応じて使い分ける

というのが良さそうです。

スポンサーリンク

まとめ

『2.4GHz』と『5GHz』の違いについて、わかりましたか?

ここまでの説明をまとめると、

  • 『2.4GHz』と『5GHz』は、Wi-Fiで使用できる周波数の範囲。
  • 『5GHz』のほうが新しく、高速で通信可能。
  • 『2.4GHz』は障害物に強く、遠くまで電波が届きやすいが、他の機器と干渉しやすい。
  • 『5GHz』は他の機器と干渉しにくいが、障害物には弱く、距離が長くなると電波が弱くなる。
  • シチュエーションによって『2.4GHz』と『5GHz』を使い分けるのがベスト。

となります。

速さを求めるなら『5GHz』。

だけど、必ずしも速く通信できるわけではない、ということですね。

最近では、『2.4GHz』と『5GHz』の両方の周波数に対応しているWiFiルーターも増えてきています。

それぞれの特性を理解して、ケースバイケースで使い分けましょう。

関連記事

-ITの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.