違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

クールビズ

その他の違い

クールビズとスーパークールビズの違いとは?服装や着こなしをチェック

投稿日:

暑い時期になると、

『クールビズ』

を採用する会社が出てきました。

 

冷房を極力使わず、快適に仕事が出来るように考案されたものであり、

『ノーネクタイ・半袖シャツ』

が、一般的な形となっています。

ですが、現在では、

『スーパークールビズ』

という、さらに踏み込んだ服装が出てきています。

 

とは言っても、

「クールビズとの違いが分からない」

という人も多いでしょう。

 

そこで、今回は、

『クールビズとスーパークールビズの違い』

について紹介します。

違いが気になっていた人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

クールビズとは?

まず、今まで使われていた、

『クールビズ』

について紹介します。

 

クールビズとは、環境省が提示した服装で、定義として以下のようになります。

衣服 クールビズ
ノーネクタイ
ノージャケット
半袖シャツ
かりゆしシャツ
ポロシャツ ×
アロハシャツ ×
Tシャツ ×
タンクトップ ×
チノパンツ
ジーンズ ×
ハーフパンツ ×
スニーカー
サンダル ×

 

ただし、これはあくまでも、

『クールビズは、このような服装だという目安』

であり、明確な決まりはありません。

 

その為、各企業によっては、

『クールビズの定義が違う』

こともあるため、自分で確認しておく必要があります。

今でこそ、

『かなり多くの企業が、クールビズを採用している』

のですが、中には、あまり快く思われない場合もあります。

 

クールビズにしたいときは、

『自分がいる企業の特徴』

を確認しておくようにしましょう。

 

スーパークールビズとは?

クールビズについて紹介しました。

次に、クールビズをさらに強化した、

『スーパークールビズ』

についても紹介します。

 

環境省が提示している、スーパークールビズは、

衣服 スーパークールビズ
ノーネクタイ
ノージャケット
半袖シャツ
かりゆしシャツ
ポロシャツ
アロハシャツ
Tシャツ
タンクトップ ×
チノパンツ
ジーンズ
ハーフパンツ ×
スニーカー
サンダル

となります。

 

上の表で、三角で表しているものは、

『TPOを弁えた上でなら着用可』

というものになります。

 

表を見て分かるように、

『クールビズより、自由度が増している』

服装となります。

さすがに、タンクトップやハーフパンツは認められていませんが、

『サンダルやジーンズ』

など、かなり私服よりの服装も許可されています。

 

ここまで認められているのは、ひとえに、

『冷房なしでも仕事が出来るようにしたい』

という想いからです。

 

さすがに、

『全ての企業が、スーパークールビズを採用しているわけではない』

のですが、これから先、さらに広まっていく可能性はあるでしょう。

 

クールビズ・スーパークールビズの服装や着こなし、その違い

男性

クールビズとスーパークールビズをそれぞれ紹介しました。

違いとしては、

『クールビズに比べて、さらに軽装になったものがスーパークールビズ』

ということが言えます。

 

ここからは、

『クールビズとスーパークールビズの着こなし』

について紹介します。

クールビズの着こなし

まずは、クールビズの着こなしですが、基本的に、

『ノーネクタイ・半袖シャツ』

が基本となっています。

 

これを基本に考えて、場合によっては、

『ジャケットを着用する』

こともあります。

 

さらに、半袖シャツを敬遠する人も多いため、

『ノーネクタイ・長袖シャツ』

という組み合わせも、よく見られるものとなります。

半袖シャツは、涼しい反面、

『外で活動する際、皮膚を露出する』

ことにも繋がります。

 

暑い時期に、皮膚を晒していると、

『日焼けや虫刺され』

の心配をする必要が出てくるため、それを嫌がる人も多いのです。

 

また、あまり知られていませんが、

『スニーカー』

も、クールビズに含まれています。

ですが、スニーカーは、

『通常の業務では、あまりそぐわない』

と感じることが多いため、あまり率先して履いている人はいません。

 

社会人としては、

『革靴』

が基本だという考えが多いようですね。

スーパークールビズの着こなし

クールビズに比べて、

『かなり自由度が上がった服装』

となるのが、スーパークールビズとなります。

 

スーパークールビズは、ノーネクタイ・半袖シャツに加えて、

『ポロシャツやジーンズ』

など、仕事以外で着用するような服装も含まれています。

 

中には、

『サンダルも許可している』

という企業もあり、なかなか快適に仕事が出来るようになっています。

また、

『半袖Tシャツ』

で仕事をしている人もいます。

 

着こなしとしては、

『半袖Tシャツ・チノパンツ・サンダル』

のような感じです。

はっきり言って、

『休日に出掛ける服装と、何も違いがない』

服装と言えます。

 

スーパークールビズの普及率としては、先程も紹介したように、

『まだまだ低い』

と言わざるを得ません。

ですが、クールビズと同様、

『暑い夏を乗り切るための施策』

であるため、1度波が出来れば、それが広がっていくことが予想されます。

 

スーパークールビズの着こなし自体、

『普段着と変わらないような服装』

のため、楽に着られて良いという風潮が広がっていく可能性は十分あるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『時代は、どんどん自由な服装を求めている』

ということが言えます。

 

一昔前の日本では、クールビズでさえ、

『社会人としては、あまり相応しくない』

という印象を受けていたでしょう。

ですが、今では、スーパークールビズなど、

『かなり自由度の高い服装』

が、認知されるようになりました。

 

それだけ、世間が、

『自由な仕事の雰囲気』

を求めているということが言えるでしょう。

後、10年もすれば、

『スーパークールビズが基本』

となる社会が来るかもしれませんね。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.