違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

恋人と彼女の違いをわかりやすく解説!言葉の使い分けをチェック!

投稿日:

「僕の彼女です」

「僕の恋人です」

このように紹介されたら、ふたりの関係をどう感じますか?

 

付き合っているふたりであることは分かりますが、なんとなくニュアンスが違ってきますね。

 

交際の形は様々です。

同じ相手であっても、交際期間の長さで関係が変わったりもします。

また、付き合っていると、お互いの感情が変化していくことも当然あるでしょう。

 

交際には、いろいろな局面があります。

『彼女』と『恋人』

この二つの違いを意識することで、大切な場面で自分の気持ちと向き合うこともできます。

 

そこで今日は、恋人と彼女の違いと、言葉の使い分けを解説していきましょう!

スポンサーリンク

恋人と彼女の違い

「交際相手を、彼女と呼ぶのはためらいなく出来ても、なかなか恋人とは呼べない」

この気持ち、わかる気がしませんか?

 

デートしたり、二人きりで食事をしたり、さらにキスもするし、それ以上の関係でも、彼女も恋人も同じです。

では、いったい何が違うのでしょうか。

女性のポジションが違う

彼女は、女友達以上のポジションにあります。

恋人は、彼女から、さらに発展したポジションです。

このポジションは、二人の付き合いの深さに関係があります。

彼女から恋人への移行は、スピードも認識も人によって違います。

気づかないままに、自然と変化をしていることも少なくありません。

付き合いの時間が違う

交際期間が短い時は彼女、長くなれは恋人に変わります。

たろう
昨日告白して付き合い始めた

この場合は、男性は交際相手のことを『彼女』と呼ぶのではないでしょうか。

 

一方、付き合ってから5年になるという男女には、恋人と呼ぶにふさわしい濃い関係があります。

交際期間が長くなれば、相手に対して、なんらかの責任が生まれますから、いつまでも軽い関係ではいられないのでしょう。

認識が違う

当人同士が認め合った関係が彼女。

友人や親も公認の関係が恋人。

特に、

『親に紹介する』

という行為は、交際の大きなステップですね。

二人の交際が、これからも長く続き、

結婚も視野に入れていること

を表明するようなものです。

その覚悟と決意を持つ相手が、恋人です。

言葉の重みが違う

彼女という言葉は、軽く受け取られがちです。

しかし恋人という言葉には、重みがあります。

いったい、いつから交際相手のことを、『彼女』という呼ぶようになったのでしょうか?

『恋人』と呼ばずに、『彼氏・彼女』と呼び始めたことで、関係性のニュアンスが変わってきましたね。

 

恋人という言葉の重さを、彼氏や彼女は少し軽くしてくれます。

彼女も、恋人よりフットワークの軽い交際相手のイメージです。

例えば、

  • 彼女と別れた。
  • 恋人と別れた。

このどちらが、より深刻に感じるかというと、やはり恋人のほうではないでしょうか。

 

恋人と彼女の言葉の使い分け

彼女と恋人

彼女と恋人、このふたつの言葉には、ニュアンスの違いがあることがわかりましたが、使い方にも違いがあるのでしょうか。

どのようにして使い分けるのかをみてみましょう。

場面で使い分ける

『彼女』を使う場面

カジュアルな場所や会話では、『彼女』を使います。

友人や職場の同僚に話す時は、彼女を使う方が話が軽くスムーズに流れますね。

 

「彼女が出来たんだよ!」

「次の休みは、彼女と旅行をするつもり」

など、相手が気軽に受け取れる発言には、『彼女』がぴったりです。

恋人を使う場面

改まった場面では、『恋人』を使います。

結婚の意志を伝えるため、両親に会う時や、上司への報告には『恋人』がふさわしいです。

また、婚活パーティーなど、真剣さをアピールするため、『恋人』というふうに表現することが多いですね。

年齢で使い分ける

若いふたりの場合

若い男性は、ほとんど『彼女』を使います。

若いカップルがお互いを彼氏や彼女と呼ぶことは、ごく一般的です。

むしろ、彼らが『恋人』という言葉を使うことは少ないでしょう。

年齢が高いふたりの場合

年齢が上がってくると、『彼女』を使う機会がめっきり減ってきます。

それどころか、交際を開けっぴろげに話すことも少なくなります。

結果、少ないその機会には、『恋人』を使うのが年相応であると考えられるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

恋人と彼女、意味は近いのに、私たちが受け取るイメージには違いがあります。

また、当人同士の気持ちにも違いが見えますよね。

彼女と恋人の違い

女性のポジションの違い

彼女: 女友達以上のポジション。

恋人:彼女以上のポジション。

付き合いの時間の違い

彼女:付き合いが短くても彼女と呼ぶ。

恋人:相応の交際期間を経て恋人になる。

認識の違い

彼女:当人同士が認め合った関係。

恋人:友人や親など、公認の関係。

言葉の重みの違い

彼女:軽く受け取られがち。

恋人:重く受け止められる。

 

また、彼女と恋人という言葉は、それぞれ使い分けられています。

言葉の使い分け方

場面で使い分ける

彼女:カジュアルな場面で使う。

恋人:改まった場面で使う。

年齢で使い分ける

彼女:若い年齢層が使う。

恋人:年齢が高い人が使う。

彼女と呼ぶより、恋人と呼ぶ方が、男性にとっては覚悟が必要になります。

『相手のことを引き受ける』

という感情が、言葉の中に感じ取れるからです。

現在では、『彼女』という言葉が浸透し、『恋人』と呼ぶ機会は減りました。

しかし、だからこそ、『恋人』と呼ばれた女性は、一層の安心感と幸福感を感じるのではないでしょうか。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.