違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

アパート

その他の違い

アパートにあるメゾンとコーポとハイツの違いをわかりやすく解説

投稿日:

日本のアパートには、よく、

『メゾン・コーポ・ハイツ』

などの名称がつけられています。

 

こういった名称がついていると、

『日本語だけの名称より、おしゃれに聞こえる』

ため、よく使われることが多いのです。

ですが、よく考えてみると、

「これらの言葉の意味を知らない」

という人もいるのではないでしょうか。

 

おしゃれであることは確かですが、

『意味が分からないまま呼んでいる』

のは、なんとなく気になるのではないでしょうか?

 

そこで、今回は、

『メゾン・コーポ・ハイツの違い』

について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

メゾン・コーポ・ハイツの意味と違いは?

メゾン・コーポ・ハイツには、それぞれ、

『違った意味』

があり、家と関係している名称が多くなっています。

それぞれ紹介するので、

『正しい意味と違い』

を把握してみてください。

メゾンの意味

アパートに付けられている名称の中でも、比較的多く付けられている名称が、

『メゾン』

となります。

 

メゾンという言葉は、英語と思われていることもあるのですが、実は、

『フランス語』

なのです。

正しく表すと、

『maison(メゾン)』

となります。

 

メゾンを日本語訳すると、

『家』

という意味があり、多くのアパートに使われている名称です。

この名称は、有名な漫画、

『めぞん一刻』

にも使われているほど、親しみやすいものとなっています。

時代風景が垣間見える、良い名称だと言えますね。

コーポの意味

次に、コーポについて紹介します。

メゾンと同じく、よくアパートの名称に使われているものですが、これは、

『和製英語』

と呼ばれる言葉になっています。

 

元々の語源は、英語で、

『コーポレートハウス(共同住宅)』

という意味合いが正しいです。

正式には、

『corporate house(コーポレートハウス)』

となります。

 

名称が長いため、日本では、

『コーポ』

と略して表現されるようになり、それが今に至るまで定着したとされています。

ハイツの意味

次に、ハイツを紹介します。

ハイツも、コーポと同じで、

『和製英語』

となります。

 

これは、

『高台』

という意味を表しています。

 

正式には、

『heights(ハイツ)』

と表すことが出来ます。

 

『高台』という意味がありますが、

『高台にアパートを建てているとは限らない』

ため、平地に建てられたアパートにも、使われていることが多い名称となっています。

 

他にも、アパートに付ける名称は多い

建物

メゾン・コーポ・ハイツの意味を紹介してきました。

それぞれ、

『アパートの名称に使われやすい名称』

なのですが、実は、他にも多くのアパート名称が存在しています。

ここからは、紹介した以外で使われるアパート名称についても紹介していきます。

ヴィラ

まずは、

『ヴィラ』

という名称です。

 

これは、フランス語であり、

『別荘』

などの意味があります。

正しく表現すると、

『villa(ヴィラ)』

となります。

 

たまに、先程紹介したメゾンと合わせて、

『メゾン・ド・ヴィラ』

というアパートも存在しており、よく使われる名称となっていますね。

ハイム

次は、

『ハイム』

という名称です。

 

これは、ドイツ語であり、

『家・住まい』

などの意味があります。

正しく表すと、

『heim(ハイム)』

となります。

 

アパートにも、よく使われている名称ですが、他にも、

『セキスイハイム』

など、会社名にも使われているため、親しみ深い名称となっています。

シャトー

次は、

『シャトー』

という名称です。

 

これは、フランス語であり、

『王族や貴族の住居』

などの意味があります。

正しく表すと、

『chateau(シャトー)』

となります。

 

アパートに付けるには、少々大げさな気もしますが、

『名称としては、かなり箔がつけられる』

ため、好んで使われているようです。

関連記事
マンション
賃貸マンションと賃貸アパートの違いって何?日本と海外で意味は違うの?

どこかに引っ越しをする際、 『賃貸マンションや賃貸アパートを借りる』 人は多いでしょう。   不動産屋に聞いたり、ネットに掲載されている物件を探したりなど、 『自分が希望する条件に合致した場 ...

続きを見る

アパートの名称は、オーナーが自由につけられる

オーナー

メゾン・コーポ・ハイツや、これ以外で、よく使われるアパートの名称について紹介しました。

それぞれに、様々な意味が含まれており、

『どれも、家に関係する名称』

が使われていることが多いです。

ただ、ハイツのように、少し関係なさそうなものも含まれています。

 

ですが、ここで、

「これらのアパート名称は、どうやって決められているのか」

という疑問を持つ人もいるでしょう。

実は、これらの名称を使ったアパート名は、

『オーナーが自由につけることが可能』

なのです。

少しでも、人が住みたいと思えるような名称を考えている

アパートを所有するオーナーは、

『少しでも多く、入居者を増やさなければならない』

ため、魅力的なアパート名称を考えるのに必死です。

 

そして、大抵行き着く先が、先程紹介したような、

『外国語を使った名称』

となっているのです。

 

基本的に、日本人にとって、

『横文字で書かれている名称はかっこよく見える』

ため、アパートには、うってつけの言葉だと言えます。

また、アパートという名称自体も、

『日本独自の和製英語』

であり、本来は、集合住宅という意味になります。

 

集合住宅とアパートでは、

『アパートの方が、なんとなく受けが良い』

と感じる人は、決して少なくないでしょう。

 

このように、日本語で表現できる言葉を、なるべく受けが良い言葉に直した結果、

『メゾン・コーポ・ハイツ』

などの言葉が生まれたと言えます。

これらの言葉は、ある意味、

『日本が生み出した新たな文化』

とも言えるので、頭の片隅に置いておいてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『メゾン・コーポ・ハイツなどの名称は、少しでも入居者を増やす施策として生まれている』

ということが言えます。

 

アパート名称に使われる言葉は、ほとんどが、

『アパートの印象を良くするため』

に、考えられました。

そうしているうちに、メゾン・コーポ・ハイツなど、

『一定の言葉が定着した』

ため、その流れが、今でも続いているのです。

関連記事
部屋
アパートとマンションの防音の違いをチェック!静かなのはどっち?

アパートやマンションを選ぶときに、よく気にするポイントとして、 『防音』 を挙げる人がいると思います。   隣の部屋の音が響いてきて、 「うるさいなぁ」 と感じる経験をしている人は多く、日々 ...

続きを見る

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.