違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

彼女と妻や奥さんの違いをわかりやすく解説!接し方や関係をチェック

投稿日:

交際中は『彼女』

結婚したら『妻』や『奥さん』

女性は、配偶者となったとたんに、呼び名が変わります。

当然、社会的な立場も変わりますよね。

 

結婚は、女性が、彼女から妻や奥さんにシフトするイベントです。

さらに結婚は、呼び名や立場を変えるだけではなく、お互いの意識まで変えてしまいます。

 

たろう
脅してますか?

いえいえ、意識が変わるのは悪いことばかりではありません!

むしろ歓迎すべきこともたくさんあります。

 

そこで今日は、彼女と妻や奥さんの違い、さらに、その関係や接し方を解説していきましょう!

スポンサーリンク

彼女と妻と奥さんの違い

ウェディングリング

意味の違い

彼女

三人称の人代名詞・話し手や聞き手以外の女性を指し示す言葉。

愛人・恋人である女性。

配偶者である女性。

奥さん

他人の妻を敬っていう言葉。

妻と奥さんの違い

彼女と、妻や奥さんの違いは知っていても、

妻と奥さんにも違いがある

ということを知らない人も多いでしょう。

 

『妻』も『奥さん』も、夫婦のうちの女性の方を指す言葉です。

でも、このふたつの言葉には、使い方に違いがあります。

『妻』という言葉の使い方

役所に提出する婚姻届けには、『妻』と書きますね。

法律上、婚姻関係にある女性のことを、『妻』といいます。

 

次のような使い方をしますよ。

「妻は出かけています」

「妻の誕生日にプレゼントを買いました」

メモ

ちなみに、婚姻制度が生まれる以前から、生活を共にする女性のことを『妻』と呼んでいました。

明治以前は、『さい』と呼んでいて、『つま』は比較的新しい呼び名だったりします。

『奥さん』という言葉の使い方

奥さんは、他人の妻を指して使う言葉です。

他人の妻に対しては『奥さま』を使いますが、そのくだけた言い方が『奥さん』です。

つまり、奥さんは、敬称なのですね。

 

使い方をみてみましょう。

「奥さんはお元気ですか?」

「奥さまとご一緒においでください」

 

なので、自分の妻を指して『奥さん』という使い方は間違っています。

 

ただ、親しい間柄の会話では、妻を奥さんと呼ぶ人をよく見かけますね。

女性も、

「うちの奥さんが・・」

と言われると、家庭内の力関係を、『妻』より上に感じるのではないでしょうか。

これは、妻に敬意を表す効果的な使い方といえますね。

 

ただし、目上の人と話す時は、自分の妻に『奥さん』を使うのは控えましょう。

社会人として、正しい呼称を使いたいものです。

ポイント

配偶者の呼び方は、他に

『女房』

『家内』

などがありますが、女房や家内は、女性を下に見る言い方なので使うのは控えましょう。

また、『嫁』は、息子の配偶者のことを指す言葉なので、自分の妻の呼称ではありません。

 

接し方の違い

幸せなふたり

幸せなふたり

彼女と、妻や奥さんとの接し方が同じなんて人は、滅多にいませんね。

それぞれの接し方の違いを比較してみましょう。

彼女への接し方

気持ちをきちんと伝える

彼女は、まだ将来の確定していない不安定な関係です。

なので、

「彼女のことを好きだ」

という気持ちを伝えないと、彼女は不安を感じるでしょう。

男性は、彼女に好きな気持ちが伝わるように接するといいですね!

連絡をマメにとる

これも、彼女に安心感を与える方法です。

みさと
全く連絡ないけど、全然平気ー!

なんていう女性は滅多にいません。

 

多少面倒くさく感じるかもしれませんが、

疎遠からの破局

は、とても多いので注意しましょう。

彼女を喜ばせる

彼女を喜ばせたい気持ちは、恋人なら誰でも持っていますね。

  • 彼女が食べたいもの
  • 彼女が行きたい場所
  • 彼女との記念日

どれも大切なポイントです。

彼女と接するとき、ここを押さえておけば、たいていのことはリカバーできます。

彼女との接し方には、気遣いと努力が必要なことがわかりますね。

妻との接し方

この場合、

『妻』は、『うちの奥さん』という敬称も含めて

考えます。

会話が減る

毎日顔を合わせている関係では、自然と会話が減ってきます。

この原因は、

  • 信頼関係があるので、会話がなくても気持ちが通じる。
  • 話すことがない。

という、両極端の理由が考えられます。

前者であれば最高の夫婦関係、後者であれば・・・関係の改善が必要かもしれませんね。

自分を繕わない

夫婦になると、素の自分を見せるようになります。

ひろし
そうしなければ、結婚生活は息苦しいものになりそう…

体裁を繕わず本来の自分を出すため、結婚してから初めて知る、意外な部分がお互いに見えてきます。

それさえも受け止めて、夫婦になっていくのが結婚です。

信頼を滲ませる

夫婦関係を維持する大きな原動力が

信頼関係

です。

信頼は、言葉にするものではなく

『伝わるもの』

です。

 

妻への接し方は、常に信頼の上にあるものになります。

夫婦には、人生を共に歩む覚悟を共有した強固な信頼関係が必要です。

夫が妻に接するとき、この信頼がいつも滲んでいるのを、妻は無意識に感じ取るのですね。

 

関係の違い

彼女との関係

彼女との関係は、刺激的で新鮮です。

将来のことが決まったわけでない不安定さが、緊張関係を生み出しています。

恋愛の楽しさと苦しさを感じさせる関係ですね。

妻との関係

長い年月を経た夫婦が、自分たちの関係を

『戦友のような』

という表現をするのをよく耳にします。

 

「病める時も健やかなるときも、喜びの時も悲しみのときも、富めるときも貧しいときも、ともに敬い、慰め、助け、真心を尽くす…」

と、誓い合って始まる結婚の長い道のりを考えれば、

共に戦う仲間

という想いは理解できますね!

スポンサーリンク

まとめ

『彼女』『妻』『奥さん』の違いを、いろいろな側面から解説しました。

意味の違い

彼女:愛人や恋人の女性

妻:配偶者である女性

奥さん:他人の妻にあたる女性

接し方の違い

彼女 

  • 気持ちを伝える努力をする。
  • マメに連絡をとる。
  • 喜ばせる気遣いをする。

  • 会話が減る。
  • 自分の素で接する。
  • 信頼を滲ませて接する。

関係の違い

彼女:新鮮で刺激的な関係

妻:戦友のような関係

妻と奥さんとは、意味が違います。

違いを知って正しく使い分けましょう。

また、彼女や妻との関係を改めて考えてみることで、関係がより強固になるかもしれませんね!

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.