違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

エクシブ白浜とアネックスの違いを解説!口コミや価格をチェック!

投稿日:

和歌山県は、紀伊半島に位置し、海や山の自然に恵まれ、温泉や観光、グルメといった旅の醍醐味がいっぱいです!

忙しい日常を忘れ、自然の中でリフレッシュする旅にぴったりですね!

 

きらめく陽光を浴びて、心地よい潮騒の音を聞きながらの特別な休日。

たまには、仕事や家事から離れて、自分の心も体も思いっきり開放して過ごしたいと思っている人はとても多いはず。

 

そんな和歌山県の自然を満喫しながら、贅沢な休日を味わえるホテルが

  • エクシブ白浜
  • エクシブ白浜アネックス

です。

 

エクシブ白浜という、同じ名前がついていますが、この二つのホテルには、それぞれの特徴があるのです。

家族や友人と宿泊する前に、ホテルについて知っておくと役に立つことがたくさんありますよ。

そこで今日は、エクシブ白浜とアネックスの違いを解説し、そして口コミや価格もチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

エクシブ白浜とアネックスとは?

エクシブ白浜と、エクシブ白浜アネックスは、リゾートトラスト株式会社が販売・管理をしている

会員制のプライベートリゾートホテル

となります。

これらのホテルには、

  • オーナー会員
  • オーナーの紹介者

のみが宿泊することができるのです。

なので、『別荘』という感覚に近いホテルですね。

リゾートトラスト株式会社は、白浜の他にも、全国各地にエクシブを展開しています。

 

エクシブのシステム

エクシブは、リゾート・タイムシェアリングシステムを採用しています。

このシステムは、

リゾートを共同で所有し、一定の期間だけ利用する

という、合理的なシステムです。

エクシブでは、一室を14名のオーナーで共同所有し、年間26泊(365日÷14名)の完全利用日数保障を実現しています。

他にも、28名で共有し、13泊の利用保証があるバージョンの会員権もあります。

 

エクシブ白浜とエクシブ白浜アネックスの違い

アネックスのスーパーグレードルーム

本館と別館の違い

エクシブ白浜アネックスは、エクシブ白浜の別館です。

 

アネックス(ANNEX)

というのは、ホテル用語で、

『別館』や『離れ』

を意味しています。

 

本館のエクシブ白浜は、1989年 

別館のエクシブ白浜アネックスは、1993年

に開業しました。

 

エクシブ白浜とエクシブ白浜アネックスは、どちらも

和歌山県西牟婁郡白浜町

にあります。 

ホテル周辺は、楽しめるスポットも多く、熊野古道を散策、ぶどう狩り、スカイダイビングやクルージングなどにも挑戦できますよ。

また、ホテルでのんびり過ごしたい人にも、上質の休日を味わうことできるエクシブはおすすめです!

客室の広さの違い

エクシブ白浜とエクシブ白浜アネックスは、それぞれ客室の広さが違います。

エクシブ白浜の客室

スイートグレード 

  • 面積 82.5㎡
  • 定員 5名

ラージグレード

  • 面積 48.73㎡~53.32㎡
  • 定員 5名

スタンダードグレード 

  • 面積 33.92㎡
  • 定員 4名

エクシブ白浜アネックスの客室

スーパースイートグレード

  • 面積 115.95㎡~117.14㎡
  • 定員 6人

スイートグレード

  • 面積 86.79㎡~110.59㎡
  • 定員 4~6人

ラージグレード

  • 面積 58.26㎡~77.89㎡
  • 定員 4~6人

スタンダードグレード

  • 面積 38.07㎡~56.31㎡
  • 定員 4~5人

エクシブ白浜アネックスの方が、エクシブ白浜と比べて客室面積が、かなり広いようですね。

スーパースイートグレードは、公式ページによると、

壮麗な趣と格調のアンピール調

の部屋だということです。

付帯施設の違い

エクシブ白浜の付帯施設

カフェテラスラウンジ 

バー 

和風宴会場 

ショップ 

陶芸カルチャーコテージ 

野外プールとインドアプール 

サウナ&スパ 

ガーデンチャペル 

テニスコート

エクシブ白浜アネックスの付帯施設

ラウンジ 

ミュージックラウンジ 

コンベンションホール 

ショップ 

サウナ&スパ

みさと
う~ん、付帯施設はエクシブ白浜の方が充実しているかな

 

エクシブ白浜とエクシブ白浜アネックスの口コミ

エクシブ白浜の口コミ

女性

動物の鳴き声が聞こえてくるほど、アドベンチャーワールドの近くです。

食べ物も飲み物も美味しく、12月に泊まったのですがクリスマスの気分を味わえました。

男性

小高い丘の上にあって、ベランダから、アドベンチャーワールドや南紀白浜空港が一望できる。

サービス等はさすがの高水準。

ただ、お風呂はアネックスの方が広くて快適。

女性

ファミリーが多いので朝食は賑やかです。

夕食のレストランがコース仕立てで優雅な気分を味わえました。

エクシブ白浜アネックスの口コミ

女性

アドベンチャーワールドの近くにあり、ホテルから無料の送迎バスがあり便利。

部屋は広くてきれいで、寝湯や露天風呂もあります。

レストランの朝食は品数も多く、デザートも豪華です。

男性

本館とアネックスが繋がっている構造で、アネックスは不思議な斜めエレベーターが設置されている、段々になった建物。

テラスにはテーブルと椅子もあり、テイクアウトの持ち込みパーティーをするには持ってこいの造りだ。

女性

中華、フレンチ、和食と、どれも美味しかったです。

特にフレンチは、地元の方も訪れる人気レストランで絶品でした。

レストランからの眺めもとてもいいです。

エクシブ白浜とエクシブ白浜アネックスの価格

エクシブは、会員制のリゾートホテルなので、会員権を購入する必要があります。

 

エクシブ会員権は、エクシブを管理・運営する、リゾートトラスト株式会社で購入できます。

また、リゾート会員権の売買仲介会社を通して、新規販売価格より安い中古物件を手に入れることも可能です。

 

ただし、すべて売却済で空き物件がない場合もありますよ。

それに、物件や時期、仲介会社によって販売価格が違ってきます。

参考までに、あるリゾートホテル仲介サイトでは、

エクシブ白浜はスタンダードで数十万円から、スイートでは三百万円以上

という価格でした。

エクシブ白浜アネックスのほうの売却物件は、現在はありませんでしたね。

 

この会員権の他に、オーナーにもオーナーの紹介者にも、その都度、宿泊費と食事代がかかります。

さらに、年会費の支払いも必要です。

 

たろう
会員権の他に宿泊費がかかるなら、普通のホテルに泊まった方がいいのでは?

と思う人も多いでしょう。

 

でも、オーナーに聞くと、

「エクシブの部屋は広くて快適で、それに慣れてくると、他のホテルに泊まるのをためらうようになる」

ということですよ。

 

また、会社が部屋を所有して、社員が福利厚生の一環として使用するというパターンも多いようです。

 

なお、オーナーと、その紹介者は同料金で、一室当たりの宿泊価格(税込み)は次のとおりです。

スタンダード ラージ スイート スーパースイート
エクシブ白浜 8,700円

(9,396円)

13,200円

(14,256円)

18,600円

(20,088円)

アネックス 12,000円

(12,960円)

15,100円

(16,308円)

20,500円

(22,140円)

21,300円

(23,004円)

エクシブ白浜の利用実費制契約のオーナーは、一名4320円(税込み)です。

スポンサーリンク

まとめ

会員制リゾートホテルの

  • エクシブ白浜
  • エクシブ白浜アネックス

の最も大きな違いは

『本館と別館』

という位置づけです。

他にも、次のような違いがあります。

客室の広さの違い

アネックスのほうが、エクシブ白浜より、かなり広いです。

アネックスには、スーパースイートという、セレブ感を味わえる豪華な客室もありますよ。

付帯施設の違い

エクシブ白浜には、インドアと野外のプールを完備!

他、施設数もエクシブ白浜の方が多いです。

 

口コミでは、どちらも、

眺望がすばらしい! 

食事が美味しい!

贅沢な気分を味わえる。

と、高評価ですね!

 

宿泊料金は、オーナーもその紹介者も同料金です。

一室当たりの料金設定なので、部屋の広さと人数を考えると

お得な安い料金で宿泊できます。

 

「どこか日常と離れて過ごせる場所がほしいけど、別荘は無理」

という時には、

プライベートリゾートホテル

という選択肢もありますよ。

もしくは、そのオーナーと懇意にしておくという手もあります。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.