違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ヤクルト ピルクル

食べ物の違い

ピルクルとヤクルトの違いとは?味・成分・原材料をチェック!

よく見かける乳酸菌飲料と言えば、何を想像しますか?

昔からあって、なおかつ知名度も高いといえば、やはり、

『ヤクルト』

が先に出てくるかもしれません。

ですが、ヤクルトに並んで今では頻繁に見るようになった、もう1 つの乳酸菌飲料として、

『ピルクル』

これが候補に上がるのではないでしょうか?

まさに乳酸菌の二大巨頭ともいえる、この2つですが、一体何が違うのか気になった人もいるのではないでしょうか?

そこで、今回は、

『ヤクルトとピルクルの違いとは何か?』

これについて、味・成分・原材料などから紹介していきます。

気になっていた人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

味の違いについて

まず最初に、味についての違いを紹介していきます。

ヤクルトとピルクル、実際に飲み比べてみると、

『ピルクルの方が少し甘い』

と感じる人が多いでしょう。

この理由として、

『ヤクルトよりピルクルの方が、炭水化物量が多い』

ことが挙げられます。

ヤクルトの炭水化物量

11.5g

ピルクルの炭水化物量

9.8g

この少しの違いが、甘さの違いに直結しているようです。

 

成分の違い

ヤクルトとピルクルの成分をそれぞれ表すと、以下のようになります。

ヤクルト(65ml)

カロリー:50kcal

たんぱく質:0.8g

脂質:0.1g

炭水化物:11.5g

 

ピルクル(65ml)

カロリー:44kcal

たんぱく質:0.8g

脂質:0.1g

炭水化物:9.8g

違いが出るのは『あの成分』

基本的な成分は、ほとんど違いはありません。

紹介したように、炭水化物量がピルクルの方が多いくらいです。

カロリーの違いも、そのあたりから来るものでしょう。

ところで、上の成分表には何か大事な成分が抜けていると思いませんか?

その成分は、

『乳酸菌』

です。

 

ヤクルト・ピルクル共に忘れてはいけない大事な成分、それが乳酸菌という成分なのです。

では、一体何が違うのか?

ヤクルトには、『Lカゼイシロタ株』

ピルクルには、『LカゼイNY1301株』

それぞれ同じ乳酸菌の種類ですが、特徴が違います。

ですが、効果にあっては、どちら同じものとなっています。

 

何が違うのかというと、

『研究時間と研究実績が違う』

ということがいえるでしょう。

 

ヤクルトの乳酸菌は、1930年代から今まで、様々な臨床研究が行われてきました。

それに対し、ピルクルが初めて出てきたのは、1993年とヤクルトよりずっと後ということになります。

さらに、研究費用もヤクルトの方が倍近くあり、乳酸菌に特に力を入れていることもあるため、

『様々な効果を実証する研究』

がなされています。

ピルクルも、決して安くない研究費用をかけているのですが、

ヤクルトのほうが研究実績においては優れている

と言わざるを得ないでしょう。

 

ピルクルは、日清の商品なので、他にも様々な分野の商品に力を入れています。

そのため、乳酸菌特化のヤクルトとは、どうしても差が出てくる現状です。

 

原材料の違い

乳酸菌

ヤクルト・ピルクルともに、原材料に関しては

乳酸菌以外では違いはほとんどありません。

先程紹介したように、ピルクルの方が若干砂糖が多めになっていますが、これにより飲みやすさにもつながっています。

この飲みやすさも2つの商品を分ける重要な要素でもあります。

少量で腸内環境に強いのは、ヤクルト

ヤクルトに含まれる乳酸菌量は、ピルクルよりも多くなっています。

これにより、

『腸内環境を整えやすくなっている』

というのが、ヤクルトの特徴ですが、その分、飲む量は限られてきます。

多く飲みたい人には、ピルクル

ヤクルトと比べれば、若干乳酸菌量で劣っているピルクルですが、

その弱点を『量』で補っています。

またヤクルトよりも砂糖が少し多いということは、

『それだけ甘くて飲みやすい』

ということにもなります。

ヤクルトの少量だけでは、飲んだ気がしないと感じる人には、分量が多いものもあるピルクルは、ピッタリといえるでしょう。

 

質のヤクルト、量のピルクル

ヤクルトとピルクルを分けている要素、その1番の違いは、

『質と量が違う』

ということになるでしょう。

質においては、乳酸菌の研究と費用に一日の長がある『ヤクルト』。

量においては、糖分の分量を微妙に変えて、乳酸菌の量を内容量で補う『ピルクル』。

これが最大の特徴であり、両者の違いといえるでしょう。

 

ちなみに、ピルクルの1日の摂取量が『65ml』とされていますが、これは、

『乳酸菌がその効果を発揮する最低限の量』

という意味です。

その為、これ以上1日に飲んではいけないという意味ではないので、その点に関しては安心してください。

多く飲む分、カロリーは増えてしまいますが、それは各々が飲む量を調節すればよいだけの話です。

 

ヤクルトとピルクル!最終的には好みの問題

ヤクルトとピルクルの違いについて、色々と紹介していますが、ようするに、

『自分が好きな方を飲めばよい』

ということです。

毎日少しずつ飲みたいのであれば、『ヤクルト』を飲めばよし。

たくさん飲みたいのであれば、『ピルクル』を飲めばよし。

自分が、どちらが好きなのかを判断して、飲み分けるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『質重視ならヤクルト、量重視ならピルクルを飲む』

ということがいえるでしょう。

1番大事なのは、どちらのタイプが好きなのかどうかです。

自分のタイプを理解して飲めば、結果的に乳酸菌を毎日飲むことができるでしょう。

また、

乳酸菌は1日飲めばよいというものでもありません。

続けられるように、ヤクルトにするか、ピルクルにするかを選んでいきましょう。

関連記事

-食べ物の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.