違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

デュアルディスプレイ

違い

HDMIとVGAの違いをわかりやすく解説!デジタルとアナログの違いとは

投稿日:

いま使っているパソコン、使いやすいですか?

とくに仕事でパソコンで作業している人なら、作業効率は大切な要素ですよね。

そこで、作業効率を上げたい人に、おすすめなのが、

1つのパソコンに2つのモニタを繋ぐデュアルディスプレイ!

 

このデュアルディスプレイにするときに必要になるのが、パソコンとモニタを繋ぐ端子(コネクタ)。

その中でも、とくに押さえておきたいのが、HDMIとVGAになるんです。

このHDMIとVGAについて、その違いを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

HDMIとVGAの違いを解説!

HDMIとVGAの最も大きな違いは、

送受信される信号の種類

となります。

  • HDMIは、デジタル信号
  • VGAは、アナログ信号

での接続となるのです。

VGAでは、

映像のみ

しか送受信できません。

それに対して、HDMIでは

映像のほかに、音声の送受信も可能

となっていて、これが両者の大きな違いとなります。

 HDMIの特徴

HDMI(高精細度マルチメディアインターフェイス) が登場したのは、2003年以降。

なので、現在発売されているパソコンやモニタには、たいていこのHDMIが標準搭載されています。

先ほども書きましたが、1本のケーブルで映像と音声を同時に送受信できます。

そのため、

ケーブルがごちゃごちゃせず、パソコン周辺をすっきりとまとめること

ができるんです。

また、HDMIはAV機器に向けて改良されています。

だから、

テレビをパソコンのディスプレイとして使用すること

もできてしまうのです。

テレビの大画面で、動画を観たり、ゲームをするのは大迫力で楽しそうですよね!

 

VGAの特徴


VGA(ビデオグラフィックアレイ)は、

『D-Sub』『ミニD-Sub』『HD15』『アナログRGB端子』

などと呼ばれることもあります。

メモ

この中でも、『RGB』は、

  • RED
  • GREEN
  • BLUE

に分けて、映像を送受信することから来た名称です。

それぞれの頭文字で『RGB』となります。

赤緑青=光の三原色

というわけですね。

『VGA』は、1987年にIBM社が開発しました。

当時のPCグラフィックシステムの標準となったのです。

約30年前ですから、HDMIに比べると、ずいぶん昔からある端子なんですよ。

 

最近のパソコンは、HDMIなどのデジタル端子が標準搭載されているため、アナログなVGAの品質向上には消極的…

なんて話を聞くこともありますが、その真偽は定かではありません。

たしかに古い年式のパソコンやモニタを見ると、VGA端子が多くあります。

会社のプレゼンなどで使うプロジェクターなどでは、旧式の機器が多かったりしませんか?

そういったプロジェクターなどと、接続するパソコンにVGA端子が付いていれば、変換の必要がなく、作業がスムーズに行えます。

ただし『VGA』は、

  • ケーブルや端子の脇に差すピンの状態
  • パソコンとモニタの距離

などによって、ダイレクトに映像の品質が左右されます。

こういったアナログならではの欠点はありますが、デジタル端子でトラブルが生じた時などに、緊急用として利用できることもありますね。

 

 HDMIとVGAの違いをさらに詳しく

では、HDMIとVGAを比べて、それぞれの特徴を、さらに詳しく見ていきましょう。

モニタに転送できる

VGA:映像、制御信号

HDMI:映像、音声、制御信号

メモ

コンテンツの著作権保護機能にも対応しています。

地デジやブルーレイコンテンツなども観ることができます

解像度

VGA:640×480まで

HDMI:フルHDと呼ばれる1920×1080にも対応

圧倒なHDMIの性能ですね!

コネクタ

VGA:

HDMIより大きめ。

青いプラスチックで色分けされ、ラベルの付いたものが多いです。

台形を逆さにしたような形をしていて、両脇にピンを差し込む穴が付いています。

HDMIに比べて、やや差し込みにくいです。

HDMI:

A~Eの5タイプのコネクタがあります。

パソコンの他、携帯電話やデジタルカメラ、また車内部の映像用などにも使われています。

VGAに比べると、差し込みやすいです。

ケーブル

VGA:アナログ接続のため、ケーブルの品質の良し悪しが、画質に直接影響します。

HDMI:デジタル接続のため、ケーブルの品質は画質と関係ありません。

とはいえ、『スタンダード』よりも『ハイスピード』と謳ってあるHDMIケーブルのほうが、高解像度への対応力は高いです。

 

2つの違いは、デジタルかアナログかによるところが大きいです。

デジタル接続では、映像や音声が転送により劣化することはありません。

また、HDMIが、AV機器に向けて開発された商品であることも、使い道の幅に違いが出てきますね。

解像度が違えば、映像の美しさも変わってきます。

どうせなら、きれいな画像で作業を進めたいですよね。

パソコンに、どちらの端子も付いているなら、

HDMIが絶対におすすめです!

スポンサーリンク

おわりに

『デュアルディスプレイ』といえば、株のトレーダーやプログラマーなど、"特別な人のもの"というイメージがありますよね。

でも、しっかり準備ができれば、誰でも簡単に『デュアルディスプレイ』をはじめられるのです。

とくにパソコンで、2つ以上のソフトを使うのであれば、デュアルディスプレイにすると、作業効率がぐーんと上がること間違いなし!

デュアルディスプレイの快適さを一度味わうと、もう二度とモニタ1枚には戻れない…

デュアルディスプレイ最大のデメリットは、モニタ1枚に戻れないことかもしれませんね。

ぜひこの記事を参考にしてみてください。

デュアルディスプレイの世界に飛び込むきっかけになれば幸いです!

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.