違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

糖質制限ダイエットは効果ない?女性と男性の違いをチェック!

更新日:

『糖質制限ダイエット』成功者は男性が多い

女性の『糖質制限ダイエット』は向いていない・効果が出にくい

こんな声がチラホラ聞かれます。

もちろん、女性でも効果が出ている人はたくさんいますし、筆者も満足のできる効果を実感しています。

しかし、家族で『糖質制限ダイエット』を行った人の中には、

  • 夫の方が早く痩せ始めた
  • 夫はどんどん痩せていくのに、自分は痩せない

と、男性との違いを実感している人もいます。

男性と女性では、『糖質制限』で痩せるメカニズムに何か違いでもあるのでしょうか?

そこで、今回は

『糖質制限ダイエット』による、男性と女性での効果の違い

について調査してみました。

スポンサーリンク

『糖質制限ダイエット』男性と女性での効果が違う理由

効果について悩む女性

効果について悩む女性

確実に痩せると言われ、成功者も多い糖質制限ダイエット。

しかし、糖質制限ダイエットを行っている、とくに女性の中には

はなこ
みんなが言うほど効果が出ないんだけど?

と、思っている人も多いでしょう。

 

実は、女性が糖質制限ダイエットで効果が出にくのには、理由があったのです。

その理由を探り、糖質制限ダイエットの効果を、男性と女性で比べてみましょう。

『糖質制限ダイエット』で女性は効果がないと言われる理由

糖質制限ダイエットは、女性には効果がない!?

なんて、女性にとっては、にわかには信じたくない話ですよね。

でも、男性と女性では身体の作りや役割も違います。

 

これからお話する内容を見れば、

だから中々効果が出なかったんだ!

と納得できるかもしれません。

『糖質制限ダイエット』は内臓脂肪に効果的

身体の脂肪には、

内臓脂肪

皮下脂肪

この2つがあります。

 

女性には、皮膚のすぐ下にある

  • つまめる脂肪
  • ぜい肉

と言われる、『皮下脂肪』がつきやすいことが分かっています。

これは、女性ホルモンの影響です。

 

その反対に、男性は『内臓脂肪』がつきやすいと言われています。

糖質制限ダイエットは、

内臓脂肪に効果が表れやすい

というダイエットです。

 

ですから、『皮下脂肪』が多い女性よりも、『内臓脂肪』が肥満の原因となっている男性の方が、目に見えて効果が分かりやすいのです。

れいか
効果が中々実感できなくて、途中で辞めてしまった

という女性の原因は、これでしょう。

女性の場合は、糖質制限が長期戦になることも、頭に入れて置いた方が良さそうですね。

女性は筋肉量が少ない

筋肉が少ない女性

筋肉が少ない女性

一般的に

『女性よりも男性の方が、筋肉量は多い』

と言います。

筋肉量が増えると、基礎代謝も上がるので、消費カロリーも多くなります。

糖質制限ダイエットによって、身体は

『燃焼モード』

になっていきますので、少しの運動がより効果的なのは、『筋肉量が多い人』なのです。

 

さらに、糖質制限ダイエットでは、

『糖質』に敏感になるあまり、『カロリー』には無防備になっていた!

という人が、実は結構多いのです。

 

『糖質』を制限する代わりに、お肉や油などでカロリーを意外と多く摂取しているケースです。

代謝が低い人は、消費カロリーも少なくなります。

  • 普段から運動習慣が全くない
  • 代謝が低い
  • 筋肉量が少ない

といった項目に当てはまる女性は、摂取したカロリーを消費できていない可能性があります。

『糖質制限』にストレスを感じる女性多数!

甘いものを我慢する女性

甘いものを我慢する女性

女性は、1ヶ月の間中、どころか1年中ホルモンバランスに波があります。

そのため、

『生理前に甘いものやジャンクフードを異常に食べたくなる』

という経験は、女性なら一度はあるのではないでしょうか?

この、『ホルモン』の作用は厄介なもので、自分ではコントロールをするのが難しい欲求です。

甘いものを辞めるのはストレス!

このように感じて、実はちょこっと食いが増えてしまうという人が多いのです。

食事では『糖質制限』をしているつもりでも、実は意外とおやつで『糖質』を摂取していることがありそうです。

 

『糖質制限ダイエット』の効果を上げるコツ

ダイエットのコツ

ダイエットのコツ

さて、糖質制限ダイエットは、

『男性の方が、効果が目に見えるのは早い』

という理由が分かりましたね。

でも、『女性には効果がない』というわけではありません!

そこで、糖質制限ダイエットを、より効果的に行うコツを紹介していきましょう。

適度な運動が『燃焼モード』をさらに後押し

糖質制限ダイエットでは、基本的には食生活の見直しがメインなので、

『運動がいらないダイエット』

とも言われています。

しかし、糖質制限を行うと、体は燃焼モードになっていきます。

そこで、さらに運動を取り入れれば、代謝は上がり消費カロリーも増えます。

とくに、男性に比べると、女性は筋肉量が少ないので、筋肉量を増やし代謝を上げることで、より効果を実感しやすくなります。

おやつには『糖質』の代わりになるものを見つけておく

糖質制限ダイエットを行う女性の中には、

  • やっぱり甘いものをやめられない!
  • スイーツを食べられないから、我慢の度合いが大きくてストレス

こんな人も多いでしょう。

 

元々、甘い物が特別好きではないという人はまだしも、おやつやスイーツを楽しみに生きている人にとっては、完璧に排除することは非常に酷です。

そんな時のお守りとして、『糖質』の代わりになるものを見つけておきましょう。

 

白砂糖や小麦は依存性があるので、これらを使っていないおやつを選ぶと良いですよ。

どうしても、甘いものが食べたくなったら、以下のおやつがおすすめです。

また、最近ではコンビニでも『低糖質おやつ』が続々と売り出されていますので、そちらも活用できそうです。

 

ちなみに、筆者は

1週間に1日だけ好きなものを食べて良い日

を作って、糖質制限中のストレスと上手く付き合っています。

スポンサーリンク

まとめ

『糖質制限ダイエットによる、男性と女性での効果の違い』

について調査をしてみました。

 

糖質制限ダイエットは、『内臓脂肪』に効果が表れやすいダイエットです。

男性は『内臓脂肪』が付きやすく、女性は『皮下脂肪』が付きやすいことが分かっています。

ですから、女性よりも男性の方が、目に見えて効果が分かりやすいのです。

 

また、女性の中には糖質制限ダイエットにストレスを感じ、ちょこっと食いが増えている人もいます。

食事では、『糖質』に気を付けていても、『おやつ』をやめられないというケースです。

そんな時は、

『糖質』の代わりになるおやつを見つけておく

1週間に1度は『食べても良い日』を作る

などの方法で、上手く発散させましょう。

中々目に見えて効果が表れなくても、あなたの体は必ず良い方向へ向かっていますよ。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.