違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

その他の違い

光脱毛とレーザー脱毛の違いをわかりやすく解説!痛くないのはどっち?

薄着の季節になってくると、気になるムダ毛。

でも、自分でムダ毛を処理し続けていると、

  • カミソリで剃って、皮膚を傷つけてしまう
  • 無理に抜いて、肌や毛穴を痛める
  • ムダ毛処理を繰り返し、毛が太く濃くなる
  • 毛穴や肌が炎症したり、色素沈着で黒ずんでしまう

このようなトラブルが出てきてしまいます。

 

みさと
キレイになるなら、やっぱり脱毛の専門家にお願いしよう!

 

そこで、脱毛について調べていくと悩んでしまうのが、

『光脱毛』と『レーザー脱毛』。

同じような気がしますが、

実は違うのです!

 

そこで、今回の記事では、

『光脱毛』と『レーザー脱毛』の違いと、痛みや効果

などについて、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

光脱毛とレーザー脱毛の違いを解説!

『光脱毛とレーザー脱毛の違い』脱毛でツルツルなお肌

『光』と『レーザー』の違い

光脱毛とレーザー脱毛の違いは、お肌に照射する光の違いです。

みさと
照射する光の違いって、どういうこと?

いきなり

「光の違いです!」

と言われても、一体何が違うのかよくわかりませんよね。

 

『光脱毛』と『レーザー脱毛』は、どちらも

光を照射して、ムダ毛を処理する方法です。

 

では、『光脱毛』と『レーザー脱毛』の光は、何が違うのでしょうか?

それぞれの脱毛方法で、確認してみましょう。

光脱毛とは

光脱毛は、主にエステサロンや脱毛サロンなどで行われ、

  • エステ脱毛
  • 美容脱毛
  • フラッシュ脱毛

とも呼ばれています。

光を肌に照射して、

毛根部分にダメージを与え、毛の再生を抑えていく

という脱毛方法です。

 

そしてこの光は、

毛の黒い色(メラニン色素)にだけ反応!

だから、お肌の奥にある毛根に働きかけて脱毛できるのです。

さらに、光脱毛で使用されている光は、

複数の波長の光だから、広範囲に照射可能!

そのため、

一度に広い範囲の脱毛ができる

というのも、魅力の一つです。

レーザー脱毛とは

レーザー脱毛は、

医療機関でしか受けることのできない脱毛方法

となっていて、

  • 医療脱毛
  • 医療レーザー脱毛

とも呼ばれています。

 

光脱毛の光と比べると、

レーザー脱毛の光は、かなり強力です。

その為、専門の知識を持った医師がいる、医療機関でしか受けられないのです。

レーザー脱毛の光は、光脱毛と同じように、

毛の黒い色(メラニン色素)に反応します。

そして、光脱毛は複数の波長の光なのに対し、

レーザー脱毛は、単一の波長で集中的に照射します。

つまり、

強力なレーザーの光で、狙った場所を集中照射で脱毛!

というイメージになりますね。

 

光脱毛とレーザー脱毛の『痛み』や『効果』の違い

『光脱毛とレーザー脱毛の違い』痛みや効果の違い

『光脱毛』と『レーザー脱毛』の違いは、

  • 光の波長の種類の違い
  • 光の強さの違い

という事は分かりました。

では、照射する時の痛みや効果の違いはどうでしょうか。

光脱毛の痛みや効果

光脱毛は、レーザーよりも弱い、複数の波長の光を使うことから、

  • 肌への負担が少なく、少ない痛みで済む
  • 広範囲を照射できるから、一回の施術時間が少なく済む
  • 濃い毛だけでなく、色素が多少薄い毛にも反応しやすい

などの、メリットがあります。

ですが、レーザーと比べるとパワーが少ないため、

  • 一回の施術では効果は感じにくく、ある程度の回数(期間)が必要
  • 永久脱毛にはならない

このようなデメリットもあります。

 

みさと
え!?光脱毛は永久脱毛じゃないの?

そうなのです。

ツルツルで、永久脱毛に近い状態にはなりますが、

永久脱毛できるほどのパワーが光脱毛にはありません。

 

ですが、

  • 毛が生えてきにくくなる
  • 毛の量を少なくする
  • 毛を細くする
  • 毛を薄くする

このような効果は、十分に期待できます。

『回数を重ねて、少しずつ毛がなくなっていく』

というイメージが、光脱毛という事なんですね。

なので、

みさと
完全にツルツルになる永久脱毛をしたい!

という人には、光脱毛はおすすめできません。

レーザー脱毛の痛みや効果

レーザー脱毛は、医療行為に分類されるほど強力な光を照射します。

そのため、次のようなメリットがあります。

  • 毛根などへのダメージ力が高く、少ない回数で効果を実感できる
  • 医療機関なので、アフターケアなどが安心
  • 永久脱毛できる
  • 元々レーザーは美容治療にも使用されていた為、脱毛しながら美肌効果もある

強力なパワーで、

確実にムダ毛を処理できる

というところが魅力ですね。

また、レーザー治療は医療行為なので、

専門知識のある医師が施術します。

だから、

万一のお肌のトラブルにも、すぐに対応できる

というのは、とても安心ですね。

 

では、デメリットはどうでしょう。

  • 光脱毛よりも強力なため、痛みも強い
  • 照射範囲が狭いため、広い場所は一回の施術時間が長い

レーザー脱毛は、光脱毛よりも威力が強いだけ、

お肌への負担や痛みが強いようです。

 

みさと
痛いのはちょっと…ダメなんだよね…。

そんな、痛みに弱い人には、厳しいかもしれません。

 

でも、レーザー脱毛を行うのは、医療機関です。

だから、

痛みを和らげるための麻酔などを、使用できる場合があります。

もし、痛みが原因でレーザー脱毛を悩んでいるのであれば、

麻酔などの対応をしてくれるクリニックかどうか?

という事も、確認しておくといいですね。

 

痛みは脱毛する場所によって感じ方に違いが!

『光脱毛とレーザー脱毛の違い』場所による痛みの差

痛みの感じ方は、人によって違いますが、

脱毛する場所によっても、痛みの強さは異なります。

それは、なぜでしょうか?

脱毛箇所ごとに、その理由を見ていきましょう。

『脇』を脱毛する時の痛み

きっと多くの女性は、このように思っているでしょう。

 

れいか
とにかく脇を脱毛したい!自己処理ではもう限界!!

 

その理由は、

  • 太くて濃い毛が生えている
  • 密集して毛が生えている
  • 皮膚が弱い所だから、自己処理で毛穴がブツブツ

そして、これらの理由は、

脱毛時の痛みの原因でもあるのです。

太くて濃い毛が密集

⇒光の刺激が強くなる

皮膚が弱い所

⇒光の刺激に対して敏感

自己処理でブツブツ

⇒赤黒いブツブツに光が反応

光脱毛やレーザー脱毛の光は、

黒い色(メラニン色素)に反応してダメージを与えます。

太くて濃い毛には、強く反応します。

そして、炎症してしまった毛穴の赤黒いブツブツにも反応します。

さらに、弱い皮膚は、痛みに敏感になります。

 

れいか
想像しただけで、痛くて大変そう…。

 

ですが、脇は範囲が少ないので、

照射する回数は少なく済みます。

そのため、他の部分よりは我慢しやすい場所なのかもしれませんね。

『腕』や『脚』を脱毛する時の痛み

痛みを強く感じやすい条件は

ポイント

  • 毛が太く濃い部分
  • 密集して毛が生えている部分
  • 皮膚が敏感な部分
  • 肌の色が濃い部分

腕や脚は、毛の濃さに個人差が大きい部分です。

ですが、上記の条件で当てはまる場所は、

痛みを感じやすい場所

と思って覚悟しておいたほうがいいでしょう。

 

ちなみに、口コミなどで、

「ここは痛かった!」

という声が多かった場所を紹介しましょう。

濃い毛が多い場所 ひざ下、太もも、太もも裏、ひじ下、手足の指
皮膚が柔らかい場所・薄い場所 二の腕、ひざ、ひざ裏、すね

もちろん、個人差がありますが、参考にしてみてください。

『顔』を脱毛する時の痛み

顔は、腕や脚などと比べると、皮膚が薄く、痛みを感じやすい部分です。

特に、太くて濃い毛が密集して生えている

『ひげ』は痛みが強いようです。

他には、皮膚が薄い

『鼻の下』や『目の周り』も痛みに敏感です。

『VIOライン』を脱毛する時の痛み

全身脱毛で、最も痛いと言われているのが

『VIOライン』です。

VIOラインとは

V⇒下腹部(ビキニライン)

I⇒股関節の内側部分

O⇒肛門の周囲

このデリケートゾーンは、

  • 濃くて太い毛が密集している
  • 肌が敏感な場所
  • 色素沈着などで肌が黒ずみやすい

このように、痛みを強く感じる要素がたっぷりです。

また、場所が場所なだけに、

施術を受ける時の恥ずかしさなどからくる緊張

なども、さらに痛く感じる要因になっているのかもしれませんね。

 

脱毛で痛みを感じやすい人はこんな人!

『光脱毛とレーザー脱毛の違い』脱毛するなら日焼けも注意

光脱毛やレーザー脱毛は、黒い色のメラニンに反応します。

その為、同じ場所に光を照射しても、

その人のお肌の状態によって、脱毛する時の痛みの感じ方も違います。

 

れいか
脱毛の痛みは、少しでも減らしたい!

 

誰もがきっと、そう思うでしょう。

痛みの原因を知って、少しでも対策しておけると安心ですよね。

脱毛の前に、気を付けておきたいことを紹介しましょう。

日焼けなどで肌が黒めな人

人の肌は、紫外線を浴びると、メラニンが生成されます。

これは、紫外線によるダメージから肌を守るため。

メラニンによって肌を黒くして、紫外線からのダメージを和らげるのです

でも、脱毛を考えている人は要注意です。

光脱毛やレーザー脱毛の光は、

『メラニンの黒い色』に反応します。

毛だけでなく、肌にもメラニンが多くなって黒かったら、

肌のメラニンにも光が反応して、痛みを感じやすくなってしまいます。

脱毛をするなら、

紫外線対策して、日焼けしないようにしましょう。

乾燥肌・敏感肌な人

乾燥肌・敏感肌な人も、痛みを感じやすい人です。

特に、脱毛をする場合『保湿』はとても大切です。

お肌の水分量が多いと、

脱毛の痛みも和らぐようです。

逆に肌の乾燥がひどいと、

痛みが強くなります。

脱毛に限らず、お肌が乾燥していると、良いことはありません。

普段からしっかりと保湿は心がけましょう。

 

また、敏感肌の人は、痛みを感じやすいだけでなく、

施術時に使用するクリームなどが肌に合わない場合もあります。

心配な人は、事前に医師に相談しておくといいでしょう。

毛深い人

黒くて太い、しっかりとした毛には、

光の反応も強くなります。

さらに、毛が太く、量が多い場合は、

光の照射時間も通常より長くなる場合もあります。

そのため、毛深い人は、

肌への刺激が強く、時間も長くなる傾向がります。

スポンサーリンク

まとめ

『光脱毛』と『レーザー脱毛』の違いは、

照射する光の種類と強さの違い

となります。

光脱毛とレーザー脱毛を比較して、それぞれのメリット・デメリットを確認しましょう。

『光脱毛』のメリット・デメリット

  • レーザー脱毛よりも痛みが少ない
  • 一度の照射範囲が広いため、一回の施術時間が少なく済む
  • 永久脱毛ではないが、それに近い状態にはなる
  • 納得のいく状態になるまで時間(期間)がかかる

『レーザー脱毛』のメリット・デメリット

  • 永久脱毛でツルツルになる
  • 医療機関での施術だから安心
  • レーザーの威力が強いため、痛みが強い
  • 効果が早く、通う回数(期間)が少なく済む

気になる痛みに関しては、

光脱毛の方が痛くないようです。

ですが、光の威力はレーザー脱毛の方が高いため、

レーザー脱毛の方が、早くツルツルな肌になります。

 

れいか
とにかく痛いのはイヤ!時間かかってもいいわ!

そんな人は、『光脱毛』がおすすめです。

 

みさと
とにかく早くツルツルな肌になりたい!

短期間で永久脱毛したいなら、『レーザー脱毛』がおすすめです。

 

もし、まだ悩むようであれば、

  • 確実に早く脱毛したい脇などは『レーザー脱毛』
  • 腕や脚などは『光脱毛』でゆっくり通う

このように、

『光脱毛』と『レーザー脱毛』を併用する

という方法も、いいかもしれませんね。

ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.