違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

アイキャッチ 剣道・剣術 違い

スポーツの違い

剣道と剣術の違いをわかりやすく解説!意味や定義をチェック!

投稿日:

日本の歴史において、特に有名なものに、

『剣術』

があります。

 

現在では、

『剣道』

となり、その形を変えて伝わっていますが、未だに行われている武道です。

ですが、実際のところ、

『剣道と剣術の違いが分からない』

という人が多くいます。

 

確かに、剣道をしたことのない人にとっては、

「どちらも大差ない」

と考えることは、当然と言えるでしょう。

 

そこで、今回は、

『剣道と剣術の違い』

について解説します。

今と昔の違いを知りたい人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

剣道と剣術の違いとは?

剣道と剣術は、日本の文化において、

『1つの象徴』

として、広く認知されているものです。

 

ですが、剣道と剣術には、

『決定的な違い』

があり、その目的も、全く異なるものになっているのです。

剣道の定義は『ルールが決まった武道』

まず、剣道から解説していきます。

剣道は、現代においても、

『様々な場所で行われている武道』

であり、その影響力も高いものとなっています。

 

特に、

  • 竹刀
  • 木刀

を使っているため、

『日本のイメージを色濃く残した武道』

でもあり、多くの人が憧れを抱いているのです。

 

そんな剣道は、昔のように、

『戦ったどちらかが命を落とすまで続ける』

というようなものではありません。

あくまで、ルールが決めてあって、

『その範囲内で、勝敗をつける』

ようになっています。

 

また、剣道は、

『精神修行に重きを置いている』

ため、試合の勝敗こそあれ、それに固執するものではありません。

その証拠に、

『オリンピック競技にもなれる可能性を、現時点で放棄している』

のです。

 

柔道は、日本の国技であり、

『オリンピック競技にも選ばれている』

ため、明らかに一線を画す存在となっていることが分かります。

 

つまり、剣道を定義付けるなら、

『稽古や試合を通じて、自己研鑽を積むことを目的としたもの』

となるのです。

修行などと同じ意味合いだと思っていてください。

剣術の定義は『なんでもありの武道』

次に、剣術について解説します。

剣術は、もともと、

『剣道の原型を作るきっかけ』

になったものです。

 

ですが、剣道とは違い、

『相手から確実に命を奪うための武道』

と言えるのです。

 

剣術は、基本的に、

『体のどこを斬っても良い』

とされるものであり、ルールなどは、特に決まっていません。

いかに、相手の命を奪うかを考え、作られています。

そして、

『時代によって、様々な流派が生まれている』

ものです。

 

剣術は、戦国時代には、

『組打ち術』

とも呼ばれていて、柔術の原型となったものでもあります。

当時は、鎧を着た兵が相手だったので、

『相手を組み伏せ、鎧のスキマを確実に狙う』

ことで、相手の命を奪っていたのです。

 

それから、江戸時代になると、

『剣術が、本格的な広がりを見せる』

ことになります。

この当時は、生身の人間を相手にしていたので、

『相手の攻撃を躱して、カウンターで仕留める』

といった形の剣術が主流でした。

 

よく、相手とにらみ合って動かないという描写がありますが、

『先に動いた方が負ける』

ことを、剣術を使っている人は知っていたからとされています。

このような光景も、防具をつけて、相手にかかっていく剣道とは、

『明らかに違う点』

と言えるでしょう。

 

つまり、剣術を定義付けるなら、

『対峙した相手から、いかに命を奪うかを考えて作られた武道』

ということになるのです。

 

剣道と剣術では、目的に大きな違いがある

剣道・剣術 目的 違い

剣道と剣術について解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『剣道は現代向け、剣術は戦乱向け』

ということが分かります。

 

今の時代、相手から無闇に命を奪う必要はないですが、

『刀剣を使って、相手と斬り合う』

といった、日本人に染みついた習慣を、拭い去れない部分は見受けられます。

そうした問題を解決するために、

『剣道』

というものが作られたのです。

 

ですが、剣道も剣術も、

『その目的を知っている』

ことで、人生において、かなり有益なものとなるのです。

剣道は、自己研鑽のために行うもの

剣道は、真剣こそ使いませんが、

『相手と斬り合う』

といった点で、剣術と何ら変わりません。

 

ですが、剣術と違う点として、

『相手の命を奪わず、自己研鑽を積むことが出来る』

というものがあります。

 

これは、刀剣を好む日本人にとって、

『この上ないメリット』

となるのです。

 

そもそも、剣道は、

『礼儀を重んじる』

という、武士道精神を養う傾向が強いものです。

その為、稽古の始めと終わりには、

『必ず礼をする』

のです。

 

また、厳しい稽古によって、

『己の体を鍛え上げる』

ことにより、健全な魂を育むことも目的としています。

こうしたことを繰り返し行い、最終的に、

『1人の人間として、研鑽を積み重ねていく』

ことが、剣道の真骨頂と言えるのです。

 

ただ、相手を倒すことだけを考えるのではなく、

『人としての格を上げる』

ために、剣道をすることが重要だと言えるでしょう。

剣術は、とにかく相手の命を奪うためのもの

剣道は、現代における、

『人格形成の手段』

として、多くの人が行っているものです。

 

ですが、やはり、

『根底には、相手の命を奪うための剣術がある』

ということを、忘れないようにしておきましょう。

 

どれだけ、綺麗事を並べても、刀を使うということは、

『相手の命を奪う』

ことに変わりはありません。

剣道も、相手の命を奪わずに済むとは言っても、

『その気になれば、命を奪ってしまうことは出来る』

ものです。

 

これは、剣術を元にしている以上、

『避けては通れないこと』

なのです。

 

ですが、剣術というものが生まれなければ、

『現在の日本は、存在していなかったかもしれない』

ことは確かです。

日本は、その過程はどうであれ、

『戦いによって、形成されてきた国』

です。

 

遥か昔、大陸からの侵略があった際も、

『武士が剣術を使って、相手を倒した』

からこそ、日本は、生き延びることが出来たのです。

 

最終的に、現代の戦いは、

『兵器戦や電子戦』

が主流になっていますが、これも全て、剣術による戦いがあったからこそです。

日本の歴史を築くうえで、多大な影響を与えたものが、

『剣術』

であることを、改めて認識しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『剣道と剣術は、根本的な目的が違うもの』

ということが言えます。

 

現代において、剣道は、

『人間形成を行うための手段』

としての意味を持っています。

それに比べて、剣術は、

『ただ相手の命を奪うためだけの手段』

なのです。

 

今の時代、剣術においては、

『相容れない存在』

となっていますが、剣道の元になったという事実に変わりありません。

そのことを理解して、剣道と剣術を考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事
アイキャッチ 剣道着 一重・二重 違い
剣道着の一重と二重の違いをわかりやすく解説!初心者におすすめは?

日本の代表的な武道に、 『剣道』 があります。   柔道と肩を並べる武道であり、 『竹刀を使って、稽古をする』 ことで、己の自己研鑽に努めている人は多いでしょう。 そんな剣道では、 『道着』 ...

続きを見る

-スポーツの違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.