違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ソーセージ

その他の違い

トースターとグリルとオーブンの違いをわかりやすく解説!

投稿日:

日常的に使用されている調理器具として、

『トースター・グリル・オーブン』

があります。

 

これらは、全て、

『食材を熱によって調理する装置』

なのですが、この違いを気にしたことがあるでしょうか。

普段、あまり気にしていないかもしれませんが、これらの違いを知っていなければ、

『料理をするとき、少し困ったっことになる』

のです。

 

また、違いを知っていることで、何か料理をしようと考えたとき、

『適切な装置を使える』

ため、失敗が少なくなるでしょう。

 

そこで、今回は、

『トースター・グリル・オーブンの違い』

について解説します。

今まで知らなかった人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

トースター・グリル・オーブンの違いとは?

トースター・グリル・オーブンは、それぞれ、

『熱を使って調理する装置』

ということは、冒頭で解説しました。

 

それぞれ、似ているようで違うものですが、

『使いこなすことが出来れば、調理をスムーズに行うことが出来る』

ため、料理をしたいと考えている人は、必ず知っておくべきでしょう。

トースターとは?

まず、日常生活で、『特によく使う』トースターについて解説します。

 

トースターと聞けば、一般的に、

『パンなどを焼く装置』

という考えになると思います。

また、トースターと同じように使われているものとして、

『オーブントースター』

というものも、存在しています。

 

これらは、基本的に、

『同じもの』

と考えて問題ありません。

厳密に言うと、パンだけを焼く装置が、

『トースター』

と言いますが、現代では『オーブントースター』も同じ扱いをされています。

 

そんなトースターですが、どうやって食材を焼いているのかと言えば、

『放射熱を、食材の表面に当てて焼いている』

のです。

トースターを、実際に使った状況を想像すれば分かりますが、

『食材の表面が、こんがり焼けている』

ようになります。

 

これは、トースター内部で、

『食材の表面だけに、放射熱が当たっているから』

なのです。

ですが、トースターは、あくまで、

『表面だけを焼くことに特化した装置』

であり、内部にまで火を通すことは、苦手としています。

 

トースターから放射される熱は、

『当て過ぎると、食材の表面を焦がしてしまう』

ため、出来上がりが黒焦げとなってしまいます。

その為、トースター又はオーブントースターを使う場合は、

『表面だけを焼けば済む食材』

にしか、使わないようにしましょう。

グリルとは?

次に、グリルについて解説します。

グリルとは、簡単に言うと、

『焼き目が付く調理法』

のことを指します。

これは、装置名としても使われていますが、基本は、

『調理名』

としての意味合いが強くなります。

 

例えば、魚を焼くとき、

『魚の表面に、網目状の焼き目が付く』

でしょう。

あれは、魚を焼く網の形状が表面に付いたものであり、

『魚を網の上に置いて、下から焼く』

ことで付くものです。

 

また、網目状でなくても、

『焼き目を付ける焼き方』

は、全てグリルと呼ばれるのです。

 

食材をグリルにすると、網の熱が食材の内部まで伝わり、

『外はパリパリ、中はふわふわ』

になります。

外も中も、しっかりと火が行き渡り、

『見た目も美味しそうに仕上がる』

ようになるのです。

オーブンとは?

次に、オーブンについて解説します。

オーブンと言えば、一般的に、

『熱で温める』

ことを想像するでしょう。

 

まさしくその通りです。

オーブンを使った調理の場合、いわゆる、

『蒸し焼き』

状態になり、熱で食材にまんべんなく火を通すことが出来るのです。

 

これは、オーブン内の熱が、

『対流熱』

と呼ばれるものに変化し、食材を全方位から温めているからこそ起こる現象となります。

現在では、

『電子オーブン』

が主流になっています。

しかし、これ以前にも、同じような道具が存在しています。

 

それは、

『かまど』

です。

 

この道具は、薪で火をおこし、

『かまど内の温度を上げる』

ことで、オーブンと同じ現象を発生させているものです。

直火で調理していないので、焼き過ぎなければ、

『食材の表面が焦げ付くことはない』

ため、焦がさず調理したいときに、おすすめの道具となります。

 

食材を温めながら調理したい人は、

『オーブン』

を使えば良いでしょう。

 

トースター・グリル・オーブン・それぞれに適材適所

火

トースター・グリル・オーブンについて解説しました。

それぞれ違う意味があり、

『どれを使うかで、料理の出来が変化する』

ものとなります。

間違った使い方をすると、失敗の元になる

解説した3つは、

『使い方を間違えると、料理が台無しになる可能性がある』

ものです。

 

オーブンにを使わなければならないときに、

『トースター』

を使ってしまうと、せっかくの料理が焦げてしまいます。

また、表面をこんがり焼かなければならないときに、

『オーブン』

を使うと、まったく別の料理になるでしょう。

 

この場合、敢えて別の方法を取って、

『新しい調理方法を発見する』

という手段もあります。

しかし、成功する確率は低いと言わざるを得ません。

 

このように、それぞれの方法を知らないだけで、

『料理が台無しになる』

可能性が高くなるのです。

少しでも正しく、美味しい料理を作りたいなら、

『トースター・グリル・オーブン』

の役割を理解して、上手く活用してきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『それぞれの役割を理解しておけば、どんな料理も上手く作ることが出来る』

ということが言えます。

 

トースター・グリル・オーブンは、

『よく間違った用途で使われている』

ことがあります。

その結果、大きな失敗に繋がることもあるため、

『どんな仕組みなのか』

を、しっかりと理解しておく必要があるのです。

 

もし、これらの方法を、理解することが出来れば、

『料理の失敗が、かなり減る』

ことになり、今より美味しいものが作れるようになります。

しっかりと把握して、正しい使い方を心掛けましょう。

関連記事
朝食
オーブントースターとトースターの違いをわかりやすく解説!

日常的に、よく使われている調理道具として、 『オーブントースター』 があります。   これは、食材を、 『焼いたり、温めたりする』 ことができ、非常に重宝されているため、知らない人はいないで ...

続きを見る

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.