違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

ワイシャツ

違い

カッターシャツとワイシャツの違いをわかりやすく解説!定義をチェック

投稿日:

たろう
カッターシャツってなに?

これってワイシャツでしょ?

あなたのはワイシャツ。

だってスーツ着てるし

れいか
ひろし
あれ、珍しい。

襟、取り外せるタイプ?

久しぶりに本物のワイシャツ見たなぁ

 

……頭の中が『?』でいっぱいです。

いったい何のこと?

『カッターシャツ』と『ワイシャツ』。

どちらの名前で呼んでいますか?

どっちも『シャツ』でしょ?

なぜ違う名前があるの?

定義はある?

そもそも、カッターシャツなんて聞いたこともないよ?

『ドレスシャツ』なんて呼び名もあるって……?

やっぱり『?』だらけで混乱してしまうでしょう。

大丈夫!

これから『カッターシャツ』と『ワイシャツ』、ふたつの違いを解説します!

「そうだったのか!」

と少しでもスッキリしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

カッターシャツとワイシャツの違いを解説

スーツとシャツ

実は、最大の違いはシャツの形や色などではなく、

呼ばれている地域なんです。

当たり前のように『〇〇〇』と呼んでいたものが、地域をちょっと外れると全然違う名前になることがあるのです。

なんで?

本当に「なんで?」ですね。

では、それぞれのシャツの特徴や生い立ちを見ながら、疑問を解決していきましょう。

カッターシャツとは?定義はあるの?

『カッターシャツ』が生まれたのは大正7年(1918年)。

大阪に本社のあるスポーツメーカーの『美津農』(現・『ミズノ』)がスポーツ用のシャツとして売り出したことが始まりです。

商品名だったわけですね。

それまでの日本のスポーツシャツは、襟なしが一般的でした。

ヨーロッパではマナーを重んじ、襟つきシャツでプレーしていたことにならって考案したのだそうです。

『カッター』の名については、日露戦争勝利の記念に売り出された『勝った~! シャツ』

あるいは、ひいきの野球チームの勝利を喜ぶ観客を見て、などと諸説あるようです。

メモ

ボート競技の『カッター』が由来説は間違い、と言われています。

しかし、当時の日本では、襟つきのシャツは堅苦しいイメージでスポーツには似つかわしくないと。

しだいにビジネス用に変化して行きました。

という訳で、美津農の本社があった関西では『ワイシャツ』ではなく『カッターシャツ』という呼び名が定着していったのです。

 

ワイシャツとは?定義はあるの?

『Yシャツ』の文字を当てられることの多い『ワイシャツ』。

では、どうして『ワイ』なのでしょう。

実は、

「襟をはずした時の身ごろがYの字に見えるから」

と言うのは間違いです。

正解は、

英語の『White shirt(ホワイトシャツ)』の聞き間違い。

もともと『ワイシャツ』とは和製英語で、『ドレスシャツ』が本来の名称です。

ただし、現在の日本ではフォーマルにも着用できるシャツの呼び名が『ドレスシャツ』となっています。

昔のワイシャツは襟とカフスが取り外せました。

汚れたら、それだけを洗濯していたのです。

それが原因で「襟をはずした時の~」という誤解が生まれたのですね。

そんなワイシャツの定義は、以下の通り。

前開きで、台襟・カフス・前立てのついたシャツ

けっこうシンプルでしたね。

 

カッターシャツとワイシャツの詳しい違いとは?

さて、

「これぞワイシャツ(カッターシャツ)!」

と思われるものを思い浮かべてみて下さい。

ここからふたつの違いを具体的に比較してみましょう。

もともとの由来は

ワイシャツ

white shirt = ホワイトシャツ = 白いシャツ

カッターシャツ

美津農が売り出したスポーツ用のシャツ。

現在では、主に関西で『ワイシャツ』と同義で使われている。

現在では、白に限らず、柄物や色付きのシャツも『ワイシャツ』と呼ばれています。

スーツなどの下に着るシャツの総称が『ワイシャツ』。

『カッターシャツ』の名付け親は、

美津農の創業者である水野利八さん

とのことです。

 

関東と関西でシャツの呼び方が違うの?

はい、結構違います。

関東と関西、というより東日本と西日本に大きく分かれます。

主なワイシャツ派

  • 福島
  • 茨城
  • 群馬
  • 東京
  • 神奈川
  • 長野

主なカッターシャツ派

  • 岡山
  • 兵庫
  • 長崎
  • 広島
  • 滋賀
  • 奈良
  • 大阪
  • 佐賀
  • 岐阜
  • 三重
  • 和歌山
  • 京都
  • 福井
  • 山口
  • 愛媛

実は、

『ワイシャツ』と呼ぶ地域より『カッターシャツ』と呼んでいる地域のほうが多い

のですね。

ところが、ふたつの名前を使い分けている場所もあるのです!

使い分け派

  • 愛知
  • 大阪
  • 兵庫
  • 福井
  • 富山

大人が着るのがワイシャツ、学生はカッターシャツという分け方をしています。

 

『ワイシャツ』と『カッターシャツ』の使い分けのポイント

ワイシャツ

  • 前開き・襟が立っているもの
  • カフスがついているもの
  • 前立てのついたシャツ
  • 男性がスーツなどの下に着るもの
  • 襟とカフスが別につけられるもの(特に京都で)

カッターシャツ

上記以外の、学生服の下に着用されるもの

メモ

かつて、

ワイシャツは下着

として使用されていました。

肌の汚れをスーツにつけないために、下着として着用していたのです。

男性用の『ブリーフ』や『トランクス』は、1930年代に登場します。

それ以前は、シャツの前後の裾を股の位置でボタンでとめて、その代わりとしていました。

その名残りで、今もワイシャツは裾が長くなっているのです。

違いは男性だけ?

 

現在は、女性でもワイシャツ、もしくはカッターシャツを着こなす人もいますよね。

ですが、そもそもの起源は男性用の下着です。

女性用には『ブラウス』。

裾の長くないものが、『ワイシャツ・カッターシャツ』の代わりにあります。

作られた当初は、1枚で着られる上着だったそうですよ。

スポンサーリンク

おわりに

たろう
つまり『ワイシャツ』も『カッターシャツ』も同じものなんだね!

みさと
その通り!

自由な呼び名が、それぞれの事情により定着していく、というのは何とも楽しい違いを生むものですね。

ややこしいことですが、服選びに悩むのは、たいていが『ややこしい』場面です。

通勤やデート、冠婚葬祭。

誰に見せるわけでもないのなら、ジャージでもパジャマでもいいのです。

楽しく悩んで、納得の1枚を選んで出かけましょう!

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.