違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

コーヒー

違い

カフェラテ・カプチーノ・カフェオレ・カフェモカの違いを徹底解説!

投稿日:

カフェラテ・カプチーノ・カフェオレ・カフェモカ?

ひろし
全部まとめてコーヒーでいいんじゃない?

『おしゃれなコーヒーたち』ってことで。

なんとまぁ、嘆かわしい……

これら『おしゃれなコーヒーたち』は、今やカフェの定番。

ですが、決してコーヒーの気取った呼び名ではなく、ちゃんと違いがあるのです。

 

例えば『カフェラテ』を注文したのに『カプチーノ』が出てくる。

これは明らかなお店側のミスです。

でも、違いを知らなければ、そのまま飲んでしまいますよね。

ひろし
ここのカフェラテって、おいしいよね~

と言いながら、実は『カプチーノ』を飲んでいる ──

これは、かなり恥ずかしい…

こんなことにならないよう、

  • カフェラテ
  • カプチーノ
  • カフェオレ
  • カフェモカ

の作り方や、違いをしっかり知っておきましょう!

スポンサーリンク

カフェラテ・カプチーノ・カフェオレ・カフェモカの違い!

コーヒーと豆

まずは大きく、

『カフェラテ・カプチーノ・カフェモカ』グループ

『カフェオレ』

のふたつに分けてしまいましょう。

そして『カフェラテ・カプチーノ・カフェモカ』の代表を『カフェラテ』とします。

 

なぜそう分けるのか?

それは、『カフェラテ』グループは、イタリア生まれだからです。

そして、『カフェオレ』は、フランス生まれだからです。

カフェラテをイタリア語としていえば、『カフェ・ラッテ』。

カフェオレをフランス語としていえば、『カフェ・オ・レ』。

この『ラッテ』や『レ』が、牛乳(ミルク)という意味になるんですよ。

つまり、どちらも『コーヒーミルク』なのです。

 

カフェオレに使われるコーヒーは、ドリップ式での抽出。

一般的なコーヒーメーカーでも使われている抽出方法ですよね。

ペーパーフィルターに挽いた豆を入れて、お湯をそそぐ。

いわゆる『レギュラーコーヒー』が出来上がります。

 

一方でカフェラテは、エスプレッソ式の抽出。

イタリアで飲まれているコーヒーといえば、通常『エスプレッソ』なのです。

これには専用のエスプレッソ・マシンが必要になります。

 

この『 コーヒーの抽出法』の差が、もっとも大きな違いなんです。

一般的なコーヒーはドリップ式で淹れたもの。

エスプレッソは、カフェなどで出されますね。

そして『カフェラテ』を代表としたグループには、すべてこのエスプレッソが使われています。

 

まとめると…

カフェオレ

一般的なコーヒーの淹れ方、ドリップ式で抽出した『ドリップコーヒー(レギュラーコーヒー)』を使用します。

カフェラテ・グループ

エスプレッソ式で抽出した『エスプレッソコーヒー』を使用します。

ここが基本的な違いです。

まずはこれを押さえておいて、カフェラテとカフェオレの違いを詳しく比べていきましょう。

カフェラテとは?カフェオレとの違いを比較!

コーヒーカップ

ドリップ式で使われるコーヒー豆は、おもに浅煎りもしくは中煎りのもの。

一方で、エスプレッソ式では深煎りの豆が使われます。

浅煎り豆

⇒酸味が強く苦みが少ない

深煎り豆

⇒酸味が少なく苦みが多い

中煎り豆

⇒上記の中間

 

続いて豆の挽き方ですが、極細挽きから粗挽きまで、さまざまな大きさがあります。

細かく挽いたものほど、色・味がよく出ます。

なぜなら、お湯と接触する面積が広いからです。

それなら

「極細挽きのものが、最もコーヒーの味を引き出すのでは?」

と思えますよね。

でも、やはり抽出方法との相性があるのです。

エスプレッソに使われるのは、一番細かく挽かれた極細挽きのもの

ドリップ式に適しているのは、中細挽き

市販されているレギュラーコーヒーは、ほとんどが中細挽きのものです。

特にペーパードリップやコーヒーメーカーで淹れる場合には最適です。

布のフイルターを使用するネルドリップは、中挽き(中細挽きよりやや大きい)になります。

 

ドリップ式とエスプレッソ、淹れ方の違いはというと……

ドリップ式はまず、コーヒーの粉全体に少量のお湯をかけて豆を蒸らします。

そして、しばらくおいてから残りのお湯を、粉の中心あたりにゆっくりとそそいでいきます。

一方のエスプレッソ式の抽出方法では、専用のマシンを使い、高圧をかけて一気に抽出します。

その間、ほんの20秒から30秒。

エスプレッソは、速いです。

短時間で濃厚なコクや、酸味・甘味まで含んだコーヒー本来の味が抽出されます。

ただし、濃いのです。

カフェなどでは、デミタスカップという、ごく小さなカップで出てきます。

そのためエスプレッソは『デミタスコーヒー』とも呼ばれ、1杯分はおよそ30ml程度になります。

ドリップ式のコーヒーは、カップ1杯は180~200mlが普通の分量。

それに比べれば、エスプレッソはほんのちょっとです。

でも少量でも満足できる、しっかりした味。

『カフェラテ』グループのベースとなるのが、このエスプレッソなのです。

つまり『カフェラテ』グループとは、『エスプレッソベース』グループ。

カフェオレは、ドリップ式で抽出した一般的な『レギュラーコーヒー』がベースです。

ここにミルクを入れればカフェラテ、カフェオレの出来上がり、なのですが……

 

次は、『ミルク(牛乳)』にも違いが出てきます。

どう温めているかによって、ミルクの呼び方が変わってくるのです。

 

ミルク

⇒普通に牛乳を温めたもの

スチームドミルク

⇒蒸気熱で温められた牛乳

フォームドミルク

⇒蒸気熱で温めた牛乳をフォーマーなどで泡立てたもの

 

ピッチャーなどに入れて、スチーマー(エスプレッソマシンに付属している)を使い、蒸気で温めたものが『スチームドミルク』。

さらにそれを泡立てると『フォームドミルク』になります。

カフェオレに使われるのは、鍋などで普通に温めた牛乳。

そしてスチームドミルクを使ったものが、カフェラテです。

 

ミルクの割合は一般的に、

カフェオレ

コーヒーと同量(ただしコーヒーは通常のものより濃いめ)

カフェラテ

エスプレッソ2に対してミルク8

と、なります。

カフェラテのミルク量がけっこう多いですが、ベースとなるエスプレッソが濃いので、このくらいがちょうど良いのです。

まろやかさの中にある、エスプレッソのしっかりした主張。

カフェラテとは、ミルクの甘みとコーヒーの苦みが同時に味わえる、贅沢な飲み物なのです。

 

でも、カフェオレもおいしいのですよ。

ただカフェラテに比べて『簡単に作れそう』という感じが『特別感』を薄めてしまいますね。

通常のレギュラーコーヒーは、一般的には浅煎りの中細挽きの豆を用います。

それを深煎りの細挽きに変えたり、乳脂肪分の多い牛乳を使うなどの工夫をすると、さらにおいしいカフェオレができあがります。

カフェラテよりもマイルドで、苦み少なめ。

懐かしのコーヒー牛乳を思い出させる、穏やかで優しい味わいです。

 

ふたつに分けた代表同士の違いは以上です。

今度は『カフェラテ』グループのカプチーノ、カフェモカについて、違いを見ていきましょう。

 

カプチーノ・カフェモカとカフェラテの違い!

エスプレッソ

カプチーノ、カフェモカは『エスプレッソベース』グループの一員です。

では、ベースが同じならカフェラテとの違いはどこ?

それはベース以外の部分。

 

まずはカプチーノ。

こちらには、前述の3種類のミルクの中の『フォームドミルク(泡立て牛乳)』が加わります。

その割合は、エスプレッソ3:フォームドミルク4:スチームドミルク3。

もしくは、エスプレッソ3:フォームドミルク7です。

ミルクの割合は減っているものの、ミルク感はさらに増しています。

しっかり泡立てられたフォームドミルクの効果です。

それでいて、カフェラテよりエスプレッソの割合が高いため、コーヒーの苦みもきちんと分かります。

カフェラテとの違いは、泡立てたミルクの食感によるものが大きくなります。

メモ

お店により、

エスプレッソ:フォームドミルク:スチームドミルク

が、それぞれ、

1:1:1

のところもありmさう。

そして、このフォームドミルクの上にイラスト等を描くのが、ラテアートです。

確かにカフェラテよりもカプチーノのしっかり泡立てたミルクのほうが、ラテアートはやりやすそうですね。

『泡があるからこその、ラテアート』

ということですね。

 

続いてカフェモカ。

コーヒー豆の種類に、甘みと酸味が特徴の『モカ』がありますが、

カフェモカとは関係ありません。

カフェモカとカフェラテの違いは、

チョコレートシロップを使っているかどうか。

それだけです。

チョコレートがかかっていればカフェモカなのです。

たったそれだけの違いしかありません。

 

全体の割合は、エスプレッソ2:スチームドミルク8:チョコレートシロップ適量。

またはエスプレッソ2:スチームドミルク7:チョコレートシロップ1。

スチームドミルクではなく、フォームドミルクを使用するレシピもあるようです。

エスプレッソの香ばしさと苦みに、チョコレートの甘味、ミルクのまろやかさ。

ココアやホイップクリームなどをトッピングしたアレンジメニューが多いのも、カフェモカの特長です。

ですが、何度も言うようにカフェモカとは、基本的にカフェラテにチョコレートシロップを加えたもの。

違いはただ、そこだけなのです。

メモ

『チョコレートを加えてコーヒー豆の品種『モカ』の甘みに近づけようとした』

という説もあります

 

カフェラテ・カプチーノ・カフェオレ・カフェモカの違いまとめ

ドリップコーヒー

カフェラテ・カプチーノ・カフェオレ・カフェモカは、思った以上に、ほんのちょっとの違いでしたね。

大きく分ければ、以下の点だけ。

  • 抽出方法の違い
  • ミルクの状態の違い
  • トッピング(シロップ)の有無

では、最後にもう一度、『カフェラテ・カプチーノ・カフェオレ・カフェモカ』についてのまとめです。

作り方の違いは?

カフェラテ

コーヒーはエスプレッソを使用⇒加えるのはスチームドミルク

エスプレッソとスチームドミルクの割合は2:8

もともとのイタリア式エスプレッソは常温のミルク使用していました。

スチームドミルクを入れるのは、アメリカ式。

こちらの方がメジャーになったため、現在ではアメリカ式『カフェラテ』が一般的になっています。

カプチーノ

コーヒーはエスプレッソを使用⇒加えるのはスチームドミルクとフォームドミルク

割合は、

エスプレッソ3:スチームドミルク3:フォームドミルク4

または、

エスプレッソ3:フォームドミルク7、もしくはすべて同率の1:1:1

となります。

カフェモカ

コーヒーはエスプレッソを使用⇒チョコレートを加えたカフェラテのこと

ココアやホイップクリームなどのトッピングが加わることもあります。

カフェオレ

レギュラーコーヒー(濃いめ)を使用します。

鍋などで温められた牛乳をコーヒーと1:1

カフェオレのみレギュラーコーヒー。

他はエスプレッソを使用。

ミルクもカフェオレのみ通常の温められかたとしています。

他はスチームでの加熱です。

カフェイン量の違いは?

これは、

エスプレッソとレギュラーコーヒーの、カフェイン含有量の違い

ということになります。

同量で比べれば、

カフェインが多いのはエスプレッソ

となります。

エスプレッソ:100mlあたり約80mg

レギュラーコーヒー:100mlあたり約60mg

ただし、通常の1杯分では、レギュラーコーヒーのほうがカフェインは多くなります。

エスプレッソ:カップ1杯(約30ml)カフェイン量24mg程度

レギュラーコーヒー:カップ1杯(約180ml~200ml)カフェイン量108mg~120mg程度

4種のコーヒーを同サイズで比較すると、多い順に以下のようになっています。

カフェオレ > カプチーノ > カフェラテ・カフェモカ

それぞれコーヒー、またはエスプレッソの割合が違うため、こういった順番になるのです。

また、カフェインは

ミルクと一緒に摂ると、吸収が穏やか

になります。

ミルクたっぷりのコーヒーは、味だけでなく体にも優しいのですね。

スポンサーリンク

おわりに

『おしゃれなコーヒー』と一言では語れませんが、実際、みんな見た目もステキ。

ミルクを泡立てるフォーマーは、100均でも売ってます。

たとえインスタントコーヒーであっても、フワフワのミルクが乗っていれば、それだけで嬉しくなってしまいますね。

どうしてミルクを泡立てただけで、こんなにも楽しいんでしょう。

おしゃれなコーヒー、最高!

 

メニューにずらりと並ぶカタカナに怖じ気づいていたアナタ。

ひろし
よくわかんないから、無難に今日も『いつものブレンド』で。

そんな昨日までとは、もう、さよなら。

 

さて、いかがでしたか?

これら4種類は、

コーヒー部分よりもミルクの違いでより細かく分けられている

といった感じですよね。

コーヒーの淹れ方にも、今回の二つ以外でも、いろいろな方法があります。

1杯、時間にして30分にも満たない間に飲みきってしまうコーヒー。

美味しさを追求して、今ではこんなにバリエーションが生まれたのです。

気分転換や眠気覚まし。

リラックスのための1杯。

そうした時間のお手伝いに少しでも寄与していれば幸いです。

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.