違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

違い

合計と累計と総計の違いをわかりやすく解説!正しい使い分け方を紹介

投稿日:

引退をしたイチローの通算安打数。

すごいことになっていますよね。

世界記録で、ギネスにも認定されています。

日本人が、メジャーに行っても、第一線で活躍している姿を観れたことは本当に感動しました。

ところで…

 

通算…?

合計じゃだめなの?

 

といった疑問が、思い浮かびませんか?

まとめた数を表す表現は、日本語にはたくさんあります。

合計、累計、総計。

どれも何かを一つにまとめる時に使う言葉ですよね。

どれを使っても良いような気もしますが、実は少しずつ違いがあり、使い方が違います。

そこで、この記事では、3つの言葉の意味の違いや特徴などを、具体的な例を出しながら解説していきます。

バシッと使い分け、かっこいい言葉のプロを目指してくださいね。

スポンサーリンク

『合計』『累計』『総計』の違い

まずは『合/累/総』、この3つの異なる文字に注目してみてください。

合計

一番よく使う表現です。

いくつかのものを合わせてまとめる時に使います。

累計

累積という言葉があるように、重ねて積んでいくことを意味します。

『累計』も同様に、積み重ねるように足して、その合計を出すといった場合に使われる表現です。

総計

総=全部の数のことです。

一つにまとめて、もうこれ以上まとめようがない、といった場合には総計です。

まずは、この違いを押さえておきましょう。

『合計』とは?

これと、あれを足す。

いわゆる足し算です。

計算式で言えば、

X+Y=A

の『=A』の部分。

2つ以上のものを加えて、出た数値。

または、その数値を出すことが『合計』です。

『累計』とは?

あれとそれを足した結果に、さらにこれを加える、そしてこれも加える。

など、『繰り返し足していく』といった感じなのが『累計』です。

A+B→(A+B)+C →(A+B+C)+D…

の手順を経て、出された最終的な答えは合計でも、間違いではありませんが、『累計』がより正しい表現となります。

2つ以上が、繰り返し足されていくイメージを持つとよいでしょう。

例えば、毎月の出費などを、ひと月ごとにまとめて計算していく場合、1月から徐々に合計は増えていきますね。

こういった形の計算方法や、導き出された合計は『累計』となります。

『総計』とは?

あれも、これも、それも、どれもひっくるめて全部まとめる『総計』。

英語で言うと『Total』ですね。

 

例えば、ある中学校を思い浮かべてみてください。

1学年は3クラスです。

ここで、

『本日の全校の出席人数を知りたい』

とします。

その場合、まず各クラスごとに出席者をまとめ、それを学年ごとにまとめます。

最終的に知りたいのは、9クラス分を合わせた、その日の全校の出席人数、総数です。

もちろん、これも『合計』と言っても、間違いではありません。

ですが、このように1つの合計と、もう一つ、またはそれ以上数の合計同士を足すことを『総計』と呼びます。

このほうが、状況をイメージしやすくなります。

ついでに、先ほどの『通算』も

冒頭のイチロー選手に、話を戻しましょう。

通算安打数の『通算』とは、もちろん安打数の合計のことです。

今シーズンのみの成績ではなく、今までのすべてのシーズンの本数を、積み重ね築き上げた記録のことを指しています。

言い換えれば

『これまでのシーズンも含め計算してみると』

ということとなり、累計に近いですが、『通算』という言葉が使われます。

 

例えば、あるプロ野球選手がいました。

彼は3月には5本、4月には10本ヒットを打ちました。

しかし、5月から7月までは鳴かず飛ばずで0本。

8月からまた盛り返し、10月までの3ヵ月では、20本ずつ打った、といった場合、現時点の75本は累計ではなく『通算』と言えます。

3月と4月、3月と4月と5月、のように月ごとに加えていった場合は累計です。

何月に何本打とうが関係なく、とにかく今までに打った数を表すのが『通算』となるのです。

スポンサーリンク

おわりに

いくつかのものを足す時に使われる『合計・累計・総計』の集計法には、特徴的な違いがあることがわかりましたね。

  • 2つ以上のものをまとめる『合計』
  • 順を追って足していく『累計』
  • 合計の合計ともいうべき、すべてをまとめた『総計』

3つの要点を覚えていれば、もう混乱することはありません。

『何かを足す』というのは、生活の中では、ごく当たり前にある、ありふれたことです。

 

なるほどね。

これで今週は『なるほど』って思うことが、累計4回もあったわ。

 

なんて考える人は多くはいないでしょうけど…。

今回解説しました、

『合計』『累計』『総計』

は、とても似ている言葉なので、混同して使っている人も多いものです。

この記事を読んで、「スッキリした!」 と思っていただければ幸いです。

これであなたも、微妙な言葉の意味を理解して使い分ける、言葉のプロの仲間入りです!

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.