違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

違い

サーキュレーターと扇風機の違いを解説!使い方や使い分け方を紹介!

投稿日:

うだるような暑さ、いよいよ夏も本番ですね!

そんな夏をどう乗り越えていきますか?

今回は、そんな夏に大活躍の"あのアイテムの違い"について解説していきます。

 

涼しげな風を送ってくれる『扇風機』。

最近は、『サーキュレーター』という、スタイリッシュな商品もよく見かけます。

では、自宅で使っているのは、どちらでしょう?

きっと扇風機を使っている人のほうが多いかもしれません。

 

では、この『サーキュレーター』は、『扇風機』と違いがあるのでしょうか?

「扇風機も良いけど、最近はサーキュレーターも流行ってるし…買い換えようかなあ。」

と考えている、そこのあなた!

まずは、『サーキュレーター』と『扇風機』の2つの違いを知ってから、買い替えましょう!

スポンサーリンク

サーキュレーターと扇風機の違い

簡単に結論を言ってしまえば、

扇風機は、『直接体に風を当てて』涼む。

サーキュレーターは、『温度のムラをなくし部屋全体を』涼しくする。

という違いがあります。

また、サーキュレーターは同じ原理で、冬の暖房の時にも使うことが可能なんです。

同じように見えて、実は全く用途に違いがあるんですよ。

扇風機とは?

『夏場には手放せない!』

きっと今使っているのが…そう扇風機です!

優しい風で、暑い中を癒してくれます。

 

最近では、振動、音ともに静かで、快眠もサポート!

体に直接、風で働きかけてくれるので、風を送れる方向は

  • 正面
  • 左右
  • 範囲の狭い上下

となります。

部屋の空気というよりも、

『人の体に直接風を当てて涼しんでください』

といったアイテムなので、冬場には押し入れに眠ることも、扇風機の宿命です。

サーキュレーターとは?

冷暖房効果を高めてくれるサーキュレーター。

それは、いわば空気の循環装置なのです。

サーキュレーターは、横方向に、風が逃げてしまわないように設計されています。

送られる風は、直接体に当てるには強めです。

 

体に直接風を当てて涼む扇風機とは違います。

サーキュレーターの最大の仕事は、

『空気を循環させてエアコンの効率を高める』

というところにあります。

『暖かい空気は上へ』『冷たい空気は下へ』

といった性質を利用しているんですね。

空気を循環させることで、部屋全体を涼しく(暖かく)しようと頑張ってくれます。

だから風は強く、遠くまでまっすぐに送られる必要があるわけです。

音の大きさや振動は少し大きめのものが多く、気になる人にとっては、安眠を妨げられてしまうかもしれません。

 

また、扇風機との違いとして『風を送れる角度』も挙げられます。

左右に動くのはもちろん、0度~90度に首が動きます。

つまり真正面から天井まで可動範囲があるわけですね。

その他、サーキュレーターが得意とすることは、

『上下の温度差を同じにしたり、部屋の隅々までエアコンの風を送ったりする』

ですね。

 

ほかにも、

部屋を換気したい時

⇒サーキュレーターで、窓や扉の外に向けて風を送ると、外の空気が一気に部屋に入り込み、素早い換気が可能です。

洗濯物をすばやく乾かす

⇒なかなか乾いてくれない部屋干しでも、洗濯物の下から一気に風を送ることによって、より早く乾かせることが可能となります。

サーキュレーターは扇風機と違い、

強風を活かした活用方法

があるのです。

 

サーキュレーターと扇風機の違い比較

直接体を涼ませてくれる『扇風機』。

部屋ごと涼しくしてくれる『サーキュレーター』。

この2つの大まかな違いがわかりましたね。

では次に、特徴などの比較をしつつ、どちらがより有効か見ていきましょう。

風量

サーキュレーター

強くまっすぐに風が進みます。

遠くまで届きます。

扇風機

優しくて柔らかい風です。

遠くまでは届きません。

背の高さ

サーキュレーター

背は低いです。

どっしりとした構えです。

扇風機

首の延長の幅は70~110㎝を超えるものまであります。

上向き角度

サーキュレーター

正面から真上まで動きます。

扇風機

上下には狭い範囲でしか動きません。

電気代

サーキュレーター・扇風機、どちらも消費電力は一般のもので30Wほど。

1日8時間を使ったとしても、約10円

で済みます。

どちらも省エネ商品なんですね!

メンテナンス

サーキュレーター

分解できないものが多いので、お掃除は少し面倒かもしれません。

扇風機

分解可能です!

サーキュレーターよりもお掃除は楽です。

進化する商品たち

サーキュレーター

課題になっているのはやはり静音性。

最近は静かさが売りになっているものも出てきています。

また、タイマーや首振り機能などのあるものも出ています。

扇風機

サーキュレーター機能が付属しているものがでています!

『日本の夏といえば扇風機!』

というイメージは、崩したくないんでしょうね。

部屋干しで服が乾かない問題

サーキュレーター

おすすめ!ぜひ活用しましょう!

下から風を送ることによって、かなり早く乾かすことができます。

扇風機

イマイチ。

あまりおすすめできません。

かなり時間に余裕があるのであれば使っても構わないでしょう。

気休め程度には早く乾きます。

足元だけ寒い問題

サーキュレーター

おすすめです!

暖房時にこそ、サーキュレーターの力が発揮される

といっても過言ではありません。

天井に向けて強い風を送ることにより、そこに溜まっている暖かい空気が循環されます。

顔が火照って、足元だけスース―するといった状況から抜け出せます。

扇風機

イマイチ。

空気の循環には適さないのでお勧めできません。

むしろ寒くなります。

そして、冬場に扇風機が動いている違和感が半端じゃありません。

暑くて寝付けない問題

サーキュレーター

イマイチ。

タイマー機能搭載で静音設定、首振り機能付き、そしてあまり神経質でない方なら眠れるかもしれません。

扇風機

おすすめ!

風が優しいので眠くなってきます。

寝すぎて寝坊しないように注意が必要になります。

スポンサーリンク

おわりに

毎年夏が来るたびに、暑さにうんざり…。

でも、その暑さをなんとかしようと、様々な商品が生まれていたわけですね!

扇風機とサーキュレーター。

どちらにもメリット、デメリットがあります。

メリットを知り、使い分けができるようになることで、より快適に過ごせるようになるのではないでしょうか。

でも、どちらを選ぶかは自分次第です。

ぜひ、この知識を活用してみてくださいね!

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.