違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

面接

その他の違い

『すいません』と『すみません』の違いを解説!正しい使い方や使い分け方を紹介

投稿日:

「ご迷惑をおかけしてすみませんでした」

「すみませんが鉛筆をとって下さい」

「すみません、書籍売り場は何階ですか」

「すみませんが道を教えていただけますか」

といったように、私たちは、さまざまな場面で『すみません』という言葉を使っています。

 

はなこ
そうそう、私も『すみません』ってよく言うわ!
わたしも、『すみません』って使っているわよ!
れいか
たろう
あれ? 僕は『すいません』って言うときもあるなあ
僕も『すいません』ってよく使うよ
ひろし

 

そうですね。

私たちは、ふだん何気なく

『すみません』

と言ったり

『すいません』

と言ったりしていますが、いったいどちらが正しいのでしょうか?

そこで今回は、

『すいません』と『すみません』の違いと、正しい使い方や使い分け方

について解説してしていきます。

スポンサーリンク

『すいません』と『すみません』との違い

はじめに、『すみません』と『すいません』の意味の違いを辞書で調べてみました。

『すいません』

『すみません』の転。

『すみません』

  • 相手に謝るとき
  • 礼を言うとき
  • 依頼をするとき

などに言う言葉。

『すまない』の丁寧な言い方。

くだけた言い方としては『すいません』となり、より丁寧には『あいすみません』ともなる。

はなこ
元々は、『すみません』だったんだね。
『すいません』も意味は同じなんだ。
たろう

 

『すみません』と『すいません』の語源

そこで、『すみません』と『すいません』の語源を調べてみました。

『すみません』の語源

『すみません』

を漢字で書くと

『済みません』

となります。

『済み』の元は『済む』という動詞です。

『済む』に、丁寧語の助動詞『ます』の未然形『ませ』と、打ち消しの助動詞『ぬ』の終止形がくっついて、

済み(動詞)+ ませ(助動詞) + ぬ(助動詞)

『済みませぬ』

『済みません』

『すみません』

になります。

『すいません』の語源

『すいません』という言葉は、話し言葉から生まれました。

『すみません』の『み』を少し省略して発音したのが『すいません』です。

『すみません』と意味は同じです。

しかし、『すいません』は、"少しなまっている"と言えます。

関西弁でなまれば、『すみません』は

『すんまへん』

『すんません』

などとなります。

 

『すみません』と『すいません』の使い方

それでは、『すみません』と『すいません』の使い方はどうでしょうか?

『すみません』の使い方

相手に謝るとき

すみません、今度から気を付けます」

礼を言うとき

すみません、この度はありがとうございました」

依頼をするとき

すみませんが鉛筆をとって下さい」

『すいません』の使い方

『すいません』が『すみません』と同じ意味だからといって、同じように使ってよいという訳ではありません。

『すいません』は、くだけた話し言葉なので、

文字で書くときは『すみません』にしましょう。

話し言葉として『すいません』を使うのはOKです。

メモ

『すみません』を使った方が相手に丁寧な印象をあたえます。

『すみません』と『すいません』の使い分け

次は『すみません』『すいません』の正しい使い方について見てみましょう。

話し言葉(会話)の場合

元々は、『すみません』『すいません』も、目上の人には使わない言葉でした。

しかし、時代の変化に応じて、言葉も変化していきます。

ですから、『すみません』と『すいません』のどちらも、会話するときに普通に使って問題ありません。

ただし、この言葉は、場面や状況によって使い分ける必要があります。

書き言葉(文字)の場合

文字にするときには注意が必要です。

『すいません』は話し言葉特有の使い方なので、

文字にするときは『すみません』が正しい使い方になります。

手紙などに『すいません』と書くと、少し俗っぽく軽い感じがします。

ビジネスメールで使う場合

ビジネスメールのやり取りでは、

『すみません』も『すいません』も使うのはNGです。

『すみません』は丁寧語にはなっていますが、謝罪する場合には、少し軽い印象があります。

メール文章の中で、感謝の気持ちを伝えたり謝りたいのであれば、状況により以下の言葉で使い分けましょう。

感謝の気持ちを伝えるとき

ありがとうございます

恐れいります

相手に謝るとき

申し訳ございません

大変失礼いたしました

『すいません』は、

「すいません、ちょっと通してください」

というように、話し言葉として使われてきたものです。

ビジネス上のやり取りでは、使わないのが普通でしょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『すいません』は『すみません』が変化した話し言葉です。

『すいません』を使うときは、場面や状況によって使い分ける必要があります。

『すみません』と『すいません』の正しい使い方・使い分け方

会話の場合

『すみません』も『すいません』も、どちらでもOKです。

文章の場合

『すみません』が正しく、『すいません』はNGです。

ビジネスの場合

『すみません』も『すいません』も、どちらもNGです。

普段から何気なく使っている言葉だけに、文書で謝罪したり、依頼したりするときは、特に注意したいですね。

ぜひ正しく使い分けてみてください。

正しい言葉を使うと、自分も相手も気持ちよいものですよ。

関連記事

-その他の違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.