違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

鴨川

違い

一級河川と二級河川の違いをわかりやすく解説!定義や意味をチェック

投稿日:

『一級河川○○○川』

『二級河川△△△川』

と書かれた看板の下で流れる川。

 

この『一級』『二級』の違いってなに?

川のレベルの違い?

 

川を見ただけでは、どの部分が『一級』なのか。

なぜ『二級』と呼ばれているのか。

さっぱりわかりませんよね。

 

そもそも、『一級河川』と『二級河川』の意味とは?

『二級河川』は、頑張ればいつか『一級河川』に進級することはできるのか?

 

この記事では、

『一級河川』と『二級河川』は、なにを基準に分けられているのか、定義などを含めて2つの違い

を解説していきます。

この違いを知ったら、近くを流れている川の看板に書かれた『級』を思わず確認したくなるかも……?

スポンサーリンク

『一級河川』『二級河川』の意味や定義の違い!

一級河川

一級河川

『一級河川』『二級河川』の違いは

『河川法』

という法律にあります。

河川に、法律が適用されているのです。

では、なぜ河川を法律で取り締まる必要があるのでしょうか?

 

それは、河川が想像以上に人々の生活に関わり、重要な役割を持っているからです。

例えば、台風や洪水、低気圧による海水面の異常な上昇、津波など、想定される災害が多くあります。

また、普段の生活に欠かせない『生活用水』や工業に使われる『用水』、田畑に水を引くための『灌漑(かんがい)用水』、発電でも水が使われています。

 

国土を安全に保つためにも、日本の経済にとっても、河川の存在は、とても大きいのです。

これらの役割を担っている河川の中でも、

『特に重要な河川を国が指定して、どのように守っていけばいいのか決めた法律』

が河川法というわけですね。

 

例えば

  • 台風による洪水や水面の上昇などの災害から国土の安全を保ち、開発する
  • 国民の生活に重要な、国が管理すべき河川を国土交通大臣が指定する
  • 河川の水害を防ぎ、利用しやすくするための整備や管理をする

などを、河川法で定めています。

『一級水系』『二級水系』とは?

まず、『一級河川』『二級河川』の違いの前に

『水系』

について知っておきましょう。

水系は、河川の単位のようなもの。

 

河川は源流となる上流部から下りながら、海に向かう間に、いくつかの川が集まり、徐々に大きな流れができます。

この、いくつもの小さな川の流れを『支川(しせん)』と呼び、支川が集まってできる大きな流れを『本川(ほんせん)』と呼びます。

河川は、

『支川が集まり本川になるもの』

を意味して、これらの成り立ち全体を水系と呼ぶのです。

 

その中でも、国が管理すべきものとして、国土の保全や国民経済上、重要とされ、政令により指定されたもの

『一級水系』

となります。

日本に、いくつもある水系のうち、

全国で109の水系が『一級水系』

に指定されているのです。

 

このうち、国が直接管理する、特に重要な一級水系

『一級河川』

となるのです。

一級河川に指定されている区間は、およそ14,000もあります。

また、国土交通大臣が直接管理する『大臣管理区間』とも呼びます。

 

次に『二級水系』についてです。

これは、一級水系と同じように、

公共の利害に重要な関係がある水系

が、二級水系と呼ばれます。

『二級河川』は、その中でも、

河川法により管理が必要とされ、区間を指定された河川

を指すのです。

国土交通大臣は、一級河川を直接管理していますが、二級河川は

都道府県知事に管理を委任

しています。

この区間を『指定区間』と呼びます。

 

ただ、二級河川だからといって、重要ではないわけではありません!

災害時の影響レベルは同じ

なのです。

その違いは、規模です。

一級河川より二級河川ほうが、若干規模が小さいのです。

なお、二級水系は全国に2,700以上、二級河川は7,000強あります。

両方を合わせると相当の数がありますね。

一級河川の定義

『河川法』第4条第1項では、

『国土保全上、または国民経済上、特に重要な水系で政令で指定したもの(一級水系)に係る河川で、国土交通省が指定したもの』

とあります。

  • 洪水などの災害が起こった場合、人命・財産への被害が大きくなると想定される河川である
  • その河川を利用することで得られる利益と、利用できなくなることによる損害が、ともに大きい河川である

一つの地方の経済に留まらないほどの規模が想定されます。

このことから、国単位で管理などを行う、一級水系として指定されます。

さらに一級水系に属す河川の中でも、特に重要な区間を一級河川に指定するのです。

その区間は、河川法による管理が必要です。

そのため、一級河川は、

複数の都府県にまたがる大きな規模の水系

となるのです。

二級河川の定義

河川法第5条第1項では

『前条第1項の政令で指定された水系(一級水系)以外の水系で、公共の利害に重要な関係があるもの(二級水系)に係る河川で都道府県知事が指定したもの』

とあります。

『一級水系以外の二級水系に属する河川のうち、都道府県知事が指定したもの』

です。

なぜ、都道府県知事による指定なのか。

災害に見舞われたとき、その河川を利用することで得られる利益や利用できなくなった場合の損害が、一級水系に比べて若干小さくなるからです。

これにより、

ひとつの都府県内で完結していること

がほとんどなのです。

ただし、先ほど紹介したように、災害時の危険度は一級河川と変わりません。

一級河川でも二級河川でもない河川は?

一級河川や二級河川には、河川法という法律が適用されてます。

これはあくまで

『河川法に基づき指定された部分のみ』

においてです。

 

では、上流域などの小さな河川は、どうなるのかというと…

『河川法の適用を受けない河川』

として扱われます。

これを『普通河川』と呼びます。

 

一級河川と二級河川の違いのまとめ

それでは改めて、一級河川と二級河川の違いをおさらいしましょう。

水系と河川

一級河川:一級水系(国土の保全や国民経済上、特に重要とされるもの)の中でも、特に重要な河川

二級河川:二級水系(公共の利害について重要な関係があるもの)の中でも、都道府県知事が指定した河川

水系と河川の数

一級水系:109

一級河川:14,000

二級水系:2,700

二級河川:7,000

河川の管轄

一級河川:国(国土交通大臣が指定する)

二級河川:都道府県(国土交通大臣から委託される)

河川の重要度

一級河川

  • その河川による水害はかなり深刻で、防止には国単位で力を入れるレベル
  • 上水道、工業用水、灌漑用水、水力発電などによる利益、または使えなくなった場合の経済的な損失が、河川の流れている地方だけではなく、国にとっても大きな損失となるレベル

二級河川

災害時など、一級河川と同じくらいの利害が想定されるレベル

(一級河川と比べると、やや小さい被害や利益を想定している。)

 

『二級河川』は『一級河川』に進級できるの?

二級河川も、一級河川になることはあり得ます。

 

河川法に基づいた判断により、一級河川に指定し直されることがあるのです。

また逆に、一級河川が二級河川になることもあり得ます。

 

河川法は、1965年に施行されました。

その後、河川法の改正が1997年にされています。

河川の環境を、これまで以上に整備し、安全に保っていくことが目的の『河川法』。

水(河川)の利用が増えたり、河川の開発などで環境の変化があり、保護意識の高まりとともに生まれた法改正です。

ただし、2008年に当時の国土交通大臣から

「複数の都府県にまたがっていない一級河川の管理は国ではなくその都府県で行う」

といった表明が出されています。

これには周囲の反対意見も多く、

実際にはまだ『予定』とされている段階

です。

今後は、もしかしたら『進級』する河川が出てくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

終わりに

洪水などの災害が発生したとき、よく

『川の様子を見に行った人が事故に遭う』

というニュースを聞きます。

紹介したように、国家や自治体レベルで守っていかなければならないほど『大切な川』でもあるのです。

『豊かな恵み』と、なにかあったときの『甚大な被害』が共存しているのが河川。

危険なときには絶対に近づかないよう、気をつけてください。

 

そして一級河川と二級河川の違いの謎は、多少なりとも解決できましたか?

河川を通りかかったら、この違いを思い出してみてくださいね。

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.