違いを解説君

あるゆる物事の"違い"をわかりやすく解説する情報マガジン

テニスラケットとボール

違い

ツイストサーブ/キックサーブ/スピンサーブの違いをわかりやすく解説

投稿日:

ツイストサーブ、キックサーブ、スピンサーブ…

これらが何のことかわかりますか?

スポーツ好きなら聞いたことがあるかもしれません。

 

すぐにわかったなら、相当テニスがお好きな人ですね!

そう。

この3つは、テニスのサーブのことです。

最近では、錦織圭選手や大坂なおみ選手の活躍で、テニスの試合を観る機会が増えましたよね。

 

今回、3つのサーブを紹介していきますが、これを知っていれば、今までよりもっと興味深くテニスを見ることができるはずです!

3つのサーブについて、どんな違いがあるのか、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ツイストサーブ/キックサーブ/スピンサーブの違い

ツイストサーブとキックサーブとスピンサーブの大きな違いは、

飛ぶ方向

着地後のボールの曲がり方

の2つとなります。

では、どんな違いがあるのかそれぞれを細かく見てみましょう。

ツイストサーブ

ツイストの意味は

ひねること』『ねじること

となります。

サーブを打つ時に、体をツイストする(ひねる、ねじる)形から、この名前がつけられました。

ツイストサーブは、サーバー(打った人)の

利き手とは逆の方向

に飛んで行き、縦にストンと落ちます。

ですが、着地したボールはサーバーの利き手側に曲がるのです。

 

一般的なサーブ(フラットサーブ)には、回転がありませんが、ツイストサーブには回転がつきます。

そして、ただ回転するだけでなく、そこにねじれの回転もプラスされるのです。

このボールは、相手のコートでバウンドした後、サーバーの利き手側に曲がるので、

相手にとっては予想外の方向

へ飛んでいくことになるのです。

相手にとって、打ち返しにくいサーブといえますね。

キックサーブ

キックの意味は、その名のとおり、

蹴る

です。

これは、着地したボールが弾む(キックする)様子から名前がつけられました。

『キックする』=『蹴ること』

を想像してしまいがちですが、どちらかというと

ジャンプする

というイメージになります。

 

キックサーブは、サーバー(打った人)の

利き手とは逆の方向

に飛んで行き、縦にストンと落ちます。

ですが、着地したボールはサーバーの利き手側に曲がるのです。

 

たろう
ん?これツイストサーブで読んだような…?

 

そうなんです!

このキックサーブ、実は

キックサーブ=ツイストサーブ

なんですよ!

 

ただ、全く同じではなく、体をひねって打つツイストサーブに比べ、キックサーブは道具や選手の技術向上から生まれた、

『ツイストサーブほど体をひねらずに打つサーブのこと』

なんです!

もっと簡単に言うなら

「テニス界の事情によりツイストサーブの打ち方が変化した」

というところですね。

ただ一部では、

ツイストサーブよりもキックサーブのほうが攻撃性が高いサーブ

としている雑誌などもあり、テニス界でも意見が分かれるところでもあります。

ひとまずは、キックサーブ=ツイストサーブと考えて間違いはありません。

スピンサーブ

スピンの意味は

回転する

となります。

そのままの意味で、ボールが回転することから、この『スピンサーブ』という名前となっています。

 

スピンサーブのみが、飛ぶ方向と着地後のボールの曲がり方が違います。

スピンサーブは、ボールはまっすぐ飛んで行き、縦にストンと落ちます。

そして、着地したボールの行方も、そのまままっすぐです。

普通のサーブと比べると、

着地したボールは大きく、高く弾むところ

が特徴といえます。

ツイストサーブやキックサーブのように、相手の意表をつくような動きはしません。

しかし、ボールの回転により、打ち返しにくいサーブであることには変わりはありません。

スポンサーリンク

おわりに

サーブと言っても、打ち方ひとつで

  • ボールの飛ぶ方向
  • 着地後のボールの曲がり方

が、いろいろ変わってきます。

見分けるのはもちろん、習得しコツをつかむことは、とても難しいでしょう。

でも、諦めずに練習するなら、必ず努力は報われるはずです!

どんなに上手なプロ選手でも最初はみんな初心者だったわけですから!

プロ選手の試合を見ることで、自分の気持ちを高めつつ、練習を重ねることによって、少しでも上達していきましょう。

関連記事

-違い

Copyright© 違いを解説君 , 2019 All Rights Reserved.